【パチンコ必勝法】パチンコで勝つ為に意識するたった1つの事。

皆さんはパチンコ屋にどの様なイメージを持っているでしょうか?

柄の悪いお兄さんがいてなんだか怖いとかたばこのにおいで臭そうだったり、悪い印象がやっぱり先行してしまう感じでしょうか。

shunP

shunPもパチンコへ行く前はそんなイメージを持ってました。

でも成人してから実際に行ってみるとちょっと大人なゲームセンターって感じでそんなに怖いって感じることはなかったです。

ただ、行った事がある人には分かると思うんですけどパチンコ屋ってかなりの爆音でうるさいんですよ。

こればっかりはどうも耐えられず行くときは毎回カナル型のイヤホン(耳栓みたいなやつ)を付けていってます。これがないと耳が大変なことになります。

たまに忘れた時はしょうがなく打つんですけど、帰る際にお店をでたらキーンって耳鳴りがとまらなくなるくらいやばいです。

御託はこのくらいにしておきましょう

この記事をみて頂いてるってことはやっぱりパチンコで負けが続いていたりもしくは負けを一発で取り戻したい!って方なんではないでしょうか?

やっぱりパチンコするからには絶対に勝ちたい!って思いますよね。

そこで、今回はパチンコの必勝法について分かりやすく解説していきたいと思います。

パチンコの仕組み。ちゃんと理解してる?

shunP

では、まず敵に勝つには敵を知る必要があります。パチンコの仕組みを超簡単に説明しますね。
パチンコ台の仕組み
  1. ハンドルをひねって玉を打ち出す
  2. 玉がへそに入る
  3. その台の大当たり確立にそって抽選する
  4. はずれの場合は①へ
パチンコって演出がごちゃごちゃしてますが結局この流れをただ単にずっと繰り返しているだけです。

液晶の演出もボタンプッシュも役物も一切大当たりには関係ありません

パチンコ台はただ確率通り忠実に抽選している機械

甘デジだと1/99。ライトミドルだと1/199。ミドルだと1/319。

パチンコ台とはこの確率通りに大当たりの抽選を行っている機械です。

信頼度80%の演出ではずれてくやしい!だとか、赤保留、金保留ではずれたありえない!なんて話をよく聞きますがただ単にはずれの演出としてそれが選ばれただけです。

shunP

冷静になれば誰でも分かるはずです。

ハマり台が出る?そんなオカルトを信じてないよね?

それと、はまっている台があるともうすぐ当たるんじゃないかな…と思いがちですが全く関係ありません

パチンコ台はどれだけはまっていようがずっと同じ確率で抽選しています。

台の波を読むだとかはまり台を狙うなんてオカルトを信じているようでは絶対に勝てません。

shunP

オカルトを信じているようじゃパチ屋の養分ですよ。

パチンコボーダー理論で勝利を掴め!

それではパチンコはいったい何を意識して打てばいいのでしょうか?

その答えは1000円(4パチで250玉)何回転するか(へそに玉が入るか)です。

あなたは次の2つの台があったとしたら、どちらの台を打ちますか?
  1. 1000円で1回転の台
  2. 1000円で30回転の台

どちらも大当たり確率が同じ台だとするともちろん②ですよね。

shunP

これは極端な例え話ですが、実際にはこんな感じになります。
  • A店では北斗無双が1000円で15回転する
  • B点では北斗無双が1000円で16回転する

ここでA店が自宅から近いからとA店へ足を運んでいるようではこれまたパチ屋の養分です。

でも実はこの場合どちらに行ってもパチ屋の養分なんです!

ボーダーの計算方法を簡単に解説

北斗無双の場合は1/319.7で大当たりを抽選しています。そして1回の大当たりで得られる出玉の平均が4824玉です。※理論値ではなく実践値です。

319.7回転で4824玉貰えるという事は1回転あたり15玉貰えることと同じです。言い換えれば1回転するのに15玉使ってもOK(±0)だよってことになります。

計算式
4824(玉)÷319.7(回転)=15.08(玉/回転)

shunP

でもいちいち数えながら打つのは無理ですよね。

そこで、分かりやすいように1000円区切りで計算しましょう。

4円パチンコで等価の場合は1000円での貸玉は250玉です。ここから1回転毎に15玉ずつ使っていくと16.66回転で持ち球が無くなります。

計算式
250(玉)÷15(玉/回転)=16.66(玉/回転)

つまりこの16.66回転が北斗無双でのボーダーという事になるのです。

こういった様に1000円で何回転すれば±0になるのかを考えて打つことをボーダー理論といいます。

注意
この16.6回転というのは投資額と回収額の差が±0になる為の回転数です。なのでこれよりも多く回らないと勝ち切る事は出来ません。

ボーダーはネットで調べればすぐ分かる

ボーダーは平均出玉や確率によって変わるので打ちたい台のボーダーをいちいち計算する必要があります。が、そんな面倒な計算はしなくてもOKです。

スマホで『(打ちたい機種) ボーダー』と検索すれば親切丁寧にボーダーを計算したサイトがいっぱい出てきます。

shunP

便利な世の中になりましたね。

ボーダーと交換率の関係

そして先ほどの計算では等価(250玉)でボーダーを計算していましたよね。

昔は等価のお店も多かったですが昨今では規制の影響により等価交換のお店は少ないと思います。

一般的な交換率は3.5円/玉が主流なのではないでしょうか。そしてこの交換率によってもボーダーは変わるのです。

北斗無双の交換率によるボーダー
交換率ボーダー
2.5円21回転
3.03円19回転
3.3円18回転
3.5円18回転
4.0円16.6回転

shunP

4.0円(等価交換)と2.5円では4回転近くの差が生まれます。

北斗無双のボーダーはかなり甘い?!

ちなみに北斗無双ですがボーダーが甘いと言われています。これって本当なのでしょうか?

同様のミドルスペックである『慶次~雲のかなたに~』のボーダーと他の機種と比べてみましょう!

慶次の交換率によるボーダー
交換率ボーダー
2.5円24回転
3.03円22回転
3.3円21回転
3.5円21回転
4.0円19.2回転

北斗無双だと20回/kくらい回ればいいかなって感じでしたが慶次で20回/kだとお話にならないレベルになります。

これがパチンコで勝てるか勝てないかの決定的な違いになりますね。

こんなことしてませんよね?

交換率3.5円/玉のお店で北斗無双を打っていて。

この台ぜんぜん回らないくまぁ

くまさん

回転数を数えてみると1000円で18回転でした。

あっ!隣の新台の慶次が空いたくま!あっちの方が新台だし回るかもくまぁ!

くまさん

打ってみると1000円で20回転でした。

やっぱりこっちの方がよく回ったくまぁ!これは快適くまぁ!

くまさん

ボーダーを知っていれば…
この場合ボーダー理論を知っていたら直ぐに北斗無双に戻ることができたのに(戻ってもボーダーギリギリですが)くまさんはマイナスボーダーの台をよく回ると喜んで打ってしまっています。これではやっぱりパチ屋の養分ですね。

ボーダーより回ったのに負けた!嘘つくな!

よくパチンコのボーダー理論を勘違いしている方がいますがプラスボーダーの台を打ってても大はまりして負けてしまうことはあります。逆にマイナスボーダーの台を打って勝つこともあります。

パチンコボーダー理論というのは何回も何回も試行回数を重ねて勝ちへと収束させていく理論打法です。一時的には負けてしまうかもしれませんが、長い目で見ると必ず勝てるのがボーダー理論なのです。

これから先ずっとパチンコを打ち続けていくのならマイナスボーダーの台を打ち続けていては必ず負けへと収束していきます

楽しくパチンコを打っていきたいのなら必ずプラスボーダーの台を打ちましょうね

shunP

最悪±0ボーダーなら負けはしませんよ。

パチンコのボーダーと期待値のお話

もうお分かりかと思いますが、パチンコで勝つための方法はひたすらボーダーよりプラスの台を打つたったのこれだけです。

パチンコの期待値ってなに?

先ほどの説明したボーダーですが1回転あたりにどれぐらいの価値があるのかを表すのに期待値という言葉を使います。ちなみに北斗無双の場合はこんな感じになります。

北斗無双の1回転あたりの期待値
回転率等価交換3.57円交換
16回-2.25円-4.69円
17回1.42円-1.41円
18回4.69円1.50円
18.5回6.19円2.84円
19回7.62円4.11円
19.5回8.97円5.32円
20回10.24円6.46円
21回12.63円8.59円

回せば回すほどお金になる?!

例えば交換率3.57円のお店で16回転/kの台を1000回転するとします。

この場合
1回転あたり-4.69円失うので1000回転×-4.69円=4,690円負けるということです。

そしてこの台を毎日毎日、一生懸命回していると1ヶ月(30日)で…

4,690円×30日=140,700円負けることになります。

shunP

マイナスの期待値を稼いでいると永遠と負け続けます。
パチ屋が儲かる仕組み
パチンコ屋は台の期待値をマイナスに設定しておくことで利益を出し続ける事ができるのです。

サラリーマンでもパチンコ副業は出来る!?

パチンコを副業とするなら
  • 仕事終わりに週2回(1回2時間程度)
  • 土日どちらか1回(6時間くらい)
サラリーマンでもこんな感じでプラスボーダーの台だけを稼働すると収支はどうなる?のでしょうか。

この場合1ヶ月に約1万回転くらい回している計算になります。もし仮に等価の北斗無双で18回/kの台を打っていたら5万円弱のおこづかいを稼げる計算になりますね。

計算式
320(回/時)×8(時)×4(週)=10,240(回)
10,240(回)×4.69(円/回)=48,025.6(円)

shunP

ざっくり考えるなら、表の金額を単純に×1万すればおこづかい額が計算できます。
注意
1ヶ月程度ではこんなうまい具合に期待値は収束しません。1年くらいのトータルでみると1ヶ月当り2,3万円勝っているなっていうイメージになります。

期待値は必ず収束します!

1ヶ月間に10万負ける時もありますが、その分どこかで20万勝つ月が出てくるはずです。

なので一回の大負けでもクヨクヨする必要は全くないです。もちろんプラスボーダーを打っているのであればですがね。

まとめ

パチンコで勝てる方法をボーダー理論と期待値を使って簡単に説明してきましたが、そもそも今のパチンコ屋にそうそうプラスボーダーの台って落ちてないんですよ。

なので旧イベント日だったり、新装開店を狙ったりしないと絶対に見つけることはできません

パチンコで勝つためにはお店の特徴を掴むことの方が重要だったりもする訳です。

shunP

一見単純そうに見えますが、そう簡単に稼ぐことはできませんよ。

ただ、娯楽としてパチンコを楽しむのであれば±0程度のボーダーであればOKです。自分のお財布と相談して適度に遊戯してくださいね。

それでは今回はこの辺で。次回は『スロットの必勝法』をご紹介します。

あわせて読みたい

【スロット必勝法】仕事帰りのスロットで月6万円稼げる方法教えます。

おまけ

今回も最後まで読んでくれた『パチンコ&パチスロ』ファンの方大変ありがとうございました^^;

おまけにshunPも愛用しているオススメサービスのご紹介です。

打ちに行きたいけどなかなか時間を作れないサラリーマンにこそオススメしたいサービスその名も…

『777タウン.net』(通称サミタ)です!

shunP

サミタならホールに行かなくてもオンラインでパチンコ・パチスロが楽しめちゃいます。

777タウン.netでパチンコ・スロット遊び放題♪

月額料金(税抜き)
パチンコのみ¥1,000
パチスロのみ¥1,000
どちらも楽しむ¥1,800

月額料金は上記の通り。パチンコ・パチスロどちらも遊び放題となると¥2,000弱と少々高額な気もします。

ですが、1回パチ屋に行って使う金額は…と考えると安くも感じます(^_^;)

でもやっぱり月額料金払うのはちょっと…と思っている方!安心してください!サミタは無料でも遊べます!

サミタの無料で遊べるポイント
  • 初回の無料会員登録で2万遊ドル(現実でいうところの2万円)が貰える!
  • さらに!この2万遊ドルを使い切っても毎日1回だけ1万遊ドルを補充できる!
これだけ遊ドルがあれば無料でもかなり遊べちゃうんです。ちなみに、遊べる機種は無料会員だと限られるのですが機種は毎月変わるので飽きずにプレイ出来ますよ

shunP

結構おもしろいので試しに遊んでみて下さいませ~。

無料で遊ぶ

それでは、最後のおまけまで読んで頂き本当にありがとうございました!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です