目次の自動生成プラグイン『Table of Contents Plus』の設定方法【WordPress】

ブログに目次を入れることで、訪問者に記事の大まかな内容を直感的に把握してもらうことができます。

また、自分が知りたい内容が含まれている箇所へも直ぐにジャンプ出来ます。

こうしたユーザビリティの向上は検索エンジン(Googleなど)からの評価も高くなるので結果的にSEO効果も期待できます。

今回はそんな目次を自動で作成してくれるプラグイン『Table of Contents Plus』を紹介します。

このプラグインは設定内容が日本語化されているので初心者にもとても分かりやすいのでオススメです。

Table of Contents Plusをインストールしよう

まずはWordPressを開き『プラグイン』から『新規追加』をクリックします。

そして検索欄に『Table of Contents Plus』と打ち込みましょう。

すると1番目に出てくると思うので『今すぐインストール』をクリックします。

そして有効化しておきます。

Table of Contents Plusの設定をしよう

次に設定を行います。『プラグイン』の『インストール済みプラグイン』をクリックします。

『Table of Contents Plus』の『設定』をクリックします。

すると設定画面が出てきます。ここでは『基本設定』タブのみ変更していきます。

『サイトマップ』と『ヘルプ』タブはデフォルト設定のままでOKです。

  • 位置
    目次の表示場所の設定です。
  • 表示条件
    見出しがいくつ以上ある時に見出しを表示するかの設定です。ここは『2』がオススメです。
  • 以下のコンテンツタイプを自動挿入
    目次を表示する記事の種類の設定です。『通常の記事』を選択しておきましょう。
  • 見出しテキスト
    目次のタイトルの設定です。自分好みに設定しましょう。オーソドックスに『開く』、『閉じる』でもOKです。
  • 階層表示
    目次の階層を表示させるかの設定です。
  • 番号振り
    目次に番号を振るかの設定です。
  • スムース・スクロール効果を有効化
    目次をクリックしたときの効果です。一気に飛ぶかグイーンと飛ぶかの違いになります。
  • 外観
    ここはすべてデフォルトでOKです。
    横幅:目次の横幅の設定です。
    回り込み:目次の設定位置の設定です。
    文字サイズ:目次のフォントサイズの設定です。
    プレゼンテーション:目次のデザインの設定です。
  • 上級者向け
    ここもデフォルトでOKです。

すべて選択し終えたら『更新』をクリックします。

因みに私は次の様に設定しました。

目次を表示させてみよう

と言ったものの、上記の設定で『Table of Contents Plus』が今まで投稿した全ての記事に目次を自動生成しちゃってくれてます。

目次の表示位置の変更

この記事では目次の位置を変えたいなぁ』とかこの記事には目次は要らないかな』なんて時がありますよね。

そんなときは目次を表示させたい場所に『[toc]』と入力してください。

また『[no_toc]』と入力すれば目次を非表示に出来ます。

MEMO
[no_toc]の場合は位置はどこでもOKです。

まとめ

プラグインひとつで超簡単に目次が作れてしまいましたね。

WordPressは優秀なプラグインがたくさんあるのでじゃんじゃん活用していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です