【キックバイク】ブレーキは飾り!?安いのと高いの買って比較してみた

キックバイクの選び方

子供に買ってあげたいホビーグッズの中でも、特に人気があるのがキックバイクです。

shunP

shunPもチビが3歳になる誕生日のプレゼントとして買ってあげました。

キックバイクとは

色々な呼び方がある
  • ペダルなし自転車
  • バランスバイク
  • トレーニングバイク
  • ストライダー

爆発的に大ヒットしたストライダーの影響でいろいろなメーカーから類似品が発売されています。

なので、種類がありすぎて一体どれを買えばいいのか?とけっこう迷ってる方多いと思います。

種類がとにかく豊富!

shunPはちょうどトイザらスでセールをしていて安いモノを買いました。(もうすぐ自転車になるから取り敢えず安いので様子見するかな的な感じで)

ですが、公園や広場なんかのちょっとした坂でも結構なスピードが出てしまうので、ブレーキ付きタイプも買ってみました。

shunP

という事で今回はその比較を簡単にまとめてみたいと思います。

ブレーキなしのキックバイク『AVIGO』(トイザらス限定)のレビュー

AVIGOのキックバイク

まずは最初に紹介するのはブレーキのないキックバイクです。

こちらはトイザらス限定の商品で公式オンラインショップでは4,999円(税抜)で販売されていました。

shunPが買ったときはこどもの日のセールをやっていて半額の2,500円(税抜)で買いました。

shunP

ちなみにオンラインショップではなく店舗での購入です。

作りは少しチープな感じ

自転車は良いのを買うからとそれまでの繋ぎとして購入したのですが、安さ通りの作りって感じが否めませんね。

タイヤも樹脂製でホイール?も樹脂製です。

ただ、そのおかげでかなり軽いのでママでも軽く持ち上げられるのがグッドポイントです。

予想外に丈夫だった!?

こんなの直ぐにダメになるでしょ!?

とか思ってあまり期待していなかったのですが、予想に反して丈夫です。

現在(上の子と下の子で)3年くらい乗り回していますが、壊れることなく普通に使えてます。

なのでコスパとしては最高の商品だと思います!

MEMO
定価(オンラインショップ)で買うのは勿体ないかも…。是非とも店舗に足を運んでセールしてないかチェックしてみて下さい。

shunPの評価は星4つ★★★★☆

shunP

チープな作りの割に丈夫なので星4つ(★★★★☆)!壊れてしまっても安いしOK!

AVIGOのキックバイク

ブレーキ付きのキックバイク『HUMMER(ハマー)』のレビュー

ハマーのキックバイク

そして、ブレーキ付きのモノがこちら。『HUMMER(ハマー)』11,075円(税込)

先ほどのモノと比べると実に4倍以上の価格となります(笑)

shunP

でも、めちゃくちゃカッコイイ!

デザインがカッコイイ

ハマーのキックバイク

車のHUMMERと言えば新車だと1000万円くらいする高級アメ車でお馴染みですよね。

shunPにはとても手が出せません…(^_^;)

ちょっとした組み立てが必要

ハマーのキックバイク

購入するとこんな感じでバラで配送されてきます。

ただ、組み立てはそんなに難しくないです、ハンドルを取り付けるだけなので。

タイヤが自転車と同様のゴム製タイプ

それと、タイヤはゴム製なので自転車同様に空気入れで入れてやります。

パンクしてもタイヤは別売りしているので安心してください。

フレームが壊れなければ長く使用できます。

ワンポイント
スポークも樹脂ではなく自転車同様に金属です。

サドルにはハマーのプリントあり

ハマーのキックバイク

サドル部にはHUMMERがプリントされています。

ハンドル部にはオシャレなカバー

ハマーのキックバイク

おしゃれなカバーがついていますが、取れやすいのが残念です。

また、マジックテープ自体の縫い付けも甘く、直ぐにほつれてしまって使い物になりませんでした(笑)

shunP

まぁ別に要らないけど、値段が値段なのでちょっと改善してほしいですね。

車体はけっこう重い

重さは『AVIGO』よりは少し重いです。

軽々とはいきませんが、ママでも十分持ち上げられるので問題ないとは思います。

ブレーキ性能はイマイチ…

そして、気になるブレーキですが

ぶっちゃけあまり使い物になりませんでした。

子供の握力ではブレーキが効かない

と言うのも、3歳の子供ではそもそも握力が弱いので止まり切れません

私たちが自転車で急ブレーキしてキュッと止まるようにはいきません。

注意
もちろん無いよりはマシなのですがその程度です。

タイヤのリムとこすってキーキーなる

また、このブレーキはタイヤのリム(タイヤの黄色くなっているところ)を挟むことでブレーキをかけます。

その作りが若干甘く、調整しないと常にこすってキーキー鳴ります。

上手い具合に調整すれば音は抑えられるのですが、折角のリムの塗装が黒く汚れてしまいました。

ブレーキの練習になる

ただ、危ないと思ったら握る!といった自転車に乗るまでの練習にもなるかと。

あっても損はないとだけ補足しておきますね。

shunPの評価は星4つ★★★★☆

ハマーのキックバイク

shunP

総評価としては、こちらも星4つ(★★★★☆)と言ったところでしょうか。

肝心のブレーキ性能がいまいちですが、なんといってもオシャレでカッコイイ!

タイヤも自転車同様の作りなのがGoodでした!

おすすめのキックバイクはストライダー!

ストライダー

値段はハマーくらい良い値段しますが、子供が使うものなので安全で安心なものがいいと思います。

shunP

種類やカラーも豊富だし、何より子供目線で設計されているのが一番のポイントですね!

ストライダー スタンダードタイプ(ブレーキ無し) 参考価格:¥11,990

ワンポイント
  • 対象年齢:1才半〜5才くらい
  • 体重制限:27kgまで
  • クラシックモデルのシートは軽いプラスチック素材を採用
  • 発売当時から変わらないシンプルで飽きがこないデザイン
  • クラシックモデルのシートは軽いプラスチック素材を採用
  • 安心の2年間の保証付き

ストライダー 14x(ブレーキ付き) 参考価格:¥26,950

ワンポイント
  • 対象年齢:3歳半~7歳くらい
  • 体重制限:36kgまで
  • 14インチホイールと着脱式ペダルユニットを搭載した全く新しいストライダー
  • 通常のストライダーよりもひと回り大きいサイズです
  • シートはクッション性のある軟質樹脂素材(防水素材)
  • こちらも安心の2年間の保証付き

まとめ

キックバイクを選ぶポイント
  • コスパ重視かデザイン(ブランド)どちらを重視するか
  • 安全性については親が目を離さず必ず付き添うしかない
なので、shunPのように自転車までの繋ぎとして考えるのであれば、安いものでも全然OKと思います。

ブレーキなんてあってないようなものです。

いざとなれば足でザザッザッーと止まりますからね。

ちなみにうちの子は…

高価なHUMMERに全く乗ってくれません(笑)

なぜかAVIGOが気に入ったようでHUMMERは1回しか乗ってくれてない…( ;∀;)

まぁ、下の娘(現在1歳)に使ってもらえばいっかな、なんて思っていますがパパはちょっぴりショックを受けています…。

届いた日はこんなにうれしそうだったのに…( ・´ー・`)

ハマーのキックバイク

子供なんてこんなもんです…。

それでは今回はこの辺で。

以上、『キックバイクの安いのと高いの比較』でした。

おすすめキックバイク

あわせて読みたい

ままごとキッチンのおすすめ紹介 【人気5選】おままごとキッチンは「木製」を買って正解だった! 子供用トランポリンの選び方と効果 【購入レビュー有】子供用トランポリンで後悔したくないならこれを買え!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です