【iPhone11Pro】前面&背面ガラス+バンパーの組合せが超Good!

shunP

どうも自称バンパーマニアのshunPです。

今回もiPhoneXと同様にiPhone11Proもバンパーを使った疑似裸族化計画を実行してみました。

疑似裸族化計画とは?

本当はiPhoneを裸で使いたい!でも十数万もする端末を裸で使うなんて…。

という考えから『前面&背面ガラスフィルム+バンパー』の組合せによる疑似的なiPhone裸使いを考えました。

iPhoneをしっかりとガードしつつも、一見して何も装備していないかの様な一体感がとても素晴らしいのです!

shunP

疑似裸族化に興味のある方はぜひ真似してみてね。
なんか言い方がキモイくま。

くまさん

iPhoneXの時はこんな感じでした

あわせて読みたい

【iPhoneX/XS】前面&背面ガラスフィルム+バンパーで裸族を目指せ!

iPhone11Proを疑似裸族化!必要な装備をチェック!

今回もiPhoneXの時とほぼ同じ構成となります。が、背面ガラスについてはちょっと注意点があります。

注意点
  1. カメラレンズ周りが巨大化
  2. 背面ガラスがすりガラス
この2点について補足しながら購入した背面ガラスフィルムを紹介していきます。

背面強化ガラスフィルム

【エレコム】背面ガラス 参考価格:¥2,404

ワンポイント
  • カメラ周りの細いラインもしっかり保護。
  • すりガラスに対応していてキレイ。
  • ただ、ほこりが溜まりやすいので注意。

エレコムのガラスフィルムをレビュー


こちらがガラスフィルムのパッケージになります。


中身はガラスフィルムとほこり取りシートですね。

ガラスフィルムの形状は細かいラインまでしっかり仕上げてあって良い感じです!

ただ、装着してみた感じはガラスフィルムのエッジがかなり浮いています。ラウンドエッジではない模様。

バンパー装着時の見た目は一体感がとてもキレイで凄く好印象!(バンパーについては後ほどレビューします)

shunP

ガラスはマット仕上げでサラっとしてるのもGood!

注意点について


ガラスフィルムを貼り付けた際に分かったのですが、接着面が画像に示す赤いラインの様になります。

これは背面がすりガラスなので、普通のフィルムのようにガラス全面での接着を避けたと考えられます。

要はすりガラスの面とガラスフィルムの間にえて隙間を作っているんです。

shunP

このせいである問題が発生!

ガラスフィルムが剥がれてしまう様な事は無いのですが、埃がかなり侵入してきます…。

埃の侵入が気になる

半年間使用してみた感じですが、1ヶ月程度で埃が気になり始めました。そして、半年もすれば御覧の様な有様です…。

shunP

神経質な方にはちょっとNGかも…?

【QULLOO】背面ガラス(2枚入り) 参考価格:¥799

今回はもう1枚別のガラスフィルムもレビューします。それがこちらの『QULLOO』の背面強化ガラスフィルムです。

ワンポイント
  • カメラレンズ周りはガッツリ切り欠き仕様。
  • すりガラスは関係なしの全面接着タイプ。
  • 2枚入りなのに(エレコムと比較して)超安い!

QULLOOの背面ガラスフィルムをレビュー


ガラスフィルムのパッケージはこんな感じです。


中身はガラスフィルム2枚とほこり取りシートです。

ガラスフィルム自体はこんな感じ。カメラ周りはガッツリ切り欠かれています。

すりガラスがやっぱり厄介!

そして実際に装着した感じがこうなります。

かなり汚いくまねぇ(笑)

くまさん

shunP

ね!(笑)
でもちょっと貼り方を変えてみたらマシになったよ。

貼り方をちょっと工夫してみる

貼り付けた後にギュッと押し付けても相手がすりガラスなので絶対にキレイにはなりません

なのでえて少し浮かせる感じで貼り付けておけばかなりマシになります。

注意
しかしこの方法でも使用している内に段々と貼りついていきます。ただ、暫く使っていく内に馴染んでくるのであまり気にならなくなりました。

ガラスは少し小さめ

あと少し気になったのはガラス自体の大きさですね。ちょっと小さい様に思います。ただ、バンパーを使用すれば気にはならないでしょう。

結局どっちがよかった?

エレコムQULLOOの2枚を使用してみた印象としてはこうです。

選び方のポイント
  • お金に余裕があるなら断然エレコム!
  • 見た目を気にしないならQULLOO!

やっぱりエレコムのガラスフィルムは値段が高い分、見た目の印象が凄く良いです。防指紋で汚れが目立たなかったのもよかったです。

ただ、1枚2千円以上もしますからね。1,2ヶ月で埃が気になりだしたからといって何度も買い替えるのは厳しいですよね。

それに対してQULLOOの方は激安なので見た目をあまり気にしないならこっちが良いですよ。

shunP

お財布と相談して決めよう!

前面強化ガラスフィルム

前面のガラスフィルムは特に注意点はありません。出来るだけ安いガラスフィルムを選んでおけばOKです。

前面ガラスフィルムは安くてOK

前面に貼るガラスフィルムは少しの傷や落とした際に少し欠けたりすると、画面を見るたびに気になってしまうと思います。

なので、出来るだけ安価なガラスフィルムにして定期的に貼り替えて使用していく方法がshunP的にはおすすめです。

shunP

ぶっちゃけ1枚千円以上するガラスは買う必要ないです。
MEMO
マット仕上げ(さらさら)覗き見防止ブルーライトカットなどの付加価値を求めるなら千円以上してもOKです。

【ZENO】前面ガラス(2枚入り) 参考価格:¥378

このガラスフィルムなんかは2枚で¥400もしない驚異の安さです。

また、最近ではダイソーなんかの100均でもいい感じのガラスフィルムが置いてあるのでそれでもOKです!

あわせて読みたい

【知ってた?】ダイソーのガラスフィルムが意外と使えるってこと!

【KlearLook】180°覗き見防止 参考価格:¥1,380

こちらはshunPのこだわりでもある覗き見防止のガラスフィルムになります。

shunP

左右180°の覗き見防止ガラスフィルムです。

KlearLookのガラスフィルムをレビュー


ガラスフィルムのパッケージはこんな感じです。


中身はガラスフィルムと埃取りシート、貼り付けガイドです。


貼り付けガイドはiPhoneに装着することでガラスフィルムをドンピシャの位置にアシストしてくれます。

【ロボロビン】360°覗き見防止 参考価格:¥2,080

shunP

こっちは360°の覗き見防止です!

ロボロビンのガラスフィルムをレビュー


ガラスフィルムのパッケージはこんな感じです。

中身はガラスフィルムと埃取りシート、貼り付けガイドです。

そして覗き見防止効果ですが、まず左右からの覗き見防止はバッチリですね!

そして、上下からの覗き見防止もバッチリです!

覗き見防止はバッチリだが…。

360°の覗き見防止効果は凄く良かったのですが、ここでちょっと気になる点について補足しておきます。

通常のガラスフィルムと比較すると画面が少し暗くなってしまいます

1ヶほど使ってみた感じはやっぱりちょっと暗いな…と感じる事が多く、しょっちゅう光量レベルを調整しないといけないので少し面倒になります。

shunP

まぁ少し暗くなるけど360°ガードはやっぱ良いね!

あわせて読みたい

iPhoneの覗き見防止ガラスフィルムおすすめはこれ!【レビューあり】

バンパーフレーム

最後はバンパーフレームです。最近ではバンパーといってもケースタイプのモノが多いですが、本当にバンパーのみのモノを選びましょう

shunP

shunPのオススメはESRのバンパーです!

【ESR】バンパーフレーム 参考価格:¥1,399

ワンポイント
  • ESRは高品質で信頼できるケースブランドです。
  • フレーム四隅の凸によってカメラの干渉をガード。
  • カラーはグレーゴールドシルバーダークグリーンの4色。

ESRのバンパーフレームをレビュー

ESRのバンパーフレームはiPhoneXの時も使用しており、とても良かったので今回もリピートしてみた感じです。


パッケージはこんな感じです。

そして、バンパーのサイズをiPhoneXと比較してみました。ほぼ同じサイズですね。

ただ、バンパーの表面処理がiPhoneXのモノとは違っていました。

11Pro用は背面のすりガラスに合わせたのか、つや消しのマット仕上げになっていました。

こういう細かいところまで気を遣っているのはESRの良いところでもありますね。

まとめ

装着後にiPhoneX11Pro並べてみました。どっちがどっちなのか背面を見ないと分からないですね。

shunP

これがiPhone裸族化計画の全てです!
やっぱりネーミングセンスが壊滅的にダサいくまね。

くまさん

シンプルにそして完璧にiPhoneを守る!

ネーミングセンスは置いといて、この『前面&背面ガラス+バンパー』の組合せはいかがでしたか?

ESRのバンパーフレームにはカラーが4色あります。ブラックのiPhoneにゴールドのバンパーなんて組合せもカッコいいですよね。

shunP

自分の好きなカラーでiPhoneをデザインしよう!

今回の記事を参考にしてみなさんも是非iPhone疑似裸族化やってみてくれると嬉しいです。それでは今回はこの辺で!

以上、『iPhone11Pro疑似裸族化計画』でした。

今回紹介したモノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です