【徹底比較】ディズニーチケットを安く買いたい!5つの購入方法まとめ。

皆さんはディズニーランドorディズニーシーのパークチケットをどの様に購入しているでしょうか?

購入方法としては5つの方法があります。

①当日にパークで購入

②ディズニーeチケット(以下eチケット)

③配送

④ディズニーストア・コンビニで購入

⑤チケットサイトなどで購入

①~④がディズニー公式サイトにも紹介されているオフィシャルな購入方法となります。

これら5つの購入方法を実際に全て利用してみたので、感想やメリット・デメリットをまとめてみました。

今回はそれを独断と偏見でランキング付けして紹介してみたいと思います。それではどうぞ。

スポンサーリンク

1位:チケットサイトなどで購入

堂々の第1位はこの買い方!やっぱり、チケットを購入する時に1番重要視するポイントって価格じゃないでしょうか?

ディズニーパークチケットって大人だと7,400円もしますからね(^_^;)

デートで行くなら彼女の分も用意しておかないでしょ?そうするとそれだけで1.5万円近くします。ファミリーの場合はさらに金額が跳ね上がります…。

そこでオススメしたいのがチケットサイトやネットオークションでの購入です。その中でもチケットキャンプがオススメです。

こちらのサイトはいろいろな種類のチケットを個人で出品できるサイトでその中でディズニーチケットも売買されています。

そして、このサイトは入園日毎にチケットを検索できるのも使いやすくてGOODです。

こんな感じで日付毎にチケットを表示してくれます。自分の行く予定の日付をクリックしましょう。

そして適当に9/18のチケットを見てみると…( ゚Д゚)!

6,222円/枚で出品している人がいます!単純計算で約1,200円お得に購入できるじゃないですか!!やった~~~!!!(^^♪

と実際に初めて利用した時、私も思いました。だがしかし!!ここで注意点が2つあります。それは、システム利用料と送料です。

チケットキャンプは出品者と購入者の仲介役として、購入代金を一時的に預かることでトラブルを防ぐシステムを導入しています。実際にチケットが手元に届いたと連絡が入らないと出品者に料金が支払われないシステムです。

※チケットキャンプより引用

これにより出品者と購入者のトラブルを防止しています。このシステムを利用する料金がどうしてもかかってしまいます。料金は下記です。


※チケットキャンプより引用

それと、送料ですがこれは出品者が送料無料としている事もあるので、掛からないこともあります。なので、実際のところ何枚購入するかにもよりますが、1枚当たり500円程度の割引となる事が多いです( ̄▽ ̄)

2位:ディズニーeチケット

惜しくも第2位となったこの買い方はeチケットです!

チケットタウンで安く買えないとなったら、この方法で買っています。eチケットなら自宅でサクッとチケットを購入することができます。発券も自宅のプリンターで印刷するだけと言うお手軽さ!

プリンターが家にないって方でも、コンビニで印刷も出来ます。

このeチケットの特徴としては

・来園の前日まで購入OK

・有効期限内であれば変更OK

来園のギリギリまで購入する事が出来て、さらに当日急に行けなくなっても有効期限内までなら日時の変更が可能となることです。

私が前回利用したときは有効期限は来園予定日から1年となっていました。

そして使い方ですが、A4用紙に印刷して8つ折りにして使います。

  

こんな感じで、パパッと完成!ただ、ちょっと残念なのがただのA4用紙を折り畳んだだけなので、チープ感がどうも否めません(^^;)

また、ファストパスもこれで発券するので帰るころにはボロボロになります…。

対策としては100均のカード用のハードケースなんかに入れてやれば多少マシになります。

それと、このeチケットの支払いはクレジットカード払いのみとなります。なので、クレジットカードを持っていない方はご注意ください。

3位:ディスニーストア、コンビニで購入

第3位はこの買い方。eチケットなら自宅でサクッと購入できますが、クレジットカード決済が必須です。

また、ネットに慣れていない方なんかはちょっと抵抗があると思います。そんな方には出先でパッと買えるこちらの方法がオススメです。

コンビニは全国至る所にあるので、もはやどこでもチケットの購入ができます。ただ、コンビニでの購入ではチケットはこんな感じになります。

eチケット同様にこれでファストパスの発券も行います。やっぱりちょっとチープで、せっかくのディズニーなのに現実感たっぷりですよね(^_^;)

ちなみに当日にパークで絵柄のチケットと交換することも可能ですが、1枚200円の手数料がかかります。家族4人分交換すると800円もかかってしまいます…。

しかし!ディズニーストアで購入した場合は絵柄チケットをその場で受け取る事が出来ます。

ですが、ディズニーストアはコンビニの様にあちこちにあるって訳にはいきません。

わりと大きなショッピングモールなんかにしか併設してないので、最寄りのストアがどこなのか確認して、足を運ぶ必要がありますね。

因みに2017年現在のディズニーストアでパークチケットを取り扱っている店舗は下記となります。ご自身の最寄りのストアがどこになるのか確認してみてくださいね。(クリックで公式ページへジャンプできます)

・北海道
札幌ステラプレイス店
・東北
仙台東映プラザ店
・北陸・信越
新潟万代ビルボードプレイス店
佐久平イオンモール店
・関東
東京都
渋谷公園通り店
お台場アクアシティ店
池袋サンシャインシティアルパ店
八王子東急スクエア店
町田109店
昭島モリタウン店
茨城
土浦イオンモール店
栃木県
宇都宮福田屋ショッピングプラザ店
千葉県
船橋ららぽーとTOKYO-BAY店
埼玉県
川口アリオ店
大宮アルシェ店
羽生イオンモール店
越谷イオンレイクタウン店
神奈川県
ららぽーと横浜店
横浜そごう店
藤沢さいか屋店
・東海
静岡県
沼津イシバシプラザ店
浜松遠鉄店
愛知県
名古屋松坂屋店
大高イオンモール店
岡崎イオンモール店
・関西
心斎橋店

4位:当日にパークで購入

これはもう、説明不要ですね。最も単純な購入方法です。パークに行ってチケット販売窓口でチケットを購入するだけなので(^_^;)

まぁメリットと言う程のことでもありませんが、特に何も考えずにパークへ行けます。なので、その場のノリ、気分でランドorシーどちらへ行くか決める事が出来ます。(もちろんeチケットなどでも券種の変更はできますが…)

因みにチケット販売窓口は平日でもこの程度並びます。

これで開園1間前ぐらいの様子です。「え?全然余裕じゃん!」って思うかもしれませんが甘いです。

開園30分前にもなればまだまだ長くなりますし、これはチケットを購入する為だけの列です。更にこの後…

入園の列にも並ばなくてはいけないのです…!!なので、出来るだけチケットは用意しておきましょう。当日の負担がかなり減らせますので…(^_^;)

5位:配送

配送が第5位としましたが、この方法は主にギフトとして購入する際に利用する方法なので、番外編てきな位置づけでも良いかもしれませんね(^^;)

以前はバースデーチケットも販売されており、私もそれ目当てで購入したことがあったのですが、2015年12月31日をもって販売終了したようです。

因みにバースデーチケットはグッズ代として2200円をプラスした金額で販売されていて、そのチケットで入園すれば、グッズの引換所でバースデー仕様のミッキーとメダルとバースデー写真立てが貰えました。

現在はこのバースデー仕様のミッキーはパークでの購入する事になるみたいです。値段としては同じことですが、これでは何だかちょっと寂しい気もしますね。

「パークのチケットは贈るからグッズは自分で買ってね(^_-)-☆」って私は感じてしまいます。

せっかくの誕生日贈り物なのになんで分けてしまったのでしょうか?謎ですね…(-_-;)

あ、いけない。バースデーチケットに話が逸れてしまいましたね。配送について話を戻します。

この配送ですが、eチケット同様に当日販売窓口に並ばずに入園できます。また、eチケットでの印刷ディズニーストア、コンビニでは足を運んで購入といったひと手間が、一切かかりません

ネットで必要事項を記入したら自宅に届けてくれるのですからね。一番楽な購入方法でもあります。

ただしその反面、配送料として全国一律390円かかります。また、支払方法を代引きとすれば更に代引き手数料も取られます。


※ディズニーオンライン予約・購入サイトより引用

配送料+代引き手数料で最低でも714円掛かってしまいます。700円もあればその分をパークで使うお金に回したいと私は思いますが、どうしても忙しくて時間がない!って時には仕方ないですねk(^^;)

また、ギフトの場合は代引き手数料は掛からないとして390円の送料のみ掛かりますが、まぁこれは贈り物でうからね、気持ちとして払っても全然問題ない金額と思います。

まとめ

最後に1~5位までのまとめです。

1位:チケットサイト ・最安で購入できる(概ね-500円程度)

・当日直接入園OK

2位:eチケット ・プリンターが家にあれば一番お手軽

・当日直接入園OK

・チケットが少しチープ

3位:ディズニーストア、コンビニで購入 ・当日直接入園OK

・ディズニーストアなら絵柄チケット

・コンビニならチケットが少しチープ

4位:当日にパークで購入 ・何も考えずパークへ行ける

・当日販売窓口に並ぶ必要あり

5位:配送 ・主にギフト利用

・手数料などが掛かり値段やや高

今回は私の独断と偏見でランキング付けしましたが、皆さんのニーズにあった購入方法でディズニーランドorディズニーシー120%楽しんで来てくださいね(^^♪

最後に、ディズニーチケットをタダで手に入れる方法をこちらの記事で紹介しています。気になる方はチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です