【知育】iPadで簡単に迷路遊びをする方法。何度でもやり直しOK!

最近うちの3才の子供がハマっているのが迷路です。本屋さんにいっては絵本なんかより迷路の本をよく買わされます。

この迷路の本なんですが4~600円くらいするんですよね。

うちの子の場合は30分くらいで終わらせてしまうのですが、クレヨンで書くもんだから1回きりで終わってしまいます。

う~ん…なんか割に合わないなぁなんて思ってました(笑)

そこで今回はiPadを使って迷路をする方法を考えてみました。

勿論何回でもやり直せるのでiPadをお持ちの方は是非試してみてくださいね。

用意するもの

まず用意するものですが、ios11のiPadならminiでもproでもなんでもOKです。画面は大きい方が良いですがminiでも大丈夫です。

迷路の本はあっても無くてもOKです。それと、タッチペンがあると線が引きやすいですね。なくても指で出来ます。

迷路の本がある場合

迷路の本がある場合はシンプルです。iPadで迷路の本を1ページずつ写真を撮るだけになります。

例えばこのページの写真を撮ります。

するとこんな感じでカメラロールに保存されますよね。

そして、画面右上の編集をタップします。

すると右サイドにメニューバーが表示されるので一番下のマークをタップします。

すると鉛筆マークの『マークアップ』なるモノが表示されるのでタップします。

ここまで来たらもうお分かりですね。メニューからマーカーと色を選びましょう。

一番左のマーカーと赤で書いた場合はこんな感じになります。書き終わったら、『元に戻す』をタップすれば線を消すことができます。

これで何度でも迷路を楽しむ事が出来ますね(^ω^)

迷路の本が無い場合

次に迷路の本が無い場合です。この場合はネットから迷路をDLします。DLといっても無料サイトなので個人で楽しむ場合には問題ないですよ。

今回お世話になるのはこちらのサイトです。

『ちびむすドリル:http://happylilac.net/meiro-h.html』

こちらから色々な迷路をDLできます(^^♪

サイトへアクセスすると難易度別に迷路が分類されています。

今回はこちらの迷路で説明しますね。

上記のメニューをタップすると一括DLが下の方にあります。

取り敢えずこちらをタップします。

するとこんな画面になるので右上の『共有マーク』をタップします。

そしてメニューの中にある『iBooksにコピー』をタップします。
もしiBooks(無料)をお持ちでない場合はAppストアからDLしてください。

コピーが完了するとこんな感じに表示されます。タップしましょう。

後は先ほど説明した場合と同じです。『鉛筆マーク』をタップしていけば線を引けるって感じです。

マーカーと色を選択します。

線を引き終わったら『元に戻す』をタップしておきましょう。そのまま保存されてしまうとめんどうなので(^-^;

はい。これで何度でも遊ぶ事が出来ますね!

まとめ

以上がiPadで迷路遊びを何回でも楽しむ方法です。

これはios11になった事でiPadの標準機能だけで行う事が出来ます。

うちの場合はiPadminiなのですが、ちょっと画面が小さくて指ではやりにくそうでしたが…(^▽^;)

アップルペンシルがあればめちゃくちゃ遊びやすいと思うのですが、それを買うなら本が何冊買えることやら…って感じですよね(苦笑)

既にiPadProをお持ちでアップルペンシルも持っている!って方は是非とも試してみて下さいね!(^^)!

それでは今回はこのへんで。ではまた(`・ω・´)ゞビシッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です