『横浜アンパンマンミュージアム攻略ガイド』~アクセス&駐車場編~

子供に絶大な人気を誇るアンパンマン。私を含め、日本中のお父さんお母さん方は『やなせたかし大先生』には足を向けてねられないですよね。毎日本当にお世話になっています

どんなに泣いていても、どんなに騒がしくてもアンパンマンを流せば直ぐに解決です。大人になってもアンパンマンは僕らのヒーローですね!(*´ω`)

そんなみんな大好きアンパンマンのミュージアム&モールが全国に5ヵ所『仙台』・『横浜』・『名古屋』・『神戸』・『福岡』にあります。

その中でも『横浜』のアンパンマンミュージアムについて

  1. 『アクセス&駐車場編』
  2. 『ミュージアム編』
  3. 『ショッピングエリア編』

の3編に分けてお伝えしていきたいと思います!

この記事は『アクセス&駐車場編』となります。

実際に行く前は子供向けのお出かけスポットだろ…なんて思ってましたが、全然そんなことはなく大人でも十分楽しめるスポットアンパンマンミュージアム。

その魅力について少しでも分かりやすくお伝えできるようにまとめましたので、最後まで読んで頂けると嬉しく思います(^_^;)

それではどうぞ。

アクセス情報

まず初めにアクセス情報です。アンパンマンミュージアムへは電車を利用することをオススメします。(理由は後述します)

スムーズなのは電車

一番近い最寄駅は『高島町駅』です。次点で『新高島駅』『みなとみらい駅』となりますが、小さいお子さん連れだと10分くらいはかかります。少しでも移動距離は少ない方が良いですよね。最寄り駅までの路線は下記になります。一番近い『高島町駅』へ行く場合は横浜駅からブルーラインに乗り換えてください。

無料シャトルバス

電車で横浜駅まで行けばそこからはバスを利用する方法もあります。乗車は無料なのでチョットだけ電車代を節約できます(^_^;)

停留所は中央改札を出て、横浜そごう方面です。東口派出所が目印です。

ただしこの無料シャトルバスですが、運行スケジュールが特殊です。主に3連休が対象となっているみたいなので利用する際は注意してください。

※アンパンマンミュージアム公式サイトより画像引用

小さいお子様連れの場合は車もあり

上記の通り、電車で来るのが一番スムーズなアクセス方法となります。しかし、小さいお子さんがいる場合は車を利用するのもありです。

そもそも小さい子供を連れて電車やバスに乗るのって大変ですよね。乗り換えひとつとってもエレベーターを待たないといけないですし、電車、バス内をベビーカーを持って乗るのも面倒です。

また、子供がグズって周りに迷惑をかけるのが一番心配なところです。なので、私はどこに行くのも車を利用する派です。この方が余計な気を使わなくて良いので(^_^;)

アンパンマンミュージアムの駐車場

アンパンマンミュージアムの駐車場は停められる車の台数がかなり少ないです。その数40台だけです(´゚д゚`)スクネー
※2017/9/18までは第二駐車場(100台)もありました。

なので朝かなり早く出ないとまぁ停められないでしょう。選ばれしモノのみが停められると言っても過言ではありません(`・ω・´)

なので、こちらの駐車場に停めるのは諦めて周辺の駐車場を利用しましょう。因みにアンパンマンミュージアムの駐車料金『最初の1時間520円・以降270円/30分』です。ゆっくり遊んで5時間停めたとしたら2,680円ですね。

近隣のオススメ駐車場

歩いて10分以内でアンパンマンミュージアムへ行ける距離で2ヶ所オススメの駐車場があります。

トラストパーク横浜ブルーアベニュー

個人的に一番オススメの駐車場が横浜ブルーアベニューの地下駐車場になります。

こんな感じのスペースが5ヵ所くらいあって、シャッターが開いてその中に車を入れます。その後車から降りて、シャッターの外にでるとシャッターが閉まり車がどこかに持ってかれます(笑)

詳しくはシャッターが閉まっていて分からなかったのですが、恐らく床が移動式の構造になっていたので駐車スペースに自動で持っていくのでしょう。持ってかれると言うと怪しい感じがしますが、全然そんな感じでないです。むしろ、豪華な感じがしてドキドキしました(^_^;)

料金は上記通りです。土日でもMAX2,000円なので割と安いです。セダンタイプのように背の低い車の場合は平日がかなりお得ですね

そしてアンパンマンミュージアムからのアクセスですが、

アンパンマンミュージアムを出て大通りの方へ向かって歩きます。

直ぐに交差点があるのでそこを左へ曲がります。するとすぐにビルが見えます。

交差点が青なら渡ってしまってもOKです。渡らなくてもビルの直前に横断歩道があるので最悪そこで渡れます。

入庫する際は車線に注意せてくださいね。アンパンマンミュージアム側から来ると中央分離帯があるのでNGです。

因みにこのビルですが、ビル内にローソンがあるので必要なモノはここで買っていけるのでとても便利です!

トラストパーク横浜ブルーアベニュー

三菱重工横浜ビル地下駐車場

こちらは三菱みなとみらい技術館も併設されている三菱重工横浜ビルの地下駐車場です。少し歩く距離が増えますがこちらもオススメです。

先ほどのトラストパークの場合は左でしたが、交差点を右に曲がって真直ぐに5,6分歩くとあります。距離的には倍くらいあるかんじです。

そして真直ぐ歩いていくと三菱重工横浜ビルが見えてきますが、駐車場入り口はこの裏通りになります。因みにビル内にはドトールがあるので、ドライブのお供にしても良いかもしれません(^^♪

駐車場入り口はみなとみらいICを出て直進します。

そして最初の交差点を左折しましょう。すると直ぐに入り口があるので通り過ぎないように注意してください。

駐車料金は250円/30分で、最大料金は平日1500円土日2000円となります。

30分毎の料金はこちらの方が安いですが、最大料金は同じです。利用時間に応じてトラストパークと検討すると良いでしょう。

三菱重工横浜ビル

まとめ

アンパンマンミュージアムへのオススメのアクセス方法としては電車が良いと思います。ただ、小さなお子様連れでの場合が多いと思います。

出来れば車で近くまで行けたらなぁなんて考えるパパママも少なくないでしょう。私も出来るなら車で行きたい派ですもん。

今回紹介したオススメ駐車場
  • トラストパーク横浜ブルーアベニュー
  • 三菱重工横浜ビル地下駐車場

平日ならトラストパークが若干安いのでオススメです。また、距離的にもこちらの方が近いです。更にローソンが併設しているのでジュースやお茶なんかを事前に買っていくのもGOODです!

もし満車で空きが無い様でしたら、三菱重工横浜ビルの方へ行ってみた方が良いですね(^^♪

以上、『アンパンマンミュージアム攻略ガイド~アクセス・駐車場編~』でした。

次はミュージアム編です。このまま続けてみていただけると嬉しいです!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です