【予算1万円以上!】音質を重視した完全ワイヤレスイヤホン7選。

いきなりですが、この記事を読みに来てくださった方ありがとうございます。

そして!今まさにイヤホン買おうかなぁなんて思っている貴方!

恐らくお金にちょっとは余裕のあるブルジョアな方なのではないでしょうか!?( ^ω^ )ニヤニヤ

なんせ記事タイトルにもあるように、イヤホンなんかに1万円以上も出せる方なんですからね!

すいません。イヤホンなんかなんて言ってしまった事、訂正しお詫び申し上げますm(__)m

とまぁこんな茶番は置いといて、本題です。

イヤホンも時代の流れに沿って進化して今ではワイヤレスで音楽を楽しめる時代となってきました。

今まではワイヤレスは有線には逆立ちしたって敵わないってイメージでしたが、技術の進歩は素晴らしいものですね。

有線に匹敵するレベルまでワイヤレスも進化しました。

また、iPhone7からイヤホンジャックが無くなってしまったので、ワイヤレスBluetoothイヤホンをお探しの方も多いと思います。

そこで今回は!完全ワイヤレスなBluetoothイヤホンを価格帯別(1万円~)に紹介したいと思います

恐らく値段が上がるに連れて音質も立派なモノになっていくはずです。

ワイヤレスイヤホンで高音質なモノを探している方はこの記事を参考に予算と相談して購入して頂ければ幸いです。

それではどうぞ(^^♪

予算¥10,000~

まずは手始めに予算1万円~1.5万円のワイヤレスなイヤホンです。

Eonfine

参考価格:12,800円(税込)

こちらはAACには対応してないので、iPhoneで利用する方は注意してください。

AACとは音声コーディックの1つの種類であり、iPhoneなどのApple製品に搭載されている音声コーディックです。

また、音声コーディックって言うのは簡単に言えばiPhoneから音声データをイヤホンへ転送する方法のことです。

なのでAACに対応しているイヤホンだとより高音質に聴こえるようになります。

まぁこの程度の知識は高音質なイヤホンを求めている方には常識的な事ですよね。詳しい説明は省きますね(^_^;)

そして、ノイズキャンセリング機能についても一応対応しているみたいです。

また、バッテリーケースの容量は2,100mahと大容量です。勿論モバイルバッテリーにもなります。
これだけあればスマホもフル充電できるかな。

まぁこれに関して言えば音質には全く関係のない事ですがね(^_^;)

JBL FREE

参考価格:14,000円(税込)

こちらのイヤホンはAAC対応しているらしいです。
ただ、Amazonでの評価があんまり良くないです(^_^;)

音が飛んだりするみたいで、ブランドの割には価格に見合ってないとの事…。

購入する際はご注意を!

因みに、再生時間については最大4時間で、急速充電で15分で1時間の再生が可能みたいです。

ERATO/VERSE

参考価格:14,623円(税込)

まず、ご存知の方もいるかと思いますがブランドについてのご紹介です。Amazonの商品ページより転載しますね。

ERATOは、一切妥協のない高音質ワイヤレスオーディオ商品の開発を目指し、小型、軽量化によりライフスタイルが一変するような商品を造りたいという世界中のオーディオのエキスパート達が結集して、2015年にカリフォルニアのブレアにて創業されました。ERATOはトゥルーワイヤレスイヤホン市場を牽引してきたパイオニアブランドとして、超小型、軽量でありながら原音に忠実で、息を飲むほど美しい透明感のある音造りによって、ワイヤレスオーディオの新基準を作っていきます。

ほほう、オーディオのエキスパート達によって開発されたワイヤレスイヤホンのようです。

また、このイヤホン「GrapheneDriver(グラフェンドライバー)」っていう独自開発した技術でクリアでダイナミックなサウンドを実現したとの事。

そして、イヤーピースについても独自のこだわりを搭載しているみたいです。

説明すると長くなるので、詳細は上記リンクをチェックしてみて下さいね(^^♪

予算¥20,000~¥30,000

ここからはお値段がグッと上がって予算2万円~3万円以内で選ぶイヤホンとなります。

音質は十分満足できるレベルだと思います(^_-)-☆

Apple/AirPods

 

参考価格:21,800円(税込)

はい、真打登場ですね。iPhoneでお馴染みのAppleさんのとこのワイヤレスイヤホンその名も『AirPods』です。

iPhoneを使って音楽を楽しみたいと思っている方はこれ一択と言っても過言ではないですね!

iPhoneは勿論の事、AppleWatchなんかとも勿論連携して利用でき、音楽だけでなく電話やLINEなんかの通話もお手の物です。

ただ、ひとつ気になるのがカナル型ではなくインナーイヤー型な事です。

このタイプって耳に必ずしもフィットするとは言えないのでそこがネックですね(^_^;)

まぁそれを考慮しても十分な程の機能面!私も是非とも使ってみたいものです。

お値段がまぁいい値段しますが、お金に余裕がある方は是非チェックしてみて下さいね(*^^*)

SONY/WF-1000X

参考価格:23,295円(税込)

Appleが『AirPods』と来れば黙っていないのがSONYのイヤホン『WF-1000X』です。

ウォークマンやXperiaを利用して音楽を聴いている方は勿論のことAAC対応なのでiPhoneでの利用でも問題なく快適に利用できます

また、ノイズキャンセリング機能もSONYさんなので申し分ないと言えるでしょう。

値段は『AirPods』と比べると2千円弱高くなりますが、まぁこのレベルの価格帯のイヤホンなら誤差程度ですよね(^_^;)

信頼できる国産メーカーのワイヤレスイヤホンとしてはSONY一択なのでは?と個人的には思いますね(^^♪

Bose/SSport Free BLK

参考価格:27,620円(税込)

はい、Apple、SONYと来ればこちらも紹介しない訳にはいきませんね。

BOSEのワイヤレスイヤホン『SoundSport Freewireless headphones』です。

アメリカのメーカーで世界一と言っても過言ではない音響機器メーカーBOSEが手掛けるワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリング機能もトップクラスの快適さパフォーマンスを備えています。世界が認めるイヤホンです。

バッテリー性能も5時間程度は連続使用可能で、音質に関しても重低音やクリアな音質は有線と比べても遜色のないレベルとの事。

だだ、レビューをいくつか見ていてワイヤレスイヤホンの問題点でもある本体との接続が途切れてしまう点がチラホラ見受けられました。

この点さえ克服できれば音質を気にする方も有線から切り替えもアリなのでは?なんて思いますが…どうでしょうかね?(^_^;)

予算¥30,000~

もう予算なんて関係ない。最高級のワイヤレスイヤホンを求める方向けのイヤホンがひとつだけありました。

これ以上のワイヤレスイヤホンはないのでは?ってレベルのイヤホンです(>_<)!!

B&O Play/E8 

参考価格:32,886円(税込)

今回ご紹介するワイヤレスイヤホンの中でも最高値となるのがB&O(バング&オルフセン)のワイヤレスイヤホンです。

B&Oはデンマークの音響機器メーカーですね。こちらもBOSE同様に世界トップレベルのメーカーです。

そしてこの『E8』はB&Oのブランド初の完全ワイヤレスイヤホンとなります。

もうね、庶民のshunPからしたらイヤホンに3万円以上なんてもう信じられないレベルですよ!(゜o゜)

相当な自信がこのイヤホンにはあるのでしょうね。一度視聴してみたいものです。

購入された方だけにお値段以上の性能を体感できることでしょう。

因みにBOSEでも問題としていたワイヤレスイヤホンの接続の安定性ですが、こちらの『E8』はもうピカイチレベルで素晴らしい出来らしいです。

街中どこに行っても途切れることはないレベルとの事!

また、ノイズキャンセリング機能は搭載していない当製品ですが、付属のコンプライのイヤーピースを付ければ地下鉄でも外部音をシャットアウトできるほど高性能な模様。

コンプライはこんな感じのスポンジタイプのイヤーピースの事です。

奮発して買ってみようと思った方は是非、上記Amazonリンクからレビューを見て頂ければと思います(^o^)丿

まとめ

今回のまとめとしては、予算が1万円以上となればそれなりに音質のいいイヤホンがワイヤレスでも楽しめそうです。

ただ、より音質にこだわる方の場合は2万円以上は見ておいた方が良さそうです(^_^;)

それとイヤホンを選ぶ際には自分が使っているデバイスとイヤホンで共通のコーディックのモノを選んでください。

iPhoneで音楽を聴く場合はAAC対応のモノをandroidの場合はapt-x対応が良いでしょう。

ご自分の予算と相談してお気に入りのイヤホン選んでみて下さいね(^^♪

それでは今回はこの辺で。

以上、『音質を重視した完全ワイヤレスイヤホン7選』でした。

因みに、ランニングやトレーニング用のコスパ重視のイヤホンをお探しならこちらの記事をチェックしてみて下さいね。

【予算3千~1万円!】コスパ重視な完全ワイヤレスイヤホン10選。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です