【比較】エポスカードと楽天カードの還元率はどちらが上なのか?

『クレジットカード 人気 オススメ』なんてワードで検索するとあるカードが必ず第一にヒットします。それは楽天カードです。

この楽天カードですが、7年連続クレジットカード業界顧客満足度1位なんですって。

一体何がそこまで凄いくまぁ?

くまさん

shunP

それはズバリ高還元率な事でしょうね。
楽天カードの凄いところ
  • 基本利用でも最低1%の還元率(100円で1P獲得すること)
  • 楽天市場でのお買い物では還元率が2%~最大10%
ホントにそんなにうまい話があるのかくまぁ?

くまさん

shunP

そう思うのも無理ないですよね。
なので今回は私のオススメするエポスカードとの比較行ってみたいと思います。

還元率を比較

今回の比較は楽天カードエポスゴールドカード年間100万円利用した場合を比較します。

shunP

どちらも年会費の掛からないカードなので条件は同じです。
注意
エポスゴールカードはインビテーションで入会した場合は年会費無料です。
また、インビテーション以外で入会した場合は初年度5000円となり、
年間50万円の利用で翌年以降ずっと年会費無料です。

楽天カードの還元率

shunP

ではまずは楽天カードからです。

楽天カードで年間100万円利用した場合のポイント
通常利用分1%(100万円)10,000P
楽天市場利用分3%(月1万×12ヶ月=12万)3,600P
楽天市場アプリ利用分1%(月1万×12ヶ月=12万)1,200P
ポイント加盟店利用分2%(月1万×12ヶ月=12万)2,400P
誕生月ポイント(ダイヤモンド)700P
毎月1回のボーナス福引(最低30P×12ヶ月)360P
合計18,260P
楽天市場利用を月2万とした場合23,060P

通常利用でも1%の高還元率もさることながら楽天市場を利用した際の還元率が5%になるのが凄すぎます

表では月1万円の利用で計算してますが月2万とすれば23,060Pまで獲得ポイントが上がります

ただ楽天ポイントが貯まる加盟店が少なすぎるのが痛いです。月1万円としましたが、そんなに使えるか怪しいです。

パッと見た感じよく行くお店が全然ありませんでした。

shunP

せめてスーパーが登録してあればもっとガッツリ貯めれると思うのですが…。
今後に期待しましょう。

エポスカードの還元率

shunP

次にエポスゴールドカードです。

エポスゴールドカードで年間100万円利用した場合のポイント
通常利用分0.5%(100万)5,000P
選べるポイントアップショップ1%(月3万×12ヶ月=36万)3,600P
マルイ利用分0.5%(月1万×12ヶ月=12万)600P
誕生月利用分(通常)0.5%(8万)400P
誕生月利用分(マルイ)1%(3万)300P
Edyでポイント0.5%(月5千×12ヶ月=6万)300P
年間100万利用のボーナスポイント10,000P
合計20,200P

エポスカードは通常利用での還元率が0.5%と低いものの選べるポイントアップショップボーナスポイントの還元が大きく最終的な還元率は2.0%を超えます。

んっ?選べるポイントアップショップ?Edyでポイント?
これって一体何くまぁ?

くまさん

shunP

これらはエポスカードのポイントをお得に貯める為の特典だよ。

選べるポイントアップショップ

自分がよく行くお店3店舗選べて、その店舗でカードを利用するとポイントが3倍になる特典です。

例えばこんなお店で
  • 西友やイオンなどのスーパー
  • 東京電力や東京ガスなどの公共料金
  • JRやドラッグストア等々

かなり沢山のお店が登録されているのでガツガツポイントが貯まります。

今回の比較ではこの特典の利用分を月3万として計算してあります。

shunP

よく行くスーパーやドラッグストア、電気代なんかを登録しておけば3万円くらいなら簡単に利用できる思いますよ。

Edyでポイント

Edyでポイントはチャージ1000円に付き5P(還元率0.5%)+Edy利用200円に付き1P(還元率0.5%)=還元率1.0%になる特典です。

この特典は楽天カードでも同様にポイントを貯める事ができます

注意

楽天カードの場合はそもそもカードで支払っても還元率は1.0%なのでEdyでポイントを利用してもあまり意味がないです。

一方、エポスカードは通常利用が0.5%なのでEdyで支払った方が還元率が倍になりお得です。

たまるマーケット

shunP

今回はポイント計算に入れてませんが、たまるマーケットと言うポイントアップ特典もあります。

たまるマーケットを利用すればAmazon楽天市場での利用ポイントが2倍~となるので、よりポイントを貯めることもできます。

比較結果

楽天カードとエポスカードの100万円利用した際の還元率を比較してみましたが、

楽天なら楽天市場、エポスなら選べるポイントアップショップ

この特典をどれだけフルに活用できるかによってポイント付与は大きく変動するので、

shunP

今回の比較結果は両カード引き分け!とします。

ライフスタイルにあったカードを選ぼう!

楽天市場を毎月3万~5万も利用するって方は当然楽天カードが最適です。

家族の食費だけでも毎月5万はスーパーで買い物をしているって方はエポスカードの選べるポイントアップショップを利用した方が楽天カードより還元率は高くなります。

shunP

要するに自分のライフスタイルにあった方を選ぼう!って事ですね。

因みにshunPは楽天市場よりAmazon派ですし、ネットショッピングよりスーパーなどの利用が多いのでエポスカードを利用してます

ただ、どちらを選んでも高還元率なのは言うまでもありません。

注意
楽天カードは楽天市場を利用しなかったら還元率はかなり低くなる(還元率1.5%がやっと)ので注意してくださいね。

まとめ

ネットの等での情報では楽天カードが1番高還元のカードの様に扱われていますが、実際に計算してみるとエポスカードも同等かそれ以上の高還元率である事が分かりました。

でもなんで『楽天カード=最高の還元率カード』ってイメージが定着しているくまぁ?

くまさん

shunP

それはやはり楽天の宣伝効果が凄まじいからだと思うよ。
言われてみればそうくまね。テレビでもバンバン宣伝してるのをよく見かけるくまぁ。

くまさん

ネットなどの評判、情報だけ鵜呑みにするのではなく自分でもちょっと見方を変えて調べてみることも大切ですね。

それでは今回はこの辺で。以上 、『エポスカードと楽天カードの還元率の比較』でした。

カード選びで迷っている方へ

楽天カード以外の人気クレジットカードとエポスカードとの比較も記事にしてあります。
気になる方は下のボタンから是非チェックしてみてくださいね。

入会特典など最新情報はこっちのボタンからチェックできます。

発行&年会費は無料だから8,000Pだけ貰うってのでも全然ありくまね!
僕も早速ネットで申し込むくまぁ!

くまさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です