【WindowsからMacへ】購入した理由と使ってみた感想。困りごとは?

【WindowsからMacへ】購入した理由と使ってみた感想。困りごとは?

  • 長年WindowsだけどMacが超気になる…
  • でもMacってお高いんでしょう?
  • 一から使い方を覚えるのが面倒だな…

はい。shunPもMac購入前はこの様な事を感じていた一人です。

でも大丈夫!この記事へたどり着いたあなたは、

きっとその苦悩くのうからむくわれます!

shunP

この記事で言いたいことはただ一つ「早くかっとけば良かった」だね。

ここがポイント!

「Macを購入した経緯、あわせ買いしたモノ、使ってみた感想」などについて、生粋のWindowsユーザーだったshunPが思い思い語っていきます!

Mac購入前のWindowsPC使用環境とその悩み

shunPのPCプロフィール
  • Windows使用歴=年齢(Mac童貞)
  • 生まれてからWindowsしか使った事がない
  • メインPCはノート。モバイルPCはsurface
  • スマホはiPhoneを使用(Android童貞)
  • 使用用途は文書作成、ネットサーフィンくらい

shunP

ザックリだけどshunPのプロフィールはこんな感じだ!
チェリーボーイのウケ狙い感が超寒いくま。

くまさん

最大の悩みはスマホからPCへの写真転送

スマホからPCに写真転送

え?最大の悩みってそんな事?って思ったでしょう。はい、最大の理由が

PCへの写真転送のわずらわしさです!

shunP

iPhoneユーザーだからこそ、より強く不便に思ってたよね。

Windowsでも出来なくはないけど…

クラウドサービス

「OneDrive」や「Dropbox」、「iCloud」などのクラウドサービスを利用して

Wi-Fi経由でPCに転送するやり方もあるにはある。

最近では、HPのQuick DropのようにPCに転送ソフトが標準インストールされている様にもなったかもしれない。

だが、直感的に「写真選ぶ→転送」が出来ると果たして言えるだろうか?shunPはブログでの記事作成でレビュー記事を書くことが多い。

その中で「あ、撮り忘れた写真が…」と言う事もしばしばある。

そんな時でも「パシャ→ポチ」で一瞬で写真が送れる。

むしろ、iCloudで連携しておけば同時にPCでも写真が取り込まれるのだ。(←shunPはブログで使いたい写真だけ取り込みたいから連携はしていない)

shunP

iPhone使っているならやっぱりストレスフリーで記事執筆に専念できるのはありがたいね!
注意
ちょっとでもネックな事があると、やる気が削がれると言うか…。仕事でもなんでもマイナスに思うことは無くした方が良いですよね。

デスク周りをスッキリ&ディスプレイを広くしたい

デスク周りをスッキリ&ディスプレイを広くしたい

こちらがWindowsPC使用時のshunPの作業デスクです。

小綺麗に片付けたのでスッキリ見えますが、ノートPCのキーボード部分が超邪魔だなと^^;

なんでノートPCのキーボードを使わないくま?

くまさん

shunP

メインが文書作成(記事執筆)だから、キーボードは独立していた方が疲れないしタイピングもし易いからね。

コスパで選ぶならMac miniがおすすめ!?Macデバイスの比較と検討

コスパで選ぶならMac miniがおすすめ!

Macを購入する事を決意したshunPですが…

予算は10万円くらいで抑えたい!!

shunP

貧乏サラリーマンのshunPにとっては、10万円でも痛い出費だけどね(泣)

ポンっと最新PCを提供して貰えるくらいのブロガーになりたいなぁ

なぜiMac,Mac BookではなくMac miniを選んだのか?

なぜiMac,Mac BookではなくMac miniを選んだのか?

うん。一番安いから。安さに勝るモノはありません。

コロナ禍で外に持ち出す事も少ないし、仮に出張で持ち出すとしてもsurfaceを持っていけば良いかなぁと。

shunP

どうしてもと言うならMac miniを持っていくと言う選択肢もある訳で…!

一番迷ったのはMacBookAir

場所を選ばず使用できるMBAは正直、超迷いました。

だってスタバでドヤァができる訳ですよ!

…と血迷った考えに惑わされつつ冷静に考えてみると

  • 13インチだと家で作業するには小さすぎる
  • クラムシェルするにしても出力が1画面のみ
  • miniとの価格差が3万円以上もある

トリプルディスプレイ環境を整えたくても制限があるし、40インチクラスのディスプレイ1つにする手もあるがお金が…。

shunP

スタバで使えないのは悲しいけど、価格差(3.5万円)を考えるとminiしかないかな…と言った感じ!

今なら新型iMac(M1搭載)はありっちゃあり!

shunPがMac miniを購入した数ヶ月後に発表されたので購入の検討には挙がっていませんでした。

Mac miniと新型iMacとでは価格差は7万円以上ありますが、

  • 24インチの4Kディスプレイ搭載
  • Webカメラもディスプレイに内蔵
  • キーボード、マウスが付属されている

これらの点を考慮すればまぁ悪くないかなと言った感じ。

少しお金に余裕がある方には選択肢としては良いかもしれません。

shunP

何より最新のiMacを使っている!という所有欲を満たせるのが良いね!

Mac miniと一緒に購入したモノの紹介

Mac miniの整備済製品を格安購入!

お金のない自分を心底情けなく思ったshunPですが結局、

Apple整備済製品のMac miniを格安購入することが出来ました!

Apple整備済製品とは?

Apple整備済製品とは

Apple公式サイトより引用

一度返品された製品になりますが動作確認、クリーニング、パーツ交換して再販されている製品になります。

Appleの高い品質テストをクリアした物だけが再販されるのでほとんど新品と変わりません。

shunP

在庫は時期によって変わるので購入前にはチェックしておこう!

今回は4つの製品を合わせ買いしました

Mac miniと合わせ買いしたモノ

shunP

浮いたお金足しにして、あわせ買いしたモノを紹介するよ!
もちろん自腹購入だよ
Mac miniと合わせ買いしたモノ

①モニター

購入理由
shunP自身がASUSが好きってのと、セールで値段が安かったってのが主な購入理由です。

モニターはASUSの23インチを購入しました。元々1台は使用中で2台目の追加購入になります!

たしか1.4万円弱で買えたと思います。他に候補として挙がったのはBenQのモニターとかですね。

shunP

4Kモニターなど自身の好きなモノを選ぼう!

あわせて読みたい

在宅勤務にも最適な24〜27インチモニター 【予算2万円】在宅勤務にも最適!24〜27インチモニターおすすめ5選

②マウス

マウスはロジクールの多ボタンマウス「G604」です。

MacでもWindows同様にショートカットキーがあります。

デリートキーなども登録でき、仕事効率が爆上がりするので超おすすめです!

あわせて読みたい

G604レビュー 【Logicool G604 購入レビュー】設定方法&使い心地を詳しく解説! 多ボタンマウスで仕事を効率化!おすすめ15選 【有線&無線】多ボタンマウスで仕事を効率化!おすすめ15選

③キーボード

キーボードはApple純正のMagic Keyboardのテンキー付きを選択。

カラーはスペースグレイでキー配列はUSにしています。

shunP

デザイン重視で選んだけど、タイピングもし易くて大満足だったよ!
注意
現在はシルバーのみの取り扱いです。スペースグレイは販売終了しています。

あわせて読みたい

カチャカチャ音にさようなら。静音キーボードが快適でヤバい! カチャカチャ音にさようなら。2つの静音キーボードを購入レビュー!

④SSD(ストレージ)

Mac購入時に一番押さえておいて欲しいポイントはストレージ容量です。

オプションで容量が選択できますが、大容量になるほど高額化します!

ストレージオプション
Mac miniのストレージオプション

Mac miniの場合は最低容量256GBと2TBでは9万円弱も差が…!

正直、高過ぎます。なのでストレージは外部SSDに頼るのが得策とくさくです。

今回は2TBのポータブルSSDを2.5万円で購入しました。オプションで容量を増やすよりかなるお得と言えます。

shunP

外付けだと持ち運べるし、WindowsPCのデータをごっそりそのまま移動できるのもオススメだね!

あわせて読みたい

サンディスクのポータブルSSD Mac miniの容量は256GB一択!その理由とストレージを増やす方法

M1 Mac mini購入レビュー!

M1 Mac mini購入レビュー!

購入スペック
  • Apple M1チップ:8コアCPU,8コアGPU
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB

それではMac mini開封の儀をしていきます。

今回購入したのは最低スペックのMac miniになります。

最低スペックとは言え
「Core i7-11700K」や「Ryzen 7 5800X」などと同等のシングルスレッド性能を備えている。

shunP

初めてのMac!超ワクワク^^

内容品の確認

M1 Mac miniを開封してみた

化粧箱に綺麗に収められているMac miniちゃん。

ご丁寧に取り出し用のテープがぺろっとしています。

M1 Mac miniの内容品

一緒に入ってた物
  • Mac mini本体
  • 電源ケーブル
  • ステッカー
  • 取説

shunP

内容品は最低限のモノしか入ってないね。

本体サイズはイメージより大きい

本体サイズはイメージより大きい

手に持ってみました。意外とズッシリしていて大きいです。

手のひらサイズぐらいを想像していたのでビックリ!

shunP

このサイズならごっそりカバンに入れて持ち運ぶ事もできそう!

ポート類の確認

端子部には埃が入らない様にテーピング

端子部には埃が入らない様にテーピングされていました。

さすがApple。無駄に細かいところまで手が込んでいる。

M1 Mac miniの接続と拡張性

接続と拡張性
  • ON/OFFスイッチ
  • 電源用の端子ポート
  • Ethernet用ポート
  • Thunderbolt/USB4×2ポート
  • HDMI2.0×1ポート
  • USB-A×2ポート
  • 3.5mmヘッドフォンジャック

ポート類はMac miniの上部?にまとめられています。

また、ポートの下部には冷却ファンがありますね。

shunP

これだけあれば最低限は何とかなりそうだね!

電源投入してみた

M1 Mac miniを起動してみた!

とりあえずブスッと電源ケーブルを挿してスイッチONすると

マウスに接続しろと表示が…

当然Magic Mouseなんて買っていない。

しょうがないので近くにあったUSBマウスをブッ挿しました。

キーボードはMagic Keyboardがあったので問題なくクリア。

もしMagic Keyboardがない場合は有線のキーボードを接続すると良いでしょう。

M1 Mac miniの初期設定完了

shunP

後はモニター環境を構築すれば完了だ!

Mac miniで3画面出力する方法

【DisplayLink】M1 Mac miniで3画面出力する方法と注意点の解説! 【DisplayLink】M1 Mac miniで3画面出力する方法と注意点の解説!

WindowsからMacになって良かったこと

Windowsと比較したMacのメリット

shunP

それじゃあWindowsからMacに乗り換えて思った事を紹介していくね。

メリット①動作が安定している

Macになってからいきなり固まるとか動作不良がなくなりました。

何をするにも快適で、アプリの起動もスムーズです。

今まで使っていたWindowsPCが古かったってのもあると思いますが、PCに対するストレスは無くりましたね。

イメージはiPhoneみたいなPC

Macの動作イメージ

iPhoneって昔の機種でもスムーズに動作しますよね。

iPhoneユーザーならこの感じが分かると思います。

shunP

Macも似た様な感じで、安心感が抜群に高い!

メリット②冷却ファンがめちゃくちゃ静か

M1 Mac miniのファンは静音性が超高い

ファン動いてるの?と思うくらい超静かです。

耳を近づけて集中してみると僅かに音がしているレベル。

今まで使っていたノートPCはやたらうるさかった!

shunP

ファンの静音性がピカイチで、作業に集中できるよ!

メリット③画像の編集が標準アプリで出来る

Macのプレビューが便利すぎる

Windowsの時はサイズ変更や圧縮にそれぞれソフトを使用していました。

それがMacになれば画像を開くだけで編集ができます。

HEICからの変換も簡単

MacだとHEICの変換が簡単

iPhoneから取り込んだ画像ってHEIC形式になってますよね。

これをいちいち変換するのが地味に面倒でした。

ファイル形式
プレビューで変換できるファイル形式

shunP

Macの場合は画像を開いて書き出しを選択するだけでOK。

サイズ変更も一括で処理可能

Macだと画像のリサイズが簡単

shunP

複数の写真を開いての処理も高速で出来て便利!

背景透過も簡単に出来る

Macだと背景透過も簡単に出来る

凄いなと思ったのが背景透過もこなせる事です。

Canva Pro(有料)で使える機能が標準とは思ってなかったのでビックリしました。

shunP

アイキャッチ作成時に必須と言える機能が標準で使えるよ!
注意
  • 背景が白くないとあまり上手くいかない
  • Canvaの方が処理性能は高いです

メリット④AirDropがやっぱり便利

Macだとairdropが使えて最高!

Macを購入した一番のポイントですね。

実際に使って転送した時には涙がこぼれました(嘘)

shunP

これだけの為にMacを買ったと言っても過言ではないよね!

メリット⑤Appleデバイスとの連携が快適

MacはAirPodsなどのペアリングが速い

Air PodsなどのAppleデバイスとのペアリングがWindowsPCの時よりも格段に快適です。

アプリもiPhoneと連動している

Macの標準アプリ

shunPはAppleミュージックを利用していますがその使い勝手も最高ですね。

Musicだけでなく写真、FeceTime、メッセージ、メモ帳といったアプリもiPhoneと同じ

なので、常にPCと連携が取れている感じ。メールなども通知もPCに表示されます。

shunP

いちいちiPhoneを見なくて良いから、作業に打ち込めるようになったよ!

WindowsからMacになって困ったこと

WindowsからMacになって困ったこと

shunP

ここからはMacを実際に使ってみて困ったことについてだよ。

デメリット①フォルダーの中身が分からない

Macはフォルダーの中身が分かりにくい

これが地味に辛いポイントです。Macではファイルが上記の様になります。

Windowsの時はフォルダに写真など入っているものが表示されますよね。

なので特にタイトルとか付けなくても何となくお目当てのフォルダが分かりました

注意
「新しいフォルダー()」で写真素材を貯め込んでいたりすると大変です。

カラム表示があるにはあるが…

Macでのフォルダーカラム表示

Macには表示方法がいくつかあり、階層ごとに表示できたりまします。

が、画像が小さいしいちいちマウスでフォルダをクリックしないといけないのが面倒です。

shunP

フォルダーにはしっかり名前をつけておかないとダメだね。

デメリット②キーボードの変換がイマイチ

Macはキーボードの変換がイマイチ

Macを使っていてWindowsの予測変換が如何いかに優秀だったかを再認識させられました。

例えば上記画像の様に予測に挙がってこない事が多々あります。

予測変換自体が日本語に対して弱い気がしますね。

shunP

今でも思う様にタイピングできずイラッとする事があるよ。

デメリット③Comamand(Ctrl)の位置が違う

Comamand(Ctrl)の位置が違う

WindowsのCtrlキー(コントロールキー)はMacではCommandキー(コマンドキー)に該当します。

このCtrlキーの位置が長年体に染み付いていて、ついつい左手小指で押す癖が抜けませんでした。

解決法:CtrlキーとCommandキーを入れ替える

shunP

shunPはいつまで経っても慣れないから設定で位置を変えたよ。
STEP.1
システム環境設定からキーボードを選択
MacでCtrlキーとCommandキーを入れ替える方法
STEP.2
「装飾キー」をクリックします。
MacでCtrlキーとCommandキーを入れ替える方法
STEP.3
Control⇄Commandをそれぞれ入れ替え
MacでCtrlキーとCommandキーを入れ替える方法
STEP.4
これでキー変更は完了
お疲れ様でした

shunP

今の所この方法で満足に使えてるよ!

デメリット④マウスポインタが遅い

ロジクールG604ではDPIの設定が出来る

マウスを接続して真っ先に感じました。

マウスポインタ遅すぎ∑(゚Д゚)

shunPの購入したロジクールG604ではDPIの設定が出来るのでソッコーで変更しました。

普通のマウスであれば以下の方法で速度を変更することが出来ます。

Macのポインタを速くする方法

Macのポインタを速くする方法

記載するコード
defaults write -g com.apple.mouse.scaling 16
MEMO
ターミナルに上記コードを記述し、Returnで確定して完了です。「16」の部分は任意で調整OK。数字が大きいほど速くなります。

デメリット⑤Enter(Return)で開けない

Windowsの時はファイルを開く時などEnterキーを使用していました。

が、Macの場合はファイル名変更になります。

shunP

まぁこれはこれでF2キーを押す必要がなくなったから慣れるとなんて事ないかも。

まとめ

Macの作業環境(デスク周り)

shunPもMacを購入するか本当に悩みました。正直、Macで出来ることはWindowsでも出来ますからね。

ただ、iPhoneユーザーであればMacと連携した快適度は段違いです!

M1搭載のMacではiPhoneアプリを起動できたり他にも紹介しきれていないメリットが沢山あります。

コスパはそこまで変わらない?

M1 Macと性能が同等のWindowsPCとなると、はっきり言って値段差はありません。

もちろん自作すれば多少は安く組めますが、ポッチっと購入するだけで使えるMacの方がハードルの低さは歴然れきぜんです。

また、Macはリセールバリューが高いです。もし使い勝手に不満があれば手放しても言い訳です。

shunP

数年使っても高く売れるからその点もMacならではのメリットだね!

Macに少しでも興味があるなら、悩んでいる時間は勿体ないです。

使ってみないと分からない事がいっぱいあるので!百聞は一見にしかずってやつですね。

この記事が少しでも参考になれたなら幸いです。それでは今回はこの辺で。

以上です、「WindowsからMacを購入してみて思ったことについて」でした。

合わせ買いしたモノのレビュー記事

在宅勤務にも最適な24〜27インチモニター 【予算2万円】在宅勤務にも最適!24〜27インチモニターおすすめ5選 G604レビュー 【Logicool G604 購入レビュー】設定方法&使い心地を詳しく解説! サンディスクのポータブルSSD Mac miniの容量は256GB一択!その理由とストレージを増やす方法

モバイルモニターを追加購入したよ

17インチモバイルモニター 大画面17インチモバイルモニターおすすめ4選【レビュー有り】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です