SIMがなくてもおサイフケータイは使えるのか?楽天Edyで試してみた。

私は昔からのiPhoneユーザーでその機能、使いやすさにとても満足しています。

しかし一つだけandroidスマホに魅力を感じる機能があります。それはおサイフケータイです。

ガラケー時代に登場したおサイフケータイですがめちゃくちゃ便利ですよね。iPhoneでは2016年にようやくApple Payとして電子マネーに対応しました。

ですがApple Payが使えるのはiPhone7とApple Watchのみです。iPhone6,6S,SEなどの機種では電子マネーが使えません。

そこで今回はiPhoneとおサイフケータイ用のandroidスマホの2台持ちを想定して、使ってないSIM無し状態のスマホでもおサイフケータイは使えるのか?を検証してみました。

もし使えたら家で眠っている古いスマホを再利用できますからね。

1.電子マネーにSIMは不要

まず、実際に楽天Edyのアプリをダウロードして使ってみることにしました。勿論SIMがないのでWi-Fiをつかってダウンロードします。

結果から申し上げると、何も問題なく利用する事が出来ました!(^^)!

オートチャージは注意が必要

ただしオートチャージに関してはWi-Fiに繋いでいないとオートチャージ出来ません。

なのでどうしてもオートチャージを使いたいって方はiPhoneからテザリングするorポケットWi-Fiを使うなどネットワークへ繋いだまま会計してください。

2.私が2台持ちする理由

私はiPhone7を使っているのですが、クレジットカードのポイント2重取りを目当てにまだiPhone7との2台持ちをしています。

ポイントの2重取りについて詳しく知りたい方はこちら。

簡単に説明すると楽天Edyを使えばポイントの2重取りができるのですが、Apple Payは楽天Edyに対応していないのです。

でもなぜiPhoneは楽天Edyに対応してないのでしょうか。対応してくれたらこんな2台持ちなんてめんどくさいことをしなくて済むのに…(´・ω・`)

2.1.楽天とAppleの関係

楽天は楽天ペイメントという独自の決済サービスを持っています。楽天としてはこちらの決済サービスを使って欲しいと考えている訳です。

また、Appleが提供する決済サービスApple Payとはライバル関係にある訳です。となると、そう簡単にAppleの傘下に成り下がってしまうのは楽天としては避けたいわけです。

しかも、Apple Payを利用するにはAppleへ利用料を支払う必要があり、それが結構高額なんだとか。

わざわざ高額な支払いをしてまでiPhoneにEdyを載っけてもらわなくても良いと楽天側は考えているのでしょうね。

こういった理由から、iPhoneでは今のところEdyを利用する事が出来ないのです。

今後は使えるようになるのか?

こればっかりは今ところなんとも言えませんね。楽天側がユーザーのことをどれぐらい考えてくれるかってところに尽きます。

また、Apple Payが開始した後の2016年12月にAndroid Payが登場しましたが、こちらは楽天Edyが対応しています。

こういった動きをみると楽天はiPohneにEdyを載せる気はないんじゃないのかって思ってしまいますね。

3.古いスマホの使い道

使わなくなって家で眠っているスマホ。そのままにしておくのは勿体ないですよ!

おサイフケータイ以外の使い道としてはこちらの記事にまとめてあるので、よかったら読んでみてください。

4.まとめ

今回はSIMが無い状態のスマホ(圏外のスマホ)でもおサイフケータイは使えるのか?という疑問を実際に使ってみて検証してみました。

結果は見事無事に使えましたが、まぁ普通に考えてみたら当たり前のことだったですかね。

でも、頭で理解しているつもりでも実際にやってみると出来なかったってことも多いと思います。なので実際にやってみて結果を伝えることは大事だと思ってます。

iPhoneではまだ楽天Edyが使えないですが、早く対応してくれると良いですね。

楽天さん宜しくお願い致します(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です