【スロット必勝法】仕事帰りのスロットで月6万円稼げる方法教えます。

前回はパチンコの必勝法としてボーダー理論と期待値の関係について紹介しましたね。そして、今回のスロットの必勝法についてもこの期待値が大いに関わってきます。

因みにスロットはサラリーマンができる副業としても結構おススメで、実際私も小遣い稼ぎとしてやっていた時期がありました。

月平均にして2万円程度でしたが、時間さえ作れたらもっと稼ぐことも可能です。

それでは早速スロットの必勝法についてご説明していきましょう。

スロットの仕組み

パチンコはハンドルを捻るだけしか技術介入要素がなくぼーっと打ち続けるだけで特に損したりすることはありません。しかし、スロットは違います。知識がないと大損してしまいます。

目押しの重要性

目押しを適当に打つことをおやじ打ち等と呼びますが、おやじ打ちをしている様ではスロットで稼ぐなんて夢のまた夢です。お話にもなりません。

まぁバジリスクの様に目押しが不要な機種もありますが、狙える機種がかなり狭くなってしまうので目押しくらいは出来るようになりましょう。

因みに15枚役を取りこぼすだけで300円の損になります。これを10回取りこぼすと…。

これからスロットを覚えて稼ぎたい!!って方は2スロで1ヶ月くらい練習することをお勧めします。2スロだと15枚役を取りこぼしても30円ですからまぁ安心ですね。

設定の存在

設定は今回の必勝法には直接関係ないのですが、簡単に説明だけしておきます。

スロットには設定が存在し、1~6の6段階あります。1が一番悪く、6が最良設定となります。

特定のイベント日なんかを狙って打つことで稼ぐこともできますが、かなりの経験と知識が必要となるので設定狙いで稼ぎたい方は覚悟してください。

因みに今回の必勝法は最低限のスロットの知識(目押しとか)があれば誰でも簡単に稼げます。

天井の存在

これが今回の必勝法における一番のポイントとなります。パチンコとは違いスロットには最大ここまで回せば当たるよ!って言う機能が存在します。

この最大の回転数は機種によって違うのですが、999G~1280Gが一般的で1600Gや2000Gなんて台もあります。

天井に到達すると機種によってボーナス(当たり)の他に恩恵が設けられていたりするので、打ち出す前には必ずチェックしたいポイントです。

内部状態の存在

パチンコには通常と確変の2種類しか内部モードはありませんが、スロットには天国、本前兆、リセットなどさまざまなモードが存在します。

ここで注意したいのが、このモードは画面上では通常時と区別ができないので、天国モード(128Gまでに当たる)や本前兆(当たる前の演出)なのにやめてしまったりすると大損となります。

なので、知識が無い内はとりあえず128Gまでは回しましょう。これで天国を取りこぼすことは回避できます。また、前兆の演出が入ったら最後まで見届けましょう。

リセットについては朝一から回されてない台を打つ時に注意するくらいですね。台についての知識が大いにある、お店の癖が分かっているって方以外は無理して攻めない方が吉です。

スロットでの期待値

さて、ここまでのお話はスロットをある程度打ってきている方は十分理解している内容だったかと思います。

「え?全然しらなかった…。」って方はすいません、2スロでもうすこし勉強してから出直してきてください。

ではここからが本題です。スロットの勝ち方、天井期待値から説明していきます。

天井期待値

先ほども説明しましたが、スロットには天井機能が存在します。この機能のおかげでスロットはパチンコと違って目で見て期待値が分かるのです。

そう、台の上に設置してあるデータロボです。こいつはその台がいくら回されているかカウントしてくれる機械ですね。

パチンコの場合はどれだけ嵌っていようが、当たりには全く関係のないので正直カウントしてくれても全く意味のない物です。

しかし、スロットは違います。スロットには天井があるからです。

例えば天井が999Gの台があって、回転数のカウントが970Gで空いていたとします。スロットはだいたい¥1,000で30回転くらい回せるので、¥1,000で当たりが引けちゃうって事になります!

もし、その天井のボーナス(当たり)で300枚獲得できるとすると
50枚(¥1,000)使って300枚GET出来るのですから、250枚(5000円)の勝ちとなります。

これがこの台の970Gから打ち始めた際の期待値になります。
分かりましたか?スロットの期待値が目で見て分かるというのはこういう意味です。

しかしながら、こんなにあからさまにおいしい台はそうそう落ちていません。

実際はもっと浅いゲーム数から回すことになります。でもここで「一体いくらのゲーム数から回したらいいのよ?」って疑問に思いますよね。

はい、それはもちろん自分で計算するしかないのです!!…。

とは言いません、今の時代はスマホで検索したらいっぱつで出てきます。例えば『化物語』の期待値を見てみましょう。
この場合は『化物語 天井期待値』と調べます。

こんな感じでいっぱい出てきます。各サイトによって期待値の計算が違ったりするので1つだけ見るのではなく、2~3箇所くらいみておきましょう。

 

化物語の天井期待値(999G到達でAT+倍倍チャンス確定)
ゲーム数等価交換(円)5.6枚交換(円)6枚交換(円)
400G88-561-855
500G890180-150
600G326423401887
700G438934082916
800G669355664983
900G952482547574

※50G消化後、解呪連非滞在で止めた場合

えっ!?600Gから3000円も期待値あるの?。天井前に当選からの単発終了で全く勝ったイメージがないけど…。

と思うかもしれませんが、この天井期待値というのは途中で当選した場合もちゃんと計算に入っています

なので全く勝ったイメージがないよって方でも期待値がプラスのところから打っているのであれば、しっかりと期待値が稼げているので安心してください。

ゾーン期待値

スロットには天井期待値のほかにもう一つ期待値が稼げる要素があります。それはゾーン期待値です。

ゾーンとは番長2やモンキーターン、戦コレ2のように規定ゲーム数到達で当選する台で、そのゲーム数付近の事を指します。

例えば番長2では通常A、通常B、天国の3つのモードがあり、通常A→通常B→天国→通常A→…と繰り返しモードが変わっていきます。この際、通常B→通常Aの様に転落はありません。

そこで、通常A、通常Bの規定ゲーム数の振り分けなのですが、次の様に決まっています。

ゲーム数の振り分け
G数解除率通常A通常B
100~199G1.2%10.4%
200~299G30.1%5.0%
300~399G1.1%18.6%
400~499G30.1%5.0%
500~599G1.1%30.2%
600~699G30.1%5.0%
700~799G1.1%30.2%
800~899G30.1%5.0%
900~999G天井天井

※天国モードは96G以内で必ず当選します。

つまり200~299G、400~499G、600~699G、800~899Gで複数回連続で当たってる台は通常Bの可能性が高まります。

3回以上連続していると打つ価値はあります。

但しここで注意しないといけないのが、通常BのG数で当たっているからといって必ずしも通常Bであるとは限りません。

それは規定G数当選ではなく、小役による当選もあり得るからです。

なのでこのゾーン狙いは台の知識が必要で、今どのモードにいるのかを正確に読まないと意味がありません。

番長2の場合、通常Bだとどこから打っても期待値がほぼプラスなので、実際に狙うのは通常Aの200~と400~のゾーンになります。

「あれ600~と800~は?」って話ですが670~天井狙いの期待値がプラスになるので、ここからはゾーン狙いより天井狙いとなります。

因みに200~と400~のゾーン期待値は1100円となります。

先ほども言いましたが、ゾーン狙いには知識が必要です。分かってないまま打ち込むと実際は期待値がマイナスだったって事にもなるので、初心者にはあまりおススメしません。

天井期待値だけでも十分稼いでいけるので慣れてきたら試してみましょう。

スロットの必勝法

スロットで勝つ方法それは天井期待値がプラスの台を打ち続けるただそれだけなのです。

例えばサラリーマンで小遣い程度を稼ごうと考えている場合はこんな感じで稼働しましょう。

サラリーマンの稼働スタイル

①仕事終わりにパチ屋Aへ入店

②期待値+2000円程度の台を探す

③あった場合は当たるまで打ち切る

④なかった場合は帰るor別のパチ屋Bへ

⑤パチ屋Bで①~③をこなすor④

以下繰り返し

これで土日を除く平日の20日間で毎日期待値を平均して+3000円稼いだとします。

すると、3000円×20日=60000円となります。1ヶ月のお小遣いにしては十分なのではないでしょうか?

でもこの6万円は期待値なので、確実にこれだけ稼げる!って訳ではありません。

パチンコの必勝法でも説明した様に、1ヶ月で10万負ける月もありますが、1ヶ月に20万勝つ月も出てきます。この期待値より実際に回収できた金額が下回ることを下振れ、逆に上回る事を上振れと呼びます。

そして恐らく6万円程度の期待値ではこのブレを収束するには全然足りません。ですが1年間の期待値で見てみると、6万×12ヶ月=72万となります。このぐらいの期待値なら十分収束してくれるはずです。

この上振れ、下振れを毎月繰り返すことによって収支が安定してくるのですが、期待値稼働を始めて1ヶ月程度では全く結果が出ないと言っていいでしょう。

上振れからスタートしてくれたら良いのですが、下振れからスタートするとどうしても「こんなことしても意味ないんじゃないか?」と疑問に思って止めてしまう方が多いです。でも大丈夫です、必ず結果はついてきます。

上振れと下振れの関係

この上振れと下振れですが出来るだけブレが少なくならないかな?って思いますよね。はい、その方法もちゃんとあります。それは期待値の稼ぎ方です。

同じ3000円の期待値を稼ぐ場合、次の3パターンで稼いだとしましょう。

①500円の期待値台を6台打つ

②1500円の期待値台を2台打つ

③3000円の期待値の台を1台打つ

この場合の期待値のブレが大きいのは①>②>③の順になります。

特に①の場合はかなりブレが大きくなるので収束するまでに2,3年かかるか、もしくは一向に収束してくれないかもしれません。

また、ミリオンゴッドの様な天井が遠くて当たりが重く荒い台番長や戦コレの様な天井がそんなに遠くなく当たりが軽い台では同じ期待値であっても前者の方がブレが大きく出てきます。

ハーデスの700G~の期待値は3400円なので化物語の600G~の期待値とさほど変わらないのですが、ハーデスは天井が1600Gと果てしなく遠いです。

ハーデスの場合は天井まで少なくとも3万円はかかりますが、化物語は1.5万円で到達出来てしまいます。

つまり天井までの投資額に対する期待値の額が上振れと下振れに大いに影響してくるのです。

期待値稼働で結果が出てこないって方はここら辺を勘違いして打っている場合が多いです。

まとめ

スロットはパチンコに比べると損してしまうリスクがあるので、「むずかしいな」、「やってみたいけど…」って感じている人が多いと思います。

私自身もそうでしたので、初めはパチンコばかり打っていました。もちろん期待値なんて言葉をこれっぽっちも知らなかったので完全にパチ屋の養分でしたが…。

しかし、スロットの天井期待値稼働は本当に簡単です。仕事帰りにフラッとパチ屋へ行って嵌り台をチェック。スマホで期待値確認して打つ。ただこれだけなんですから。

次記事では実際に私がやっていた稼働スタイルを紹介しようと思います。気になる方は是非見てくださいね。

おまけ

今回も最後まで読んでくれた『パチンコ&パチスロ』ファンの方、大変ありがとうございました^^;

おまけに当ブログ管理人shunPも愛用しているオススメサービスのご紹介です。

打ちに行きたいけどなかなか時間を作れないサラリーマンにこそオススメしたいサービスその名も…

『777タウン.net』(通称サミタ)です!

サミタならホールに行かなくてもオンラインでパチンコ・パチスロが楽しめちゃいます。

月額料金(税抜き)
パチンコのみ¥1,000
パチスロのみ¥1,000
どちらも楽しむ¥1,800

月額料金は上記の通り。パチンコ・パチスロどちらも遊び放題となると¥2,000弱と少々高額な気もします。

ですが、1回パチ屋に行って使う金額は…と考えると安くも感じます(^_^;)

でもやっぱり、月額料金払うのはちょっと…と思っている方、安心してください。サミタは無料でも遊べます!

なんと!初回の無料会員登録で2万遊ドル(現実でいうところの2万円)が貰えるんです!

さらに!この2万遊ドルを使い切っても毎日1回だけ1万遊ドルを補充できるんです!

これだけあればちょっとした空き時間の暇つぶしには持って来いですね(^^♪

ただ遊べる機種は無料会員のみのものと限られるのですが、機種は毎月変わるので飽きずにプレイ出来ますよ。

気になった方は是非、無料会員登録からはじめてみては如何でしょうか!?(#^^#)

結構おもしろいので試しに遊んでみて下さいませ~。

それでは、最後のおまけまで読んで頂き本当にありがとうございました!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です