タピオカの原料は根っこ?栄養成分から白黒の違いまで詳しく解説!

最近ショッピングモールなどでよく見かけますよね。女性に特に人気のタピオカドリンク。

店頭で販売されているタピオカドリンクはブラックタピオカを使用している事が多いですが、タピオカにはパールタピオカって言う白いタピオカもあるんです。

へ~初耳くまぁ!
でも、この白と黒の違いって一体なにくまぁ?

くまさん

shunP

くまさんのその疑問、shunPが教えます!

と言う訳で今回は、タピオカってそもそも何?ってところから購入方法、栄養素、カロリー、おいしいタピオカの作り方なんかを紹介していきますね。

最後までお付き合い頂ければ嬉しく思います(`・ω・´)ゞ

タピオカとは

shunP

ではまず、あの独特な触感が特徴のタピオカだけど一体何で出来ていると思う?
う~ん。グミみたいだから…ゴムくまかぁ!?

くまさん

shunP

ごっ…ゴムって(汗)んな訳ないでしょ!!
違ったくまかぁ…。

くまさん

タピオカの原料

タピオカの正体は実はキャッサバという植物の根っこなんです。


※キャッサバ画像:ウィキペディアより引用

このキャッサバをこねこねして糊みたくペースト状にして丸めて乾燥させたものをタピオカパールと言います。

なのでこの時点ではまだ白いです。

このタピオカパールを水で戻して加熱するとゼリー状の触感が生まれます。

購入方法

そしてこのタピオカパールがお店で売られている状態のタピオカとなります。私がよく購入するお店は『カルディ コーヒー』です。

イオンなどのショッピングモールや駅のデパートなんかによくありますよね。

店頭ではコーヒーを配ってくれているところもありますよね。私もよく貰います(^^♪

こんな感じでホワイト&ブラックタピオカが売っています。ストローも一緒に購入できますよ。

ネット購入が特にオススメ!

お店に行くのが面倒だって方はAmazon楽天市場でも勿論購入できます。ネットの方が業務用サイズ(1kg)も売っているのでそちらを購入した方がかなり割安です。

お店で購入すると100gで300~400円なのに対して、Amazonだと1㎏で1,800~2,000円くらいです。半額くらいで買えますよ。

ブラックタピオカ

参考価格:1,809円(税込)

パールタピオカ

参考価格:3,530円(税込)

タピオカの色の違い

そして、冒頭でもくまさんが疑問に思っていたこのタピオカの色、白と黒ってなんの違いなの?ってところですよね。

この色の違いは着色しているかどうかの違いです。ただそれだけです。

原料はどちらもキャッサバですし、栄養素や触感なんかも特に違いはありません

ブラックタピオカの場合はキャッサバをペースト状にした時にカラメルなどで黒く色づけしているだけに過ぎないのです。

なのでこんな感じでカラフルなタピオカも売っています。

ミックス

参考価格:748円(税込)

ピンク

参考価格:454円(税込)

ブルー

参考価格:441円(税込)

イエロー

参考価格:454円(税込)

栄養素とカロリー

そして次にタピオカの主な栄養成分です。

  • 炭水化物
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • リン

 

期待できる効果

足のむくみ解消イライラ解消血圧の調整血糖値の抑制
また、タピオカはほぼでんぷんの塊なのですが、通常のでんぷんとは異なり『難消化性再結晶アミロース』と呼ばれる成分が含まれています。
これによって便秘解消なんかも期待できます。

そして女性なら一番気になるカロリーについてです。意外と高カロリーという情報を目にしますが私はそうは思いません。

タピオカとごはんの比較
  • タピオカは100gで351カロリー
  • ごはん(白米)は100gで168カロリー
実にご飯の2倍もある!やばい!!

なんて思うかもしれませんが、そもそもタピオカをいっぺんに100gも食べれませんから(笑)

せいぜい10gが一般的でしょう。この場合のカロリーは35カロリーです。

女性の1日の平均基礎代謝は1200カロリーでなので、ちょっと一息に飲むくらいなら全然気にしなくていいです。

注意
勿論ダイエット中とかなら話は別です。しっかりとカロリー管理を行いましょう!

タピオカのドリンクの作り方

それでは実際にタピオカドリンクを作ってみましょう。

今回使用するのはパールタピオカ(白色)です。

まず、タピオカを水で戻します。

適当な容器に水を入れてそこにタピオカを適量入れましょう。30粒程度で良いと思います。

投入直後はこんな感じで浮かんでいるタピオカがちらほらあります。

このまま8~12時間くらい放置します。私は忘れて丸一日(24時間)放置したこともありましたが、なんも問題なかったです。

するとこんな感じで全部沈みます。水分を含んで一回り大きくなっているのがわかると思います。

このくらいになれば加熱していきます。

お鍋に新しい水とタピオカを入れて沸騰させます。

沸騰して3分くらい放置すれば完成です。

時間は目安なので、お好みで硬さを調整してくださいね。

冷たい水でキュっと〆ましょう。

水からあげるとプルっとしているのが分かると思います。

そしてお好みのドリンクを入れてあげればおいしいタピオカドリンクの完成ですヾ(≧▽≦)ノ

ブラックタピオカで作るとこんな感じ

パールタピオカと比べるとはっきりとタピオカだと分かりますね。

ブラックタピオカで作る場合も方法は同じですが、水で戻している時に着色成分が染み出てきて水が茶色く濁ります

見栄え的にはうわぁってなります(笑)

まぁ味に関しては違いはないので好きな方を選びましょう!私は見た目的にパールタピオカの方がキレイなのでそちらをオススメします(^^♪

水で戻さなくても

因みにタピオカを水に入れて置くのを忘れた!今すぐ飲みたいのに!って時には乾燥したままのタピオカをいきなり加熱してOKです。

ただし、柔らかくなるまでにかなり時間がかかります。30分くらいはグツグツ煮ないといけないです。

そうなるとガス代が勿体ないので、出来るだけ水で戻しておきましょうね(^_^;)

まとめ

いつも何気なく飲んでいるタピオカドリンクですが、その正体について分かって頂けたでしょうか?

今まではスーパーでタピオカドリンクを購入していたのですが、1本150円くらいしますよね。

自分で作ればタピオカ10gで17円、ドリンク300mlで30円と考えれば50円弱になります。

作り方も水で戻して煮るだけとかなり簡単なので皆さんも是非試してみてくださいね。

冷凍保存もOK

また、私は1回毎に作っていますが、いっぺんに100gを煮て冷凍保存する方法もあります。

この場合はジッブロックに1回毎のタピオカを空気が入らないように小分けして、冷凍します。

そして、飲みたいときに冷凍してあるタピオカドリンクをサッとひと煮立ちさせればOKです。

若干触感が落ちるっていう意見もあるので、やってみようと思う方はそこには注意してくださいね(^_^;)

以上、『タピオカについてのまとめ&おいしいドリンクの作り方』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です