インビが不要に!?エポスプラチナホルダーがお得な特典を詳しく解説!

私のメインカードでもあるエポスプラチナカード

このカードは他社のプラチナカードが高額な年会費を払って受ける優待を実質タダで受けることができるコスパが段違いのカードです。

今回はそんなコスパ最強のエポスプラチナカードのインビテーションが送られてくるまでの経緯、年会費をタダにできる仕組み、優待特典なんかを詳しく紹介したいと思います。

shunP

グルメクーポンの対象レストランも掲載しているので気になる方はチェックしてみて下さい。

プラチナになる為には

エポスのプラチナ会員になるにはズバリゴールドで年間100万円以上利用すればインビテーションが送られてきます。

実際に私もそうでしたし、ネットで他の方の情報を見ていても大体100万以上の利用でインビテーションが来たって意見ばかりでした。

なので恐らく年100万の利用が一つの評価ポイントとなっていることは間違いないでしょう。

また、利用年月については特に明確な決まりはなさそうです。

こちらは実際に送られてきたインビテーションです。

インビテーションが来た経緯

私の場合の経緯をざっと紹介しましょう。大学生の時にOIOI(マルイ)で買い物をしていた際に、カード勧誘を受けて入会したのが始まりです。

プラチナカードになるまでの経緯
2011年エポスカード入会。学生だったのでそんなに使わず年10万程度利用。
2012年前年と変わらず年10万程度利用。
~社会人になる~
2013年ゴールドを意識して使いだす。年50万ほど使用。
2014年10月にゴールドのインビテーションが来る。即ゴールドへ。
2015年プラチナを意識して年100万以上利用。
2016年1月にプラチナのインビテーションが来る。プラチナホルダーへ。

とまぁこんな感じです。

ゴールドカードになってからプラチナまでは1年3ヶ月でインビテーションが来ました。ノーマル期間は3年あるのでエポスカードを持ってからだと4年となります。

ですが、たぶんノーマルの期間はそんなに関係ないと思ってます。

実際ノーマルの時はほとんど使ってなかったですし。やはりゴールドでの年間利用額が評価ポイントと私は思います。

まずはエポスゴールドから

エポスゴールドになるには私のように年50万程度使ってインビテーションを貰う他に、年会費5000円を払うことでもエポスゴールドになれます。

因みにノーマルで100万利用するつもりがあるなら、年会費を払ってゴールドにした方がお得です。

shunP

その理由は後ほど説明しますね。

2017年9月~申し込みも可能に!

2017年9月からインビテーションを受けなくてもエポスプラチナカードを申し込みが可能となりました!

shunP

ただ、インビテーションを受け取ってからの申し込みとは年会費が違うみたい。

と言うのもインビテーションを受けてからエポスプラチナカードとなった場合は年会費が2万円です。

これに対して、申し込みでエポスプラチナカードへ入会した場合は年会費が3万円となるのです。

インビテーションよりも1万円高くなるくまねぇ。

くまさん

shunP

そうみたいだね。でも1度でも年間100万円を利用すれば翌年度以降は年会費が2万円になるみたいだよ!

つまり、一刻も早くプラチナカードをGETしてプライオリティパスグルメクーポンを利用したい!って場合は申し込みでプラチナカードなれる様になったって事ですね。

そんなに急いでプラチナカードにしなくてもいいやって方はゴールドで100万円利用してその後インビテーションを貰って入会すると良いでしょう!

ボーナスポイントが凄い

shunP

そして先ほど年間100万円利用するならゴールドにした方がお得と言った訳を説明します。
なんで100万利用するならノーマルよりゴールドにした方がお得くまかぁ?

くまさん

shunP

それはエポスゴールドには年間利用額によってボーナスポイントがもらえるからだよ。


エポス公式サイトより引用

年間50万の利用では2.500ポイントなので年会費の半分にしかならないですが、年間100万利用すると10,000ポイントも貰えます。
※1P=1円としてショッピングなどで利用可能

なので年間100万利用するつもりなら年会費を払ってでもゴールドになった方が5000円お得になります。

shunP

因みにゴールドは100万以上使ってもボーナスポイントは10,000Pで打ち止めですが、プラチナは違います。


エポス公式サイトより引用

最大100,000Pって凄いくまねぇ!
でも僕みたいなくまには1,000万円の利用はちょっと無理くまぁ…。

くまさん

shunP

まぁ現実的には2~300万以上ってところでしょうかね~。
因みに、エポスポイントはゴールド・プラチナ会員は永久不滅となるのでガッツリ貯めてガッツリ使うって事もできますよ。

プラチナの優待特典

プライオリティパスVISAプラチナコンシェルジュ有名レストランのグルメクーポン(2名利用で1名無料となる)等、他のプラチナカードと同等の優待特典となっております。

また、エポスプラチナカードの凄い所は、先ほど説明したボーナスポイントを考慮すると年会費が実質無料となるところです。

エポスプラチナカードの年会費は2万円なのですが、年間100万円利用する事でボーナスポイントが2万円分付与されるからです。

更には200万円利用すれば3万円分のポイントが付与されるので無料どころか1万円分ポイントが浮くことになります。

shunP

はっきり言って、こんなお得なクレジットカードは他にはありませんよ!

エポスゴールドも十分お得なカードですが、年200万以上の利用なら断然プラチナになっておいた方がお得です。

ゴールドと同等のポイントが貰えて更プラチナの優待が受けられるのですから。

それではプラチナの優待特典について詳しく説明していきます。

プライオリティパス

プライオリティパスとは世界の400以上の都市で、900以上の空港ラウンジを利用できるようになるカードのことです。

入会及び年会費は通常399USドル(日本円で約44000円)となっております。

そしてこの年会費が、エポスプラチナカード会員ならプライオリティパスに無料で登録できるのです。

海外旅行が趣味の方や海外出張が多い方には超うれしい特典ですね。私自身も海外出張が多いのでよく利用してます。

空港ラウンジではビールやワインなどのアルコールやジュース、コーヒーはもちろんの事、サンドイッチやフライドポテト、サラダなどの軽食も用意されていいます。

shunP

フライト前にちょっと何か食べたいな…っていうのにも最適ですよ。

と言うよりビール飲んでおつまみつまんで、最後にサンドイッチ食べるともうお腹いっぱいです(笑)

また、無料で使えるWi-Fiも設置されているので出発前のメールチェックや暇つぶしには持って来いです。

さらに、国内の主要空港と仁川、ホノルル空港ではプラチナカードの提示で同伴者も1名まで無料で利用可能となります。


エポス公式サイトより引用

こちらが実際のプライオリティパスです。

海外での補償

ゴールドカードでも海外旅行傷害保険が自動付帯されますが、プラチナカードになるともっと手厚い補償にグレードアップします。

ゴールドとプラチナの補償内容比較
保険金の種類ゴールドプラチナ
本人本人ご家族
傷害死亡・後遺傷害最高500万円最高1億円最高2,000万円
傷害治療費用200万円300万円200万円
疾病治療費用270万円300万円200万円
賠償責任(免責なし)2,000万円1億円1億円
携行品損害20万円100万円100万円
救援者費用100万円200万円200万円
航空機遅延費用等なし2万円2万円
航空機寄託手荷物遅延等費用なし10万円10万円

プラチナカードだと金額が増えるだけでなく、家族までも補償対象になります。

また、航空機遅延や手荷物遅延などのトラブルに対しても補償金が貰えるようになります。

海外でのトラブルは起こらないのが何よりも一番ですが、万が一がありますからね。

shunP

『備えあれば憂いなし』とは正にこの事ですね。

なのでエポスプラチナカードなら安心して海外旅行できますね。また、海外のサポートデスクも利用できるので、なにかトラブルが起きた際の手助けにもなります。


エポス公式サイトより引用

因みに、国内旅行に対してもプラチナカード限定の補償が用意されてます。


エポス公式サイトより引用

Visaプラチナコンシェルジュ

こちらはエポスカードのカードデスクとは別にVisaプラチナカードを持つ人のみが利用できるVisaプラチナコンシェルジュを利用できるようになる特典です。

コンシェルジュのサービスは旅行の計画からホテルの予約、フライト予約、レンタカー予約、イベント・チケットの予約など様々なリクエストに応えてくれます。

通話料はもちろん無料で24時間365日の対応もうれしいポイントです。

旅行に行きたいけど忙しいし、予約とかするのはめんどくさいな…って方は電話1本で全て解決できるので、めんどくさがりな人には持って来いのサービスですね。

グルメクーポン

全国約100店舗のハイクラスのレストランが2名以上のご利用で1名分が無料になるグルメクーポンが貰えます。

こちらが実際のグルメクーポンです。かなり分厚いです。

代表的なレストラン


エポス公式サイトより引用

「恵比須 京しずく」だとこのクーポン使うだけで年会費分以上の元がとれますね。記念日やデートには持って来いの特典です。

こんなオシャレなレストランで食事が出来たら彼女や奥様は大満足間違いなしですよ!(^^)!

でも独身で彼女もいない僕みたいなくまには使い道がないくまぁ。

くまさん

shunP

う~ん。くまさんみたいな方だと、日頃の感謝の気持ちを込めてご両親を招待するってのも良いかも!
なるほどくまぁ。でも高級レストランの予約とか用実の服装とか色々と心配くまぁ。

くまさん

shunP

そんな時は先ほどのコンシェルジュサービスを利用してみるのも良いですね。

因みに、2017年9月末までのグルメクーポンが利用できるレストランはこちらです。

※2017/10/06追記

2017年10月~2018年3月末までのグルメクーポンが利用できるレストランはこちらです。






その他の優待特典

この他にもVisaプラチナトラベルやVisaプラチナゴルフ(日本/海外)、Visaプラチナ空港手配といったVisaプラチナカード会員の優待も勿論受けることができます。

エポス公式サイトより引用

まとめ

エポスカードはゴールドでも十分魅力的なカードでありますが、プラチナカードは利用額にもよりますが、かなりのコストパフォーマンスだと思います。

shunP

年会費無料で持てるプラチナカードはエポスカードの他にはありませんよ

しかも、無料だからしょぼいサービスという訳ではなく他社のプラチナとほぼ同様の内容なのですから。

個人的にはプライオリティパスが付いてくるのが一番良いですね。普通に申し込むと年会費5万円くらいしますから。

海外旅行や海外出張が多い方には是非ともおススメしたいカードです。

また、グルメクーポンも1回利用するだけでも年会費の半分もしくは全額分以上をペイ出来てしまいます。

近くに住んでいる方や、観光などで訪れた際は是非とも利用したいですね!(^^)!

以上、エポスプラチナカードになるまでの経緯と特典についてでした。

入会特典など最新情報はこちらのボタンからチェックできます。

発行&年会費は無料だから8,000Pだけ貰うってのでも全然ありくまね!
僕も早速ネットで申し込むくまぁ!

くまさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です