【比較】エポスカードとイオンカードはどちらがお得?決め手はView?

どこの町にも必ずあると言っても過言ではないショッピングモールその名もイオン

shunP

shunPも週末の土日には家族で足を運ぶことが多いです。

そういえば、中国へ出張した際に訪れた青島(チンタオ)にもイオンがあって

( ゚Д゚)イオンスゲー

ってビックリしたのを覚えています(笑)

そんなお馴染みのイオンですが、行くたびにイオンカードで支払いした方が良いのかな?といつも疑問に思ってモヤモヤしていました。

と言う訳で今回はこのイオンカードとエポスカードとの簡単な比較を行ってみたいと思います。

因みに、エポスカードはshunPがメインで利用しているカードです(^^♪

還元率やWAONポイントについてもまとめてみたのでカード発行の参考にしてくださいね。

イオンカードとエポスカードの還元率

今回の比較は普通のイオンカードエポスゴールドカード年間100万円利用した場合を比較します。

どちらも年会費が無料のカードです。(エポスカードはインビテーションで入会した場合)

因みにイオンカードゴールドでも年会費が無料ですが、特に目玉な特典も無かったので通常のイオンカードと比較しておきます。

ゴールドカードになる条件としては年100万円の利用です。これはエポスカードゴールドも同条件です。

イオンカードの還元率

ではまずはイオンカードからです。

イオンカードでは『ときめきポイント』が200円につき1ポイント貯まります。

イオンカードで年間100万円利用した場合のポイント
通常利用分0.5%(100万円)5,000P
イオンでのお買い物0.5%
(月3万円×12ヶ月=42万円)
2,100P
合計7,100P
イオンカードの還元率は0.7%くまかぁ。これじゃあ大したことないくまぁ。

くまさん

shunP

ただイオンでのお買い物は無条件にポイントが2倍になるんだ。
まぁそれにしたって総合的に獲得できるポイントは6,800Pと控え目な感じくまね。

くまさん

エポスカードの還元率

お次にエポスゴールドカードです。

エポスカードは通常利用での還元率が0.5%と低いものの、選べるポイントアップショップボーナスポイントの還元が大きく最終的な還元率は2.0%超えとなります。

エポスゴールドカードで年間100万円利用した場合のポイント
通常利用分0.5%(100万)5,000P
選べるポイントアップショップ1%
(月3万×12ヶ月=36万)
3,600P
マルイ利用分0.5%
(月1万×12ヶ月=12万)
600P
誕生月利用分(通常)0.5%(8万)400P
誕生月利用分(マルイ)1%(3万)300P
Edyでポイント0.5%
(月5千×12ヶ月=6万)
300P
年間100万利用のボーナスポイント10,000P
合計20,200P
選べるポイントアップショップって何くまぁ?

くまさん

選べるポイントアップショップ

自分がよく行くお店を3店舗選べて、その店舗でカードを利用するとポイントが3倍になる特典です。

例えばこんなお店で
  • 西友イオンなどのスーパー
  • 東京電力東京ガスなどの公共料金
  • JRドラッグストア等々

かなり沢山のお店が登録されているのでガツガツポイントが貯まります。

月3万として計算してありますがスーパーを登録しておけば食費だけでも3万は使う?と思うので、もっとポイントが貰えるはずです。

たまるマーケット

さらに、たまるマーケットを利用すればAmazonや楽天市場での利用ポイントが2倍となり、よりポイントを貯めることもできます。

Edyでポイント

Edyでポイントとは

チャージ1000円に付き5P(還元率0.5%)

+プラス+

Edy利用200円に付き1P(還元率0.5%)

=合計=

還元率1.0%

となるEdyのポイント還元システムです。

エポスポイント以外にもマイルなど様々なポイントにも貯める設定ができます。

コンビニなどのちょっとした買い物って電子マネーでサクッと会計したいじゃないですか。

そんな時でもエポスカードなら還元率1%でお買い物できるのでめちゃくちゃ便利な特典です。

shunP

エポスカードを使うなら絶対に利用しておきたい特典です。

あわせて読みたい

エポスカードと楽天Edyは相性抜群!?還元率も2倍に…!?

イオンカードの特典

このままではエポスカードの圧勝となってしまうのですが、イオンカードにはCMでもお馴染みのあの特典があります。

20日30日5%OFF~♪くまね!

くまさん

shunP

くまさんどうもありがとう(苦笑)

イオンのお客様感謝デー

まさに言葉通りの事なんですけど20日と30日ならイオンでのお買い物が5%OFFとなります!

例えば、20日と30日に1ヶ月分のお買い物として2万円分買い物すると1年単位でみるとで結構なお得になるんです。

20日30日の5%OFF

2万×12ヶ月=24万円
24万円×0.05(5%)=1.2万円

この様に、長い目でみたら1万円以上もの大きな割引を受ける事が出来ます。

なのでピンポイントでイオンでお買い物するのであればかなりお得なカードであるとも言えますね。

WAONでもっとお得に

更にイオンと言えばもう一つ忘れてはいけないのが電子マネー『WAON』です。

shunP

イオンカードで決済すればときめきポイントが貯まるのに対して、WAONで決済するとWAONポイントが貯まるんだ!
う~ん。なんだかややこしいくまぁ。

くまさん

shunP

さらに、WAONはオートチャージを利用すればチャージ額200円に付き1ポイント貯まるんだよ!
だからどうだっていうくまぁ?早口過ぎて分からないくまぁ。

くまさん

shunP

つまりこういうことだよ!(今日のくまさん、いちいちうるせぇ~)
WAONで1万円分お買い物した場合

オートチャージで50P+利用分で50P100P

な~んだ、ポイントの2重取りができるって言うことくまね!

くまさん

shunP

そうそう。そういう事。(はぁ~)
WAONでポイント2重取り
イオンでお買い物する際は必ずWAONで決済するようにしてくださいね。ちなみに、ときめきポイントはWAONへ減額なしでそのまま交換する事が出来るのも魅力です。

イオンカードゴールドの特典

そしてイオンカードゴールドの特典も紹介しておきます。が、そんなに目立った特典は無いです。

旅行での傷害保険など各種保険が付帯

イオンラウンジ、羽田ラウンジ利用可能

shunP

ってな感じです。
う~ん。なんともしょぼい(;・∀・)

くまさん

家族カードとETCカードはある?

還元率の他に気になるのが家族カードやETCカードの存在です。

クレジットカードをお得に使うには欠かせないサービスですよね。

イオンカードは3枚まで無料発行OK!

イオンカードは3枚まで年会費無料で発行する事ができます。

また、それぞれのカードで利用したポイントも合算して貯めることが出来ます。

shunP

ちなみに、エポスカードには残念ながら家族はありません。
エポスカードにも家族があればなぁ…(´・_・`)

くまさん

※2018/10/10追記 エポスカードにも家族カード登場!

エポスカードにも家族カードが誕生しました!

ただし、一般的な家族カードとは仕様が違いエポスゴールドのみ家族カードが利用できます。

shunP

shunPもさっそく申し込んでみました!

あわせて読みたい

エポスカードに家族カードが登場!還元率もUPして最高の一枚に!! エポスの家族カード『エポスファミリーゴールド』に申し込んでみた!

ETCカードはどちらも無料発行OK!

ETCカードに関してはdカード、エポスカードどちらも無料で発行可能です。

そして、どちらも通常利用としてポイントが貯まります。(イオンカード、エポスカード共に0.5%)

貯めたポイントの使い道

イオンカードの場合はときめきポイントWAONポイント

エポスカードの場合はエポスポイントが貯まりますよね。

通常クレジットカードで貯めたポイントは商品券に換えたりカタログから欲しいモノと交換するってのが一般的です。

でもこの使い方って商品券だとなんだかつまらないし、かと言ってカタログのは定価で割高な感じがするのであんまり嬉しくないですよね。

なにか良い使い道はないくまかぁ?

くまさん

エポスカードはプリペイドチャージがおすすめ!

エポスカードの方はプリペイドカードを発行しており、そちらへ貯めたポイントをそのままチャージする事ができます。

イオンカードで言えばときめきポイント→WAONと同じイメージくまね。

くまさん

shunP

そうそう。そんな感じ!
エポスカードとプリペイド

ただ、エポスカードの場合はプリペイドカードなのでクレジットカードが利用できるところであればどこでも利用OKなんです。(※一部プリペイドカードが利用できないお店もあります)

WAONは使える場所が限られる…

一方、WAONは電子マネーなので利用できるところはかなり限られます

イオンかミニストップぐらいでしか使えるところがないですよね。

と言うことは、エポスカードの方がいろいろと融通が利くくまねぇ。

くまさん

shunP

エポスポイントならディズニーランドチケットへ交換する事も可能だよ。

あわせて読みたい

【クレカ】ディズニーランドにペアでタダ(無料)で行く方法【エポス】

イオンSuicaカードは魅力的!?


そして最後にイオンカードを発行するならオススメしたいカードがあります。

shunP

それは、View機能が付いたイオンSuicaカードです。

Suicaへのオートチャージが無料で利用できる!

Suicaへクレジットカードからチャージしたい場合、モバイルSuicaを利用すればどのクレジットカードでも利用できるのですが1,000円の年会費が必要となります。

その点イオンSuicaカードなら年会費無料で発行できるのでお得に利用できます。

View機能付きクレジットカードは数が少ない

このView機能が付いたクレジットカードは本家の『ビュー・スイカカード』の他に『ビックカメラSuicaカード』など数えるほどしかない希少なカードです。

へぇ~。イオンカードってけっこう凄いくまねぇ!

くまさん

Apple Payでさらに便利に

iPhone7からApple PayでSuicaを利用できるようになりました。

そしてイオンSuicaカードならクレジットカードからのチャージ(オートチャージ)が可能となります。

Suicaへチャージできるクレジットカードは限られる

しかしながら、エポカードもApple Payへ登録できるもののSuicaの提携カードではないためチャージには対応していません

どうしても使いたい場合はモバイルSuicaへ年会費1,000円を払って利用するしかありません。

iPhoneでSuicaを利用している方これから使いたいって方は注意が必要くまね。

くまさん

Suicaへのチャージでもポイント還元

イオンSuicaカードならSuicaへのチャージでもときめきポイントが貯まります。

注意!
ただし、還元率は400円に1ポイントなので0.25%です。

ときめきポイントをSuicaへチャージ出来る!

ポイントの使い道でも紹介していましたが通常のイオンカードではWAONにしかときめきポイントを交換する事ができないのです。

しかしイオンSuicaカードならときめきポイントをSuicaへ交換する事が出来る様になります。

Suicaへ交換できれば使えるお店はグッと増えますよね。

と言う訳でイオンカードを発行するならイオンSuicaカードを発行する事をオススメします。

まとめ

shunP

イオンカードの還元率や特典をエポスカードと比較して簡単に紹介しましたが、くまさんどうでした?
やっぱりイオンに行かない人にとっては持つ価値がないカードくまねぇ。

くまさん

shunP

う~ん。確かに…。

イオンを普段利用する人でも超お得で絶対に作るべきカードなのか!?と言われると首をかしげてしまう感じでしたね。

お客様感謝デーが鍵

ポイントとしてはお客様感謝デーを最大限に利用できるかにかかってくると思います。

shunP

これが利用できないのであればカードの価値は半減です。
WAONに関しても使えるところが少なすぎるくまねぇ。

くまさん

shunP

それならエポスカードで楽天Edyを利用するのと変わらないですからね。

なので、利用するところにあまり縛りのないエポスカードは誰にでもオススメ出来る万能なクレジットカードと言えます。

選べるポイントアップショップが便利

あんまり縛りのないと言うのは選べるポイントアップショップである程度いくお店をポイント3倍に出来るからです。

そうやって使っていけば還元率も2%越えと十分な還元率ですからね。

Suica利用ならイオンカード

Suicaの利用に関してはViewに対応しているイオンカードがオススメと言わざるを得ません。

が、モバイルSuicaの年会費1,000円を払ってもエポスカードの方がお得な気もします。

クレジットカードの発行で迷ったらエポスカードを是非チェックしてみてくださいね(^^♪

以上、『イオンカードとエポスカードの比較』でした。

カード選びで迷っている方へ

shunP

今回紹介したイオンカード以外にも人気クレジットカードとエポスカードとの比較も記事にしてあります。

気になる方はこちらのボタンから是非チェックしてみてくださいね。

入会特典など最新情報はこちらのボタンからチェックできます。

発行&年会費は無料だから8,000Pだけ貰うってのでも全然ありくまね!
僕も早速ネットで申し込むくまぁ!

くまさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です