子テーマは要らない!?初心者にはカスタムCSSで十分なのか?

前回の記事で子テーマを作ってみて思った事があります。私はタグの装飾はカスタムCSSに書き込んでいて、フォントの変更と大文字小文字の変更は親テーマに直接手を加えていました。

なぜ使い分けていたのかって?はい。それは、ただ単に分からなかっただけです(笑)

ド素人過ぎで「適当にここいじればいいんだろ?」的な感じでいじったら思い通りになったのでそうしてただけです(^_^;)

それで子テーマを作ったので変更はここにまとめるぞ!と意気込んで取りかかろうと思った矢先。

ん?これカスタムCSSと同じじゃね?となりました。

WordPress初心者注意!親テーマに直書きはダメ!!必ず子テーマを作りましょう。

子テーマの使い方

こちらが子テーマの『テーマの編集』画面です。

『@import url』で私の使っているテーマTortugaのスタイルシートを呼び出しています。

スタイルシートは後述した内容が優先される性質上、これより先に変更内容を書き込んでいけば変更が反映されていくといったイメージです。

もちろん親テーマの更新を行っても編集しているのは子テーマなので影響を受けません

カスタムCSSの使い方

次にカスタムCSSの編集画面です。私は『Simple Custom CSS』というプラグインを使っています。

『Simple Custom CSS』の導入方法はこちら

WordPressブログの見出しをデザインしよう。プラグインで簡単設定!

こちらも変更したい内容をただ単に打ち込んでいくだけになります。また、こちらもテーマの更新を行っても影響は受けません。

こんな感じです。

なので子テーマ使わなくてもいいじゃん!?ってなった訳です。

テーマとカスタムCSSの違い

それでは子テーマとカスタムCSSは何が違うのか?どう使い分ければいいのか?

調べてみると厳密にはこの2つは別物の様です。PHPやらCSSがどうのこうの関係してくる様でしたが、私には分かりませんでした(^_^;)

ただ、初心者が使う分にはカスタムCSSで十分問題なさそうです。ですが、一つだけ注意することはテーマ自体を変更するときです。

テーマは一度決めたらあんまり変更しない方が良いとされていますが、初めの内はやっぱりいろいろと試してみて一番しっくりきたものを選びたいですよね。

このときにカスタムCSSを使って変更していた内容は全てリセットされてしまう様です。

なのでテーマを変更される際はカスタムCSSのバックアップを取っておきましょう。

因みに、この件について下記のサイトにて詳しくまとめてあったので、ご参考までに紹介しておきます。

『テーマ固有のCSS』編集と『カスタムCSS』編集の違い(1)

『テーマ固有のCSS』編集と『カスタムCSS』編集の違い(2)

『魔獣帝国にようこそ』様より引用

まとめ

結局、子テーマを作ってみたもののカスタムCSSの方が手っ取り早く、変な間違いをしなくて済みそうなので、私はカスタムCSSで変更していくことにしました。

この先なにか不都合が出てきたらその時また記事で取り上げたいと思います。

また、この記事で「ここの考え方がおかしいよ!」ってな御指摘ありましたらコメントください(^_^;)

※2017/06/12追記
ブログの設定をいじっていく中で、AdSenseの広告の貼り付けや、SNSボタンの設置など複雑なカスタマイズには子テーマを使うことが必須だと気付かされました。

もちろん簡単なカスタマイズ程度ならカスタムCSSでさらっと記述してやった方がはやいです。

ブログを始めたばかりで右も左も分からない方は子テーマの設定だけはしておいて、なんとなくでいいので使い分けてみてください。

私の様にブログをカスタムしていく中で嫌でも使い方がわかってきますよ(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です