【プラレール収納BOX】子供1人でお片付けOK!100均グッズで簡単DIY!

小さい子供に絶大な人気を誇るプラレール。

shunP

うちの子も超大好きで毎日遊んでいます。

でも、このプラレールですが、親にとっては厄介なおもちゃでもあります。

そうお片付けが大変なんです(´・ω・`)

プラレールって3両で1セットなんですが、これがまぁ散らかる散らかる。1両1両が切り離せるから余計に散らかって、数が増えれば増える程、お片付けもそれに比例して大変になります。

我が家の場合、おばあちゃんが息子に会うたびに毎度プラレールを買ってくれて、今では30セット近くプラレールが増殖しています…(´・ω・`)

そして、最近までは大きなおもちゃ箱に全部まとめて「ばーん!!」と収納してました。

でもそうすると、次に使う時に子供がお目当てのプラレールを探すのが大変で

がちゃん!ばきゃん!ガザガザガサー!!

とかなりうるさいです。しかも、なかなか見つからないし(*_*;

shunP

と言うことで、今回は『プラレールの収納を100均グッズで手作りしてみた』ので紹介したいと思います。

100均で買ったもの

今回は使うのはこちらです。ボックスはダイソーで、仕切り板はSeria(セリア)で買ってきました。

そしてこのボックスなんですが、まぁプラレールの収納にピッタリサイズなのです。

しかも、ダイソーだからと侮ることなかれ、意外としっかりした作りとなっており結構頑丈なのです。

shunP

ただしこちらのボックス、ダイソーの品ですが値段は300円します。百均とは…?(笑)

そして仕切り板ですが、こちらは2枚入りで100円です。ボックス1個に対して2セット使います。

ボックス仕切り板(2セット)合計500円かかりますが、これで20両のプラレールがきっちり収納できる様になります(^^♪

作り方とポイント

作り方と言っても超簡単です。ボックスにプラレールが収まるように仕切っていくだけなので(^_^;)

注意
ただ、ひとつだけ注意が必要な事があります。
それは、ボックスぎりぎりまで仕切り板を入れないことです。

こちらが完成した収納ボックスなのですが、仕切り板が結構スカスカです。

これには訳があって、ぎりぎりまで仕切ってしまうとプラレールの逃げがなくなり、ボックスに入らなくなってしまうのです。

shunP

私が初めて作った時、きっちり端から端まで仕切ってしまってプラレールが入らなくなり、仕切り板を少し無駄にしてしまいました。

試行錯誤の上、完成したのが先程のボックスとなります。スカスカでもプラレールはしっかり引っかかるので、意外と倒れませんし、逃げもあるのでこの形がベストでした。

仕切りの間隔は

となるように区切ります。端の仕切りは②でも③でもOKです。

収納してみたらこんな感じになります。横ではなく縦に収納するのでポイっと入れるだけで簡単です。

shunP

うちの3歳の子でも簡単にお片付け出来ましたよ。

取り出しもスッと取り出せますし、車両も簡単に見つける事が出来るので超オススメです!

仕切り板は必須

因みに仕切り板がなくてもプラレールはきっちり20両収納できます。

しかし、プラレールを2両取り出し…

更に3つ取り出してみると…

プラレールが倒れこんできてぐちゃぐちゃになります(´・ω・`)

shunP

こうなってしまうと、片手で倒れこむ車両抑えつつプラレールを入れないといけないのですが、これが意外と面倒です。

無理にプラレール起こそうとすると、干渉し合っているので変な動きをして余計にぐちゃぐちゃになってしまうからです。

これでは小さい子供ではきちんと片づけるのはちょっと無理ですね。大人でもイラっとしますもん。

なので、仕切り板はやっぱり必要です。

この様にプラレールを抜いても崩れないので、子供でもサクッとお片付けできます。

ただしこの赤枠の範囲。ここは仕切りを入れるとプラレールがかなりきつくなってしまうので、敢えて仕切りを入れてないのですが、多少崩れてしまいます。

shunP

ですが、使ってみた感じではそんなに気になりませんでしたよ。

仕切りが折れやすい

ここまで紹介してきてなんですが、この仕切りかなーりナイーブです(笑)

長さを調整するために簡単にパキっと折れる仕組みになっているんですが、ちょっと緩すぎる感が否めません(^_^;)

作ってものの数分で子供が壊してしまいましたからね。ただこれは試行錯誤する前のきっちり仕切りを入れた状態のものです。

ある程度の逃げを持たせてやらないと直ぐに折れてしまうので注意してください。

今のところこの仕切りで何とか持ちこたえてますが、ちょっと頼りない気もします(^_^;)

もう少し丈夫な仕切りを探しているので、あったらまた情報を追記しますね。

2017/8/11追記

上記の仕切りは1週間足らずで3歳の息子に木端微塵にバキバキと折られてしまいました(´・ω・`)

という訳でより丈夫な仕切りをダイソーで見つけてきました。こちらです。

Seria(セリア)で購入したものは長さが10cmでしたが、使ってみた感じそんなに長さは要らないなと思ったので、10cm→6cmにしました。

また、ダイソーで再購入したこの商品、どちらも似たような商品ですが強度が違いました。

上記の様に一見同じように見えますが…

透明の方は手ではどう頑張っても折れず、はさみを使わないと切断できませんでした。

shunP

これなら、子供にいたずらされても大丈夫そうです。

因みに、白い方も結構力を入れないと折れなかったので大丈夫っちゃ大丈夫かもしれません。

ただ、私の場合は直ぐにいたずらされそうだったので強固な透明の方を採用しました。

そして、完成したものがこちらです。せっかく買ったので透明VER.白VER.両方作りました。

こちらが透明の方で、

こちらが白い方です。

shunP

画像ではちょっと分かりづらいですが、白ver.の方がよれたり、曲がったりせずにピシッと仕切れます。

どちらのタイプでもプラレールを問題なく収納できました。

ただ、透明の方がプラレールを入れる際、柔軟なため逃げができるので、良いのかなぁと思いました。まぁここは好みの問題ですね。

ダイソーに行ってみて、あった方を買えばいいと思います。どちらもあるなら私は透明の方をオススメしておきます(^_^;)

そして収納していて思ったのが、仕切りの引っかかりは最小数です。下記の画像の様に中間の仕切りは②でもプラレールを収納しても引っかかってくれるので、倒れてきません。

shunP

仕切り板を節約して使いたい場合はこのパターンでもOKと言えます。
ただ、ちょっと見栄えが悪いのでオススメはしません。

見栄えなんてどーでも良くて、仕切りを有効活用したい!って方はこちらのパターンを試してみてください。

注意
それと、ここでひとつだけ注意点です
先頭車(モータのスイッチ付き車両)を収納する時は頭から収納しましょう。

見栄え的には頭(先端)を上にした方が良いのですが、そうすると収納する際、ちょうどモーターONのスイッチが仕切り板に干渉して、プラレールが走り出してしまうのです(^_^;)

shunP

収納する際は頭(先端)からズボッと収納しちゃってください!

貨車はバケツに収納

プラレールは以上の方法で5×4=20両も収納することができました。

ちなみに金太郎や桃太郎、レッドサンダーなどについてくる貨物を載せる車両?は薄っぺらいのでこの方法でも収納できますが、なんだかスペースが勿体ない気がします。

shunP

なので、この貨物用の車両は今のところ我が家ではプラレール博で買ったバケツにポイっと入れています。

タンクなんかも入れてますが、そんなに大きくないのですし丁度いい感じです。

プラレールの車両と違って子供がお目当ての車両を探すこともないですしね。貨物用の車両はこれで十分ではないでしょうか?

2017/8/11追記

ボックスを買い足したので、貨物用の収納スペースができたのでそちらについても紹介しておきます。

貨物を載せる用の薄っぺらい車両は通常のプラレール1車両のスペースに対して2両がちょうど入りました。

また、タンクや金太郎貨車セットについてきた小さい貨物車両は1車両として普通に収納できました。

しかし!残念ながら我が家の場合、これでも収納しきれなかったので、貨物と一緒にバケツにポイしてあります。

分かりづらいですが、薄っぺらいやつがバケツの底に5,6両程埋もれています(^_^;)

まとめ

プラレールって子供と遊んでいて思うんですけど、大人でも結構楽しめちゃいますよね。

shunP

子供のためにレールのレイアウトを組んでいたら、いつの間にか夢中になってしまって嫁に怒られることが多々あります。私だけでしょうか?

そんな大人も子供も楽しめるプラレールですが、ついつい子供に買い与えすぎて収納に困っている方はこの方法で是非プラレールをスッキリ収納してみては如何でしょうか?

意外とキッチリしまえますし、取り出しやすさもGoodなのでかなりオススメですよ(^^♪

以上、『100均グッズで作る、プラレール20両を収納出来るBOXの作り方』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です