【完全ガイド】軽井沢おもちゃ王国の魅力を写真いっぱいに超まとめ!

軽井沢へ旅行へ行った際に『おもちゃの王国』へ行って参りました。

事前調べもせずに場所も急遽スマホで調べて行ったくらいにいきなりだったのですが…

超楽しめるスポットだと判明しました!

shunP

1歳と3歳の子供を連れて行ったのですが
めちゃくちゃ楽しんでくれましたよ!

と言う訳で今回は『軽井沢おもちゃ王国』について写真いっぱいにレポートしてみたいと思います。

これから行こうと考えの方には是非参考にして貰えればと思います。

それではどうぞ!

目次

アクセスは車がメイン

まず最初に場所の確認です。

軽井沢おもちゃ王国へのアクセス情報
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
TEL:0279-86-3515

  • 上信越道『碓氷軽井沢IC』から約60分
  • 『上田菅平IC』から約50分
  • 電車の場合はJR軽井沢駅から送迎バスあり(要予約 有料)

マップで見ても分かる通りほぼ山に囲まれた場所に位置しております。

shunP

shunPも車で行ったけどずーと山道でしたね。
ってか軽井沢じゃなくて群馬なのかよっ!(驚)

入園券とフリーパス

軽井沢おもちゃ王国へ無事にたどり着いたら早速入園しましょう!

shunP

入園券とフリーパスの値段はこちら。
因みに駐車場はタダで停められたよ。

補足情報
  • 0歳と1歳は入園無料です
  • 再入場もチケットを見せれば何度でも可能

乗り物を4つ以上利用するならフリーパスがお得!

軽井沢おもちゃ王国にはいわゆるアトラクション的なモノが多数あります。

これについては後程じっくり紹介しますが、要するにアトラクションに乗る際に別途お金が掛かるんですよね。

shunP

アトラクション毎の料金はこんな感じです。
乗り物の料金表

注意
  • 渓流釣り:1,400円
  • 大迷宮アスレチック城:500円
  • バッテリーカー:100~200円

これら3つのアトラクションはフリーパスの対象外です。

ちょっと見にくいかもしれませんが、概ね300円~700円の価格帯となっています。

フリーパスと通常の入園券の差額が約2,000円なので、平均して4個以上乗るのであればフリーパスを買っておいた方がお得です。

ただ、園内の施設だけでも満足いくまで遊べると思うのでアトラクションは1つ2つ乗れば十分とも思います。

shunP

フリーパスは入園してからでも買えるから取り敢えず入園券だけ買うのがオススメです!

園内の様子をザックリ紹介!

公式サイトより引用

軽井沢おもちゃ王国の広さは実に東京ドーム1個分以上なんだとか!

shunP

小さい子供を連れて歩くにはちょうどいい広さかなって感じました。

それでは園内の様子をザックリ紹介していきたいと思います。

 

お土産ショップを抜けて園内へ

まず入園するといきなりですが、お土産ショップがあります。

shunP

そこを抜けて園内へ入っていきます。

お土産ショップにはおもちゃやお菓子なんかが置いてあります。

まぁ定番なお土産ショップってかんじです。

軽井沢おもちゃ王国限定トミカ

こちらは軽井沢おもちゃ王国限定のトミカになります。

車種はトヨタのアクアで車体におもちゃ王国のキャラクターなんかがプリントされています。

うちの子はトミカ大好きなので買おうかなと思いましたが値段がちょっと高いかなぁ…。

shunP

普通のトミカの倍の値段なので結局この時はスルーしました。

NHK-Character SHOP

またショップ内にはNHKのキャラクターショップがあります。

shunP

ガラピコぷ~ワンワンなどのグッズがいっぱい置いてありましたよ。

王国キャラクターがお出迎え!

お土産ショップを抜けて園内へ入るとまず初めに撮影スポットがあります。

おもちゃ王国のキャラクターがお花畑からお出迎えしてくれています。

shunP

ここで記念の写真を撮るのがオススメです。

縁日の出店なんかもあり

入り口から少し歩くと縁日の出店がありました。

くじやスーパーボールすくいなんて遊びが出来る様です。

shunP

まぁわざわざここですることもないかなぁって感じですが…。

園内にはちょっとしたキッズ広場もある

園内には公園の様な遊具があって自由に遊ぶことができます。

shunP

外で体を動かすのも良いかも!

ランチや休憩に!軽食コーナーのご紹介

園内にはちょっと一息つきたい時やランチに立ち寄れる軽食コーナーが併設されています。

shunP

持ち寄ったお弁当を食べても問題ないと思いますよ。

メニューは子供から大人まで満足できる品揃え

メニューにはお子様プレートがあるのは勿論の事、ロコモコ丼やタコライスなんて言うオシャンティーなメニューもあります!

また、ラーメンや焼きそばたこ焼きといった屋台メニューも充実しております。

shunP

ちなみにビールもあるみたい!
お父さんにとっては嬉しい限りですね!

席数もいっぱいあるので安心!

かなりの席数が用意されているので、お昼時でも十分に席を確保できると思います。

shunP

屋内と屋外の両方スペースが用意されているのもGOOD!
注意
但し、連休などのシーズンだとこれでもいっぱいになることが予想されます。余裕をもった行動で席を確保してくださいね。

11のパビリオンをザックリ紹介!

そして肝心の園内のパビリオン(室内施設)についてです。

パビリオンはどれでも自由に出入りOKで遊ぶことができます。

shunP

それでは全てのパビリオンをひとつずつ紹介していきます。

①トミカ・プラレールランド

まずは男の子ならみんな大好きトミカ・プラレールランドです。

室内にはかなりの数のトミカとプラレールが用意されています。

shunP

なので取り合いになったりすることもないかなぁって思います。

②アクションゲームワールド

こちらは野球盤などのボードゲームがいっぱい置いてあります。

パパママも一緒に遊べるので昔を思い出して遊んじゃいましょう!(笑)

shunP

ただ、小さいお子さんにはちょっと難しいかもしれませんね。

③ダイヤブロックワールド

こちらはアクションゲームワールドと併設されているLEGOブロック遊びが出来るパビリオンですね。

shunP

数はいっぱいあるのでなんでも作る事が出来ますよ。

④ままごとハウス

こちらはメルちゃんと一緒におままごとが出来るパビリオンです。小さい子供っておままごと大好きですよね。

shunP

女の子だけでなくもちろん男の子だって遊べますよ!

⑤ピノチオ館

ピノチオ館はままごとハウスと一緒のお部屋で隣同士です。

中にはアンパンマンのおもちゃがいっぱい置いてあります。

shunP

ココも同じおもちゃがいっぱいあるから、取りに合いにならなくて助かりました。

⑥リカちゃんハウス

先ほどのおままごとハウスはメルちゃんでしたがこちらはリカちゃんと遊ぶことが出来るパビリオンです。

かわいいリカちゃん人形の展示などもしてあって眺めるだけでも楽しめますね。

shunP

女の子なら夢中になる事間違いなし!
ただ男の子にはちょっと向いていないかな…。

⑦こえだちゃんと木のおうち

こちらもリカちゃんハウスと隣同士のパビリオンです。

こえだちゃんと木のおうちセットで遊ぶことができます。

shunP

リカちゃんハウス同様に女の子向けのパビリオンですね。

⑧シルバニアファミリー館


こちらも女の子向けのパビリオンですね。

シルバニアファミリーで遊ぶことができます。

shunP

展示もあるので見て楽しむことも出来るよ!

⑨まなびのハウス


こちらはまなびのハウスと言うことで文字通り『学び』のパビリオンです。

お絵描きや手先と頭を使う知育玩具を中心におもちゃが用意されています。

shunP

楽しく遊びながら脳を鍛えよう!

⑪木のおもちゃ館

こちらは木製のおもちゃがいっぱい用意されているパビリオンです。

shunP

木のおもちゃって柔らかみがあって良いですよね~。

木製ボールのプールなんてモノもあるので小さいお子さんならダイブする事間違いなし!

⑪おもちゃの城

こちらはおもちゃを自分の手で作ることが出来るホビー工房となっています。

自分だけのオリジナルおもちゃを作れば記念にもなってかなり良さそうです!

shunP

しかし、shunPが行った時はお休みしていたみたいで入れなかったのが残念…。

しょうがないので公式サイトから中の様子を引用させてもらいますね。

shunP

以上が園内にある11のパビリオンの全貌でした!

14のアトラクションをザックリ紹介!

そしてお次は園内アトラクションについてです!

軽井沢おもちゃ王国には実に14ものアトラクションがあります。

shunP

パビリオン同様に全てのアトラクションをひとつずつ紹介していきますね。

①大観覧車パノラマゴンドラ/0歳~

園内にいるとどこらからで大きな観覧車が見えます。

この観覧車の透明となっているゴンドラがパノラマゴンドラです。

(写真は公式サイトからの引用です。)

通常の観覧車の料金より100円増しですが、軽井沢の自然を一望できる様です。

補足情報
  • 料金:700円
  • 制限:6歳以上は1人で利用可
  • 5歳以下は15歳以上の付き添い(有料)が必要

②大観覧車/0歳~

透明なゴンドラじゃない通常のゴンドラに乗る場合です。

補足情報
  • 料金:600円
  • 制限:6歳以上は1人で利用可
  • 5歳以下は15歳以上の付き添い(有料)が必要

③ゴーカート/2歳~

園内を爽快に走り回る事ができるのがゴーカートの魅力ですよね。

shunP

パパと一緒にレッツドライビング!

補足情報
  • 料金:500円(1人乗り)or600円(2人乗り)
  • 制限:中学生以上は1人で利用可
  • 0,1歳は付き添いがあっても利用不可。
    また、小学生以下は保護者の方が運転する事

④ドラゴンコースター/2歳~

ちょっぴりレトロなドラゴンがモチーフのジェットコースターですね。

shunP

小さいお子さんなら十分楽しめると思いますが、小学校の高学年くらいにはちょっと物足りないかも。

 

補足情報
  • 料金:500円
  • 制限:身長110cm以上は1人で利用可
  • 0,1歳は付き添いがあっても利用不可。
    また、2歳以上で身長110cm未満は15歳以上の付き添い(有料)が必要。

⑤リンドバーグ/2歳~

こちらの飛行機に乗ってスピード感満載な空の旅を体験できるアトラクションです。

shunP

足が宙ぶらりんになるのがちょっとしたポイント!

 

補足情報
  • 料金:500円
  • 制限:身長110cm以上は1人で利用可
  • 0,1歳は付き添いがあっても利用不可。
    また、2歳以上で身長110cm未満は15歳以上の付き添い(有料)が必要。

⑥空中自転車/2歳~

こちらは園内を空中散歩できるアトラクションです。

ちなみにうちの子はビビりなので乗るのを断固拒否していました(笑)

shunP

結構高さがあるので小さい子にはちょっと怖いかな…?

 

補足情報
  • 料金:500円
  • 制限:身長130cm以上は1人で利用可
  • 0,1歳は付き添いがあっても利用不可。
    また、身長130cm以上でもペダルに足が届かない場合は15歳以上の付き添い(有料)が必要。

⑦メリーゴーランド/0歳~

いたって普通のメリーゴーランドです。

shunP

これは流石にどんな子でも楽しく乗れると思います!

 

補足情報
  • 料金:400円
  • 制限:3歳以上は1人で利用可
  • 2歳以下の場合は15歳以上の付き添い(有料)が必要。

⑧チビッコ宝島/1歳~

丸太のいかだを模した乗り物に揺られてぐるぐる回るアトラクションです。

要はティーカップみたいなアトラクションです。

こちらも小さい子供でも楽しめるアトラクションだと思います!

 

補足情報
  • 料金:400円
  • 制限:6歳以上は1人で利用可
  • 0歳は付き添いがあっても利用不可。
    また、5歳以下は15歳以上の付き添い(有料)が必要。

⑨チューチュートレイン/0歳~

歌のタイトルのようなこのアトラクション。

園内の大自然を可愛い汽車にのって楽しむことができます。

shunP

1周約12分のコースを周ります。
補足情報
  • 料金:400円
  • 制限:6歳以上は1人で利用可
  • 5歳以下は15歳以上の付き添い(有料)が必要。

⑩レッツゴートーマス&パーシー/0歳~

チビッコに大人気のトーマス&パーシーに乗って遊べるアトラクション

shunP

テレビで見ているトーマス&パーシーに乗れるとなれば大興奮間違いなし!

 

補足情報
  • 料金:300円
  • 制限:3歳以上は1人で利用可
  • 2歳以下は15歳以上の付き添い(有料)が必要。

⑪GOGO!キッズトレイン/0歳~

こちらは電車の運転士になれるアトラクションです。

shunP

かわいい王様たちの電車を自分の手で運転してみよう!

補足情報
  • 料金:500円
  • 制限:6歳以上は1人で利用可
  • 5歳以下は15歳以上の付き添い(有料)が必要。

⑫トランポリン/2歳~

お外でトランポリン遊びが出来るなんて絶対に気持ち良いでしょうね!

shunP

自然を感じながら爽快にジャンピング!!

補足情報
  • 料金:300円
  • 制限:2歳~小学生まで利用可
  • 0,1歳は付き添いがあっても利用不可。
    2歳の場合は15歳以上の付き添い(有料)が必要。

⑬大迷宮アスレチック城/2歳~

こちらは見た目にもめちゃくちゃでかい5階建てのアスレチック城です。

shunP

5階建て…だと!?
デカすぎるぜ!Σ(゚Д゚)

 

ただゴールを目指すだけじゃない!色々な楽しみ方あり!

アスレチック城は入り口で2つのコースから好きな方を選んで頂上を目指します。

  1. 知力コース
    仕掛け扉などのカラクリが多くて知力が試されるコース。
    こまかく観察して色々ためして見よう!
  2. 体力コース
    体を動かすのが好きなお友だちにぴったりのコース。
    吊り橋やネット渡りなどのアスレチックがたくさん!

またこれらの遊び方に加えて、お城の中に設置されている複数のスタンプポイントを探してスタンプの数を競ったり、ゴール(最上階)までのタイムを競い合ったりといろいろな楽しみ方もあります。

shunP

ご家族でルールを決めて楽しんでみよう!

⑭バッテリーカー/1歳~

最後は定番のバッテリーカーですね。

shunP

どこの遊園地にもある定番中の定番だ!

 

補足情報
  • 料金:200円
  • 制限:必要に応じて付き添う事

ワクワク大冒険の森で大自然を満喫!


こちらは大自然の中にあるツリーハウスや20種類ものアスレチックなどを体験できる有料エリアです。

shunP

のびのびと思う存分体を動かそう!

2018年4月にNEWエリアOPNE!

公式サイトより引用

そしてこの度ワクワク大冒険の森に新しいエリアが追加となりました!

写真を見るからには新しいツリーハウスとお城が出来たみたいですね。

shunP

さらにわくわくドキドキになった大冒険の森!
是非足を運んでみて下さいね!

渓流釣り

そしてワクワク大冒険の森では渓流釣りが出来るのも魅力のひとつ!

釣った魚(ニジマス)はその場で塩焼きにして食べる事が出来るんです!

shunP

なかなかワイルドですよね~。

 

補足情報
  • 料金:1,400円(竿・エサ代込み)
  • 制限:1時間or2匹釣ったら終了
  • 竿の持ち込みは禁止

お楽しみスポットは他にもいっぱい!

アスレチックや渓流釣りの他にもワクワク大冒険の森には楽しいスポットが沢山あります。

ワクワク大冒険の森を遊びつくせ!
  • 森の体験広場:500円
    木工クラフトや飯ごう炊飯が体験できる
  • どうぶつ広場:無料
    ポニーや合鴨、ウサギと触れ合える
  • 手づくり工房:1,000円~
    お皿やコップの焼き物体験ができる
  • 水の広場:無料
    夏場はお水遊びができる広場
  • ハンモック広場:無料
    ハンモックにゆられてリラックス♪
  • 砂の広場:無料
    大きなお砂場。いろんなモノを作ってみよう!
  • 水車の広場:20分600円
    GW期間はニジマスすくいを体験できます
  • 鴨池:無料
    合鴨さん達に会えます
  • ねがいごとの木:無料
    家族で手をつないで木を囲むと願いが叶う?!

軽井沢おもちゃ王国を楽しむポイントまとめ

最後に11のパビリオと14のアトラクションの一覧をまとめておきます。

パビリオンまとめ

  1. トミカ・プラレールランド
  2. アクションゲームワールド
  3. ダイヤブロックワールド
  4. ままごとハウス
  5. ピノチオ館
  6. リカちゃんハウス
  7. こえだちゃんと木のおうち
  8. シルバニアファミリー館
  9. まなびのハウス
  10. 木のおもちゃ館
  11. おもちゃの城

アトラクションまとめ

  1. 大観覧車パノラマゴンドラ/0歳~
  2. 大観覧車/0歳~
  3. ゴーカート/2歳~
  4. ドラゴンコースター/2歳~
  5. リンドバーグ/2歳~
  6. 空中自転車/2歳~
  7. メリーゴーランド/0歳~
  8. チビッコ宝島/1歳~
  9. チューチュートレイン/0歳~
  10. レッツゴートーマス&パーシー/0歳~
  11. GOGO!キッズトレイン/0歳~
  12. トランポリン/2歳~
  13. 大迷宮アスレチック城/2歳~
  14. バッテリーカー/1歳~

料金表まとめ

  1. 入園料
  2. アトラクション

shunP

これで軽井沢おもちゃ王国を楽しむポイントまとめは終わりです。
ちょっとでも興味をもって貰えましたかね?

写真だけでは伝わりづらい所もあったかと思いますが、実際に行ってみるとかなり楽しめるスポットである事は間違いありません!

お子さんを連れて是非遊びに行ってみては如何でしょうか?

きっと大満足して貰えますよ(*´▽`*)

それでは今回はこの辺で。最後まで読んでいただき有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です