スマホの保護(ガラス)フィルムは種類多すぎ!どれ買えばいいのよ?

皆さんはスマホの保護フィルムはどんなものを使っているでしょうか?

一口に保護フィルムと言ってもガラスタイプであったり、覗き見防止や光沢タイプ等々…。

かなりの種類の保護フィルムが色々なメーカーから販売されています。

今回は保護フィルムの選び方から種類貼り方なんかをまとめてみたいと思います。

タイプは大きく分けると2つ!

スマホの保護フィルムですが家電量販店へ行くと多種多様な商品がずらーっと並んでいますよね。

shunPは別の買い物でお店に行ったのに保護フィルムを見かけるとついつい手に取って見てしまいます。

shunP

最近はこんなのもあるんだぁなんて買う気も無いのにチェックしてしまうんですよね~。

ところで皆さんは保護フィルムを買う時に何を基準に選んでますか?

shunPのこだわり

shunPの場合は覗き見防止効果です。電車の中とか休憩所や飲食店内など…スマホはいろんなところで使いますよね。

iPhone7Plusを使用していた時なんかは特に画面が大きかったので周りから何やってるのか見え放題でしたね。

shunPさんの画面なんて誰もみないくまぁ。

くまさん

shunP

まぁそうだと思うんだけど、気になっちゃうんだよねぇ~。

とまぁこんなどーでもいい話は置いといて、

shunPがこだわっている覗き見防止効果となんかもそうですが、保護フィルムにはたくさんの種類があると思います。

しかし!実は大きく分けるとタイプは2種類しかないんです!

光沢タイプとアンチグレアタイプ

保護フィルムは大別すると『光沢タイプ』と『アンチグレアタイプ』に分けることが出来ます。

光沢タイプ
  • メリット
    光沢があり高級感がある。透過率に優れているのでハッキリ、クッキリと画面を表示してくれる。
  • デメリット
    光が反射するので、蛍光灯や日差しなどが反射し映り込んでしまう。タッチ操作が引っかかる。指紋が目立つ。
アンチグレアタイプ
  • メリット
    表面がサラサラしているのでタッチ操作がしやすい。指紋が残りにくい。蛍光灯や日差しが映り込まない。
  • デメリット
    画面がすこし白っぽく映る。

結局どっちがオススメ?

そして上記の2タイプですが、こんな使い方をする方にオススメです。

光沢タイプアンチグレアタイプ
・写真を撮る機会が多い
・インスタが大好き
・動画視聴も多い
・ゲームアプリが中心
・ネットサーフィンも頻繁にする
・潔癖症である

ザックリとですが、大体こんな感じです。

光沢タイプ

光沢タイプは文字通り画面の綺麗さを損なわずに画面を保護する事に長けています

なので、画質が重要となる動画視聴写真なんかを多用する方にはこちらをオススメしている訳ですね。

アンチグレアタイプ

それに対してアンチグレアタイプは防指紋効果に長けています

よっぽど手汗がひどくない限りでは全くと言っていいほど指紋がつきません

また、画面も超サラサラで指取りが抜群です。

なので、ゲームアプリなんかでは操作性も向上しますしずーっと画面を触っていても指紋が付かないのも嬉しいポイントです。

追加効果が選べる!?

あれ?ちょっと待つくまぁ!さっき言っていた覗き見防止って何くまぁ!?

くまさん

shunP

その質問を待っていたよ( ̄ー ̄)ニヤリ
それはこの2つのタイプのオプション的な存在になるんだ!
保護フィルムのオプション

要するに、
光沢タイプ覗き見防止効果がついている保護フィルム』
アンチグレアタイプ覗き見防止効果が付いている保護フィルム』
ってな感じです。

保護フィルムのオプション

shunP

このオプションには次のようなものがあります。
  • 覗き見防止効果
    左右方向(180°)or上下左右方向(360°)からは見えなくなる
  • UVカット効果
    画面からの紫外線(目に優しい)と太陽光の紫外線(機械に優しい)どちらもカットしてくれます。
  • ブルーライトカット効果
    眼鏡にもありますね。ブルーライトをカットしてくれます。
  • 防指紋効果
    主に光沢タイプが対象です。指紋すこし付きにくくなります。
  • ミラー効果
    画面がOFFの時に鏡の様になります。コンタクトがズレた時や化粧直しに便利。
  • アンチファンデーション効果
    ファンデーションだけでなく汗や皮脂がさっとふくだけで落るようになります。
  • フッ素加工効果
    水や油を弾きます。手触りもサラサラになります。

その他に今では当たり前になっている気泡ゼロ、傷の自己修復、張り直しOK、自己吸着、抗菌、衝撃吸収なんかもこのオプションってことになります。

最近の主流はガラスフィルム

スマホが普及し出した頃はPET素材の保護フィルムがほとんどでガラスフィルムはちょっといい値段がしていました。

shunP

しかし、ここ最近はとても安価になり使っている方が増えたように見えます。

通常のガラスフィルムのタイプとしては光沢タイプと思ってもらえばOKです。

また、オプションも普通のフィルムと同様に覗き見防止であったりブルーライトカットなど同じものがあります

メリット&デメリット

ガラスフィルムの特徴
  • メリット
    傷にかなり強く落下などでの画面割れを防げる。(画面の身代わりになってくれる)
  • デメリット
    値段が普通のフィルムより高い。衝撃には弱いので端が欠けたりする。

擦れやひっかきなどの傷には強いので、かばんやポケットにそのまま入れても傷が付くことはなかなかないです。

しかし、ガラスなので衝撃には弱くいつの間にか端が欠けてしまうこともしばしばあります。

値段が普通のフィルムに比べて高いから、長く使えるモノが良いくまねぇ~。

くまさん

shunP

端割れ程度ならそのまま使えなくも無いけど、見栄えはやっぱり悪くなります。
ワンポイントアドバイス
よくスマホを落とす人は万が一の為にガラスフィルムで備えておいた方が良いです。
また、スマホに手帳型カバーを付けている方は通常のフィルムでもOKかと思います。

埃が入らない貼り方

お気に入りの一枚を買って、さあ貼ったぞ!どやっ!と画面を見てみると、埃がちらほら入り込んでポツポツの画面…。

shunP

埃が入ると使ってるとき凄く気になりますよね。

自己吸着とか張り直しOKってフィルムもありますが、神経質な人だと気休め程度にもならないんですよね。

なので私は毎回ある場所で保護フィルムを貼っています。

お風呂場で貼るべし

はい。既に知っている方も多いと思います。shunPは毎回実践していて、結構いい感じで貼れています。

この前お風呂に行くのが面倒でリビングで貼ったのですが、

一瞬で埃が入り込みやがりました!

shunP

こんなにも違うんだなぁとびっくりしましたよ!
でも、なぜお風呂場くまぁ?

くまさん

湿度MAXが決め手!

理由は簡単で、入浴後のお風呂場は湯気で湿度がMAX状態となっています。

この湿度MAX状態だと埃が舞い上がる事がなく、まさに埃ゼロ状態となっているのです。

なので、入浴前の状態のお風呂場ではダメです。

注意
お風呂場にスマホを持ち込む際は水没にはくれぐれも注意しましょう!

まとめ

スマホのフィルムってたくさん種類があるので迷ってしまいますよね。

ただ、自分の生活スタイルと照らし合わせてみると自ずと欲しい機能が見つかるはずです。

shunP

今回の記事を参考にお気に入りの一枚を見つけてみてくださいね。

以上、『スマホの保護フィルムについてのまとめ』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です