【返金や返送先は?】Amazonで実際に返品した手順を詳しく解説!

Amazonの返品方法

shunP

先日Amazonであるモノをポチリました。今回はこの商品を例にAmazonでの返品について紹介していきます。

MEMO
こちらのマカロン型ケーブルですが、2つ購入しましたがどちらも不良品?だったみたいでケーブルが戻りませんでした…。

Amazonが発送する商品の返品方法

shunP

今回は「プリンターを使うパターンで返品」したいと思います。

1.プリンターを使ってバーコードを印刷する方法

プリンターを用いたAmazonの返品方法

まずAmazonの商品履歴から『商品の返品』を選択します。

プリンターを用いたAmazonの返品方法

そして『返品の理由を選択』から該当する理由を選びましょう。

選択肢はこんな感じ

プリンターを用いたAmazonの返品方法

今回は『商品に不具合または損傷がある』としました。

確認事項をチェック!

プリンターを用いたAmazonの返品方法

まずは『返金方法の確認』です。

今回はクレジットカードで決済していたので、同じクレジットカードへ返金処理されるとのこと。

プリンターを用いたAmazonの返品方法

そして次は『返送先の確認』です。

返送元が変わる場合はここで変更しておきましょう。

問題なければ返送手続きへ!

プリンターを用いたAmazonの返品方法
確認して問題なければ『返送手続きを開始』へ進みます。

バーコードの印刷が出来る様になるので『返品用ラベルと返送手順を表示・印刷』から印刷しましょう。

バーコードが印刷できたら

shunP

印刷が終わったら商品と一緒に梱包して送り返そう!

印刷したバーコードを

プリンターを用いたAmazonの返品方法

一緒に梱包!

プリンターを用いたAmazonの返品方法

あとは近くの宅配業者やコンビニへもっていけばおしまいです。

もちろん宅配便の集荷サービスを利用してもOK!その場合は家から一歩も出ずに返品ができますね。

shunP

ちなみにshunPは家の近くのクロネコヤマトへ持っていきました。

数日後で返金処理は完了!

プリンターを用いたAmazonの返品方法

プリンターを用いたAmazonの返品方法

これで返品処理は全て完了です。

数日でこの様にステータスが変わったら返金処理は完了したことになります。

shunP

無事に2つのケーブルの返品が完了していますね。

2.プリンターを使わないで返品する方法

今回はプリンターを使ってバーコードを印刷して同梱しましたが、実はバーコードが商品についていたので印刷しなくても良かったんです。

下記の3つのどれかに該当する場合はプリンターが不要となります。

プリンターが不要のパターン
  1. 「sp」で始まる番号が記載されバーコードが貼ってある場合
  2. 返品受付IDを自分でメモに記載する場合
  3. 梱包に送り状ラベルがある場合

shunP

それぞれについて少し説明しておきます。

1.バーコードが貼ってある場合

バーコードが貼ってある場合の返品方法

商品にバーコードが貼ってある場合はそのまま送ればOKです。

また、梱包の段ボールに貼ってある場合はその段ボールでそのまま返送しましょう。

2.自分でIDを記載する

自分でIDを記載する返品方法

こちらはバーコードを印刷する画面に表示されている情報を手書きでメモに記載します。

ようは、印刷しなくても手書きでOKってことくまね。

くまさん

3.送り状ラベルを同梱する

送り状ラベルを同梱する返品方法

こちらは宅急便の送り状を同梱する方法です。

段ボールの中にそのまま送り状を入れてやればOK!

shunP

商品を開梱する際にビリっと破って捨ててしまうと返品できなくなるから注意しよう!

Amazonの返品に掛かる送料についての注意点

今回の様に「販売者側に責任がある場合は基本的に送料は着払いでOK」です。
注意
もし自分の都合で返品・交換する場合は送料は負担する事になるので注意してください。

返送先の住所は市川or川越

shunP

返送先の住所は以下のいずれかになります。

ヤマトなどの配送業者で宛先を伝票に記入することになるので、事前にメモなど取っておきましょう。

宛先が市川市の場合

〒272-0127
市川市 南台 1-10-15 アマゾン市川FC
返品係

宛先が川越市の場合

〒350-1165
川越市 塩浜 2-13-1 5 アマゾン川越FC
返品係

ファッションカテゴリーは返品・交換無料

そして、ファッションカテゴリーの商品に関しては返品・交換は無料です。

shunP

ネットでのショッピングだとやっぱり試着できないからね。
へ~!それなら気軽に買えそうで良いくまね!

くまさん

注意
ただし、商品タグを切ってしまった場合は返品不可になる可能性があります。

Amazonの返金方法についての注意点

今回shunPはクレジットカードで決済していたので、クレジットカードへの返金(支払いキャンセル)となりました。
でも、クレジットカード以外の場合はどうなるくまぁ?

くまさん

shunP

クレジットカード以外でも基本的に支払い方法を同じ方法で返金されるんだ。
支払い方法別の返金方法
  • クレジットカード(1~3日)
    クレジットカード又はAmazonギフト券への返金対応
  • コンビニ・代引き(1~3日)
    Amazonギフト券又は銀行振り込みも選択可
  • Amazonギフト券(1~2日)
    Amazonギフト券で返金対応
  • Amazonポイント(1~2日)
    Amazonポイントで返金対応

Amazonでは返品できない商品もある

shunP

実は商品カテゴリーによって返品できないモノがあるんだ。
え?返品が出来ない商品くまかぁ?

くまさん

例えば食品やデジタルコンテンツといったカテゴリーのモノは返品できないです。

詳しくはAmazon公式サイトよりチェックしておきましょう!

参考 ヘルプ&カスタマーサービスAmazon

Amazonマーケットプレイス商品の返品方法

Amazonにはマーケットプレイス商品というAmazonが販売していない商品も売っています。
ん?どういうことくまぁ?

くまさん

shunP

Amazonではフリーマーケットのように誰でも商品を販売できるんだ。その商品の事を「マーケットプレイス商品」っていうんだよ。
へ~そうだったくまねぇ。知らなかったくまぁ!

くまさん

shunP

だからマーケットプレイス商品の場合は販売している人と直接やりとりして返品するんだ!

詳しくは公式サイトをチェックしてみてくださいね。

参考 Amazonマーケットプレイス商品の返品についてAmazon

まとめ

今回はプリンターを使ってバーコードを印刷し、商品と同梱して返品を行いました。

返品の際に参考になりましたら幸いです。

それでは今回はこの辺で。

以上、『Amazonで商品を返品する方法の紹介』でした。

注意
返品前には販売元へ確認を取るのを忘れずにね!

2 COMMENTS

shunP

通りがかりさん

うわ~。とんでもない間違い(汗)
ご指摘ありがとうございます!

修正しておきました。
本当に感謝です><。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です