ブログ初心者は『Google XML Sitemaps』を使ってサイトマップを作成しよう。

前回の記事でGoogle Search Consoleの導入を行ったのですが、データの反映が完了したようです。

やっぱり反映されるまでは2,3日かかりましたね。

ダッシュボードへ行ってみるとこんな画面になっていました。

クロールエラーは無し。検索アナリティクスは0。ここまではOKとして。

サイトマップがありません…?っていうかサイトマップって何??

サイトマップとは

とりあえず『サイトマップを送信する理由』をクリックしてみるとこんな画面が出てきました。

私の場合はサイトが新しく、外部からのリンクが少ないに該当するのでしょう。

どうやら、グーグルのロボット(クローラー)はインターネット上をリンクからリンクへ移動して情報を集めているんですね。

私のブログなんて出来たてほやほやですから、そりゃあ誰にもリンクを貼って貰えてないのでロボットさんが来れないわけです。

なのでサイトマットと呼ばれる自分のブログ(サイト)への案内図をグーグル先生へ渡してあげないといけないんですね。

でもどうやってこのサイトマップを作ったらいいのだろう?

Google XML Sitemaps

そんな悩みを解決してくれるのがこのプラグイン『Google XML Sitemaps』です!

このプラグインはGoogle製のプラグインで、サイトマップの生成からアップロード、Google Search Consoleへの登録までを自動で行ってくれます。

日本語にも対応しているので使いやすくとても優秀なプラグインですね。

早速インストールしてみよう!

まず、プラグインの『新規追加』から検索欄に『Google XML Sitemaps』と入力します。

似たようなプライグインが出てくるので間違えずに『Google XML Sitemaps』をインストールしましょう。

プラグインを『有効化』するのをお忘れなく。

設定方法

有効化すると管理画面の『設定』『XML Sitemaps』が出てきます。

クリックして設定を行いましょう。

基本的な設定

最初の3項目は重要なので全てチェックを入れましょう。高度な設定はデフォルトでOKです。

投稿の優先順位

ここは優先順位を自動的に計算しないにチェックをいれます。

サイトマップに載せる内容
  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カデゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める
にチェックを入れます。こうする事で、不要なページはクロールされないのでクロールの効率が上がります。含めない項目はデフォルトでOKです。

更新頻度の設定

これも先ほど同様に、不要な更新を避けることで効率が上がります。

優先順位の設定

1.0が非常に重要0.1がほどんど重要でないになります。この範囲で設定を行います。先ほどと同様に

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カデゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める
の重要度を高めに設定します。

以上で設定は完了です。

Google XML Sitemapsの使い方

それでは早速使ってみましょう!

と言いたいところですが、サイトマップを送るには記事を投稿する必要があるようです。

なんでもいいので記事を投稿しましょう。

投稿するとこんな感じで勝手にサイトマップを送ってくれます。

なので使い方と言っても特になにもする必要はないんです。

まとめ

これで、記事を投稿する度にGoogle XML Sitemapsがサイトマップを更新してくれる様になりました。

最初からこれを入れておけばもう少しアクセスアップに期待できたのかなぁなんて思いますが、実際の所どうなんでしょうかね。

急激に変化することはないと思いますが、ちょっとだけ期待しつつブログの更新に励んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です