エポスカードに家族カードが登場!還元率もUPして最高の一枚に!!

どうも、エポスカードのヘビーユーザーであるshunPです。

前々から登場して欲しいと願っていたエポスの家族カードが遂に登場したみたいです!

家族カードを作ることが出来れば嫁さんが使う分の出費もカードでカバーできることになり、最大限にポイントを獲得できるようになりました!

と言うことで今回は新登場したエポスの家族カードについて紹介していきたいと思います。

そもそも家族カードって何?

ねぇねぇ家族カードっていったい何くま?作るメリットはあるくまか?

くまさん

shunP

お、くまさん。さっそく良い質問だね!んじゃまずは家族カードについて説明していくね。

家族カードは1枚のカードを複製するイメージ

家族カードとは簡単にイメージするなら1枚のカードを複製して家族間で使おう!って感じです。

例えば代表者(パパ)が持っているクレジットカードをママとお子さん用に1枚ずつ発行できたりするんです。

また、利用実績は合算して計算され引き落とし口座から引き落とされます。ポイントなんかも合算した金額で計算されるのでお得なんですよね。

注意
細かい仕様(合算やポイント付与の仕方)はクレジットカード会社によって異なります。
要するに代表者がカードを作れば、みんなで使えるって事くまね。

くまさん

家族カードのメリット

  • 利用実績がまとめられるので管理がしやすい
  • 年会費も家族カードなら無料な事が多い
  • 代表者と同様のサービスを受けられる
  • ポイントが合算して貯まる

この様に家族カードは作っておいて損する事はないサービスなんです。

エポスカードは厳密には家族カードではない

しかし!ここまで家族カードをオススメしていますが、実はエポスカードの家族カードは厳密にはちょっと違うんです。

ん?一体どういうことくま?

くまさん

エポスファミリーゴールドについて

エポスカードの家族カードの正式名称は『エポスファミリーゴールド』といいます。実はこれ厳密にいえば家族カードではないんです。

と言うのも代表者一人がカードを発行すればいいって言うのが家族カードの特徴ですが、エポスカードの場合はちょっと違います。

代表者だけでなく一人ひとりカードの発行が必要

エポスカードの『エポスファミリーゴールド』はプラチナ・ゴールド会員の代表者から紹介して貰えばゴールドカードを無料で発行できるよって言うサービスなんです。

なので、家族にプラチナ・ゴールドカードを持っている人がいないと家族カードとしては発行できないんです。

普通のエポスカードじゃ家族カードは作れないってことくまね。

くまさん

shunP

ゴールドカードは年会費5,000円かインビ(年会費無料)から発行できるよ。

引き落とし口座はまとめられる?

また、家族カードのメリットとして引き落とし口座をまとめて一つの口座に設定できることがありました。

主婦の方なんかだと自分の口座ではなく旦那さんの口座から引き落とし出来たらなぁなんて思っている方多いと思います。

しかし、エポスカードでは各々がカードを発行する事になるので口座も複数必要となります。

え~それじゃあ家族カードの意味がないくまねぇ。

くまさん

shunP

そう!そこなんだよね!でもくまさん、その点については安心して!

引き落とし口座の設定について聞いてきた!

この問題についてはshunPも困っていたので、マルイのエポスカードカスタマーセンターへ行って聞いてきました!

という訳で訪れたのは大宮のマルイです。

shunP

あの~ちょっといいですか?
はい!何かお困りですか?

マルイ姉

shunP

エポスファミリーゴールドカードについてなんですが、これって引き落とし口座を僕の口座にまとめることって出来るんですか?
引き落とし口座の設定については申し込み書類にご主人さまの口座を記入して貰えば大丈夫ですよ。(ニッコリ)

マルイ姉

shunP

あ、そうなんですね!カード名義人と銀行口座の名義人が一緒じゃないと駄目なのかと思ってまして(^^;
そんなことないですよ。名義人は違っても大丈夫なので。(ニッコリ)

マルイ姉

shunP

そうだったんですね~。ありがとうございました!

口座登録用紙はカード一緒に送付されてきます

とまぁこんな感じで無事に代表者の口座へまとめる事が出来ると言うことが分かって一安心したshunPでした。

そして、口座を登録する為の用紙ですがこれはカードを発行すると一緒に同封されてきます。

もちろんカスタマーセンターでも用紙を貰う事はできますよ。

ネットからの申し込みでは名義人が同一でないと不可!

ちなみにshunPが家族カードとして口座をまとめられない!?と疑問に思ったのはネットから口座を登録しようとした為です。

どうやらネットからではカードの名義人と口座の名義人が同一でないと登録出来ないみたいです。

これについては口座設定用紙の裏面にしっかりと注意書きされていました。

ファミリーボーナスポイントで還元率がUP

さて、エポスカードでは年間の利用額に応じてボーナスポイントが貰えるのは皆さんご存知だと思います。

ゴールドカードの場合のボーナスポイント

エポスカード公式サイトより引用

プラチナカードの場合のボーナスポイント

エポスカード公式サイトより引用

そして、ここからが今回の一番の目玉の特典なのですが…

家族カードの登録を行えば、年間ボーナスに加えてファミリーボーナスポイントが追加で貰えるんです!

家族みんながゴールドカードの場合

エポスカード公式サイトより引用

家族にプラチナユーザーがいる場合

エポスカード公式サイトより引用

プラチナカードの方が貰えるポイントが倍になってるくまね。

くまさん

代表者(パパ)100万円、紹介者(ママ)50万円利用の場合

ボーナスポイントをイメージしやすいように仮に年間150万円利用した場合を考えてみましょう!

例えばパパとママでファミリー登録した場合、年間利用額のボーナスポイントに加えてファミリーボーナスが1,000P貰えます。

ファミリー登録をすれば
パパ(100万)10,000P
ママ(50万)2,500P
通常ポイント(0.5%)7,500P
ファミリーボーナス1,000P
合計21,000P

shunP

これは代表者(パパ)がゴールドカードだった場合です。

最高還元率は300万円/年の利用したとき

ちなみにですが、ファミリーボーナスポイントが新設された事によって、エポスカードで最高還元率を出すには年300万円の利用した時が一番ベストと言う事になりました。

また、最高還元率を出すにはプラチナカードを利用する必要があり還元率は2%ちょいまで上がります。

プラチナで年300万利用した場合
プラチナ(200万)30,000P
ゴールド(100万)10,00P
通常ポイント(0.5%)15,000P
ファミリーボーナス6,000P
合計61,000P
注意
エポスカードのプラチナは年会費が2万円となります。なので、これを考慮すれば1.5%程になってしまいますね。

選べるポイントアップショップで更に高還元率に!

選べるポイントアップショップって何くまぁ?

くまさん

shunP

選べるポイントアップショップは自分がよく行くお店を3店舗選べてその店舗のポイントが3倍になる特典だよ。
例えばこんなお店で
  • 西友イオンなどのスーパー
  • 東京電力東京ガスなどの公共料金
  • JRドラッグストア等々

かなり沢山のお店が登録されているのでザクザクポイントが貯まります。

たまるマーケットも利用すれば鬼に金棒!

さらに、たまるマーケットを利用すればAmazonや楽天市場での利用ポイントが2倍となり、より高還元率を目指せます。

shunP

これらのサービスを利用すれば還元率2%越えは難しい話じゃないですよ!

貯めたポイントは家族間でシェアできる!

エポスカード公式サイトより引用

そして最後になりますが、ファミリー登録をすれば家族間でポイントをシェアする事ができるんです。

  • ママが貯めたポイントをパパ(代表者)のポイントに合算する
  • 娘におこずかいとしてポイントをあげる

こう言ったようにポイントを自由に移動させることが出来るのも家族カードの良い所ですよね。

まとめ

エポスカードに家族カードが登場したのは本当に驚きましたね。

これで本当に隙のないカードに仕上がったと言っても過言ではありませんよ!

家族カードがないからとエポスカードを諦めていた人もこれを機会に是非検討してみてはいかがでしょうか?

また、既にエポスカードユーザーの方でも家族に紹介すれば還元率もUP出来ますし作って損のないと思います。

今ならご家族が新規発行された場合でも8,000Pも貰えます。それでお買い物するだけでも結構お得ですよ!

shunP

shunPもさっそく申し込んでみたので、申し込み方法についてはそちらをチェックしてみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です