【超絶カッコイイ!】Galaxy S10のおすすめバンパーケース9選!

『Galaxy S』シリーズの10周年記念モデルとして先日、堂々と登場したGalaxy S10

『S10、S10+、S10e』の3つのモデルが発表されましたが、日本での展開は残念ながらS10とS10+の2モデルのみとなりました。

iPhoneユーザーも嫉妬する!?脅威のスペック!

shunPが良いな!と思ったGalaxy S10の注目ポイント
  • 内部ストレージが最大1TB(10+の場合)
  • 顔認証と指紋認証(超音波式)のW採用
  • インカメラのパンチホール式採用
  • バッテリーのシェア機能搭載
  • 予約購入でワイヤレスイヤホン『Galaxy Buds』が貰えた

現在アップルの主力である『iPhone XSやiPhone 8』はネット上でディスプレイのノッチデザインがダサい議論顔認証派と指紋認証派の争いなどのやり取りをよく目にします。

今回登場したGalaxy S10はそんな意見を意識したかの様なスペックになっているのが面白いですね。

と言うことで今回は!

前置きはこのくらいにしておきましょう。今回テーマですが、GalaxyのNEWフェイス!S10、S10+の注目のバンパーケースを厳選して紹介していきたいと思います。

shunP

自称バンパーマニアがあなたにピッタリのバンパーを紹介するよ!

正真正銘の純粋なバンパーケース

OATSBASFのバンパーケース 参考価格:¥1,599

S10+用はこちら

まず最初に紹介するこちらのバンパー。ちょっと変わったフレーム構造をしています。一般的に両サイドにあるエッジ部分のフレームが背面にまわしてあります

というのも、Galaxy S10の背面カメラは少し出っ張っているので、そのまま背面を下に置くとカメラに傷がつく原因となります。

このフレーム構造であれば、カメラを気にせずに机に置くことができますね。

ただし、両サイドのガード性能に関しては正直なところ裸同然です。普段、裸で使ってる方が「ちょっとアクセントが欲しいな」とデザイン重視で選ぶバンパーと言えます。

shunP

本体のガード性能は「ほぼゼロ状態」だよ!

Nelson-JPのバンパーケース 参考価格:¥1,980

もう少し本体のガード性能が欲しい!って方はこちらのバンパーがおすすめです。

ごく一般的なバンパーフレーム形状で本体の外周をぐるっと一周ガードしてくれます。

背面カメラに関してもフレームが若干オーバーハングしているので干渉の心配も無用です。

shunP

シンプルで悪目立ちしない、スタンダードなバンパーケースだよ!

RhinoShieldのバンパーケース 参考価格:¥3,499

S10+用はこちら

アルミバンパーとスマホが接触する箇所にはクッションテープが貼ってあります。しかし、スマホ本体を傷付けてしまう可能性はゼロではありません

「小さな傷も付けたくない」「どうしても心配」って方はこちらのバンパーがおすすめです。

独自開発したShockSpreadポリマー素材はポリカーボネートやTPU素材と比べてぐにゃぐにゃに曲げることができるみたい。

この優れた耐久性能のおかげで装着や取り外し時の『破損、歪(ゆ)がみ』が無くなるんだそうです。

RhinoShield(ライノシールド)バンパーの特徴
  • アメリカ軍規定テスト(MIL-STD 810G)の基準超え
  • 大きめな開口部(充電器差込口等)
  • 汚れにくい
  • どの角度からの落下からも保護
  • 強靭な素材
  • 100%リサイクル可能
  • わずか2.8ミリの厚さと16グラムの重さ

shunP

デザインもシンプルでかっこいい!

使い勝手重視!のバンパーケース(バンカーリング付き)

OATSBASFのバンパーケース 参考価格:¥1,799

最近のスマホは画面が大きくなって見やすくなった一方で、手の小さい方や女性にはちょっと使いずらいとも思います。

バンカーリングスマホリングと呼ばれる便利グッズも登場しており、愛用している方も多いのではないでしょうか?

そして、このバンパーですがそのリングが一体化している超優秀なバンパーなんです!デザインもバットマンをモチーフにしており超カッコイイですよね!

しかしながらガード性能はいまいちです。上下左右にフレームがなく角からの落下にしか対応できない感じですね。また、バンパー装着時はワイヤレス充電も使えないのもマイナスポイント。

shunP

デザインと使いやすさで選ぶならこのバンパー!

なんちゃってバンパーケース(プレート付き)

正直なところバンパーってデザイン重視でスマホのガード性能はおまけみたいなもんです。どうしても本体の背面ガラスがノーガードになってしまうからです。

shunP的には『バンパー』+『背面ガラスフィルム』の併用を推奨しています。

バンパーと背面ガラス(プレート)の一体型

どうせ背面ガラスを貼り付けるならバンパーと背面ガラスが一体化したバンパーにすれば良いんじゃねって思いませんか?

そこで、ここから紹介するバンパーは『バンパー+背面ガラス(プレート)』仕様のバンパーになります。

ぶっちゃけ「それって普通にケースじゃないの?」とつっこまれてしまいそうですが、普通のケースと比べて厚みを最小限に抑える事ができるのがこのタイプのメリットになります。

shunP

ケースを付けていないかの様なスリム感が最大の特徴だ!

Uonvonのバンパーケース 参考価格:¥2,699

こちらのバンパーは背面プレートがガラスではなくPC素材(プラスチック)となります。なので色が透明ではなく、バンパーの色と同じになります。

本体のカラーが統一される事バンパーケース特有の薄さが相まって、一見すると裸で使っているの?と思ってしまうほどスマートな見た目になります。

フレームデザインは丸みをおびた柔らかいデザインとなっており、男女問わず誰にでも似合うバンパーだと思います。

shunP

前面にガラスフィルムを貼ればもう無敵だね!

KMXDOのバンパーケース 参考価格:¥1,700

先ほどの背面プレートがPC素材だったのに対して、こちらはガラスプレートになります。

フレームデザインは少し角ばった感じが特徴的なデザインです。

shunP

カッコよさを意識するならこっちのバンパーがオススメだ!

i-BLASONのバンパーケース 参考価格:¥1,699

こちらのバンパーはデザインより丈夫さを意識したバンパーといえます。

男性はもちろんのこと、よくスマホを落としてしまう女性にもオススメしたいバンパーです。

shunP

カバー装着時でもワイヤレス充電ができるよ!

SUPERGDSのバンパーケース 参考価格:¥1,599

一般的なバンパーはネジで固定することが多く、その際にちょっとした工具(ドライバー)が必要です。

しかし!こちらのバンパーは取り付け方法にマグネット式を採用しているので、いつでも取り外しが可能となります。

shunP

汚れや埃(ほこり)が気になるときなんかでもパカっと外すことが出来て便利なんだ!

YMXPXのバンパーケース 参考価格:¥2,399

こちらのバンパーも取り付け方法にマグネット式を採用しています。デザインも先ほどのバンパーとあんまり変わらない見た目です。では一体何が違うのか?ですが…なんと!

背面だけでなく前面にもガラスプレートが付いているんです。

このバンパーケース1個買えばスマホ本体を360°フルカバーできてしまう優れものなんですよね。

ただし指紋認証(超音波式)は恐らく使えない…?と思うのでそこは注意してくださいね。

shunP

裸使いに見えるのに実は360°フルガード!これは凄い!

まとめ

バンパーケースはスタイリッシュで超カッコイイのですが、その一方でガード性能はいまいちです。

純粋にフレームだけのバンパーを使用するのはちょっと勇気がいると思います。

shunP

本体に傷がついたり、落とした時は致命傷を負うことも覚悟しよう…!

バンパーケースを使いたい!でも落とした時が心配…。

スマホなんてものは「絶対に落とさないぞ!」っと気をつけていたところで必ず落としてしまうものです。

常に持ち歩くモノですからね。落としてしまうのは必然でしょう。

ではバンパーケースを使う場合は壊れるのを覚悟して使わないといけないのでしょうか?

最近ではスマホ・タブレットにもネット保険がある

shunP

落としてしまうのは防げないけど、それに備えることはできるよね。

最近ではスマホにも保険がありますよね。モバイル保険と言うネット保険だと、利用料金は月額700円で最大10万円まで補償してくれます。

またこの保険ですが最大の特徴はスマホにプラスしてWi-Fiに接続できる機器であれば2台まで登録可能なんです。

モバイル保険のイメージ
  • 『iPhoneXS』+『iPad』&『Apple Watch』
  • 『GalaxyS10』+『FireHD10』&『Bluetoothイヤホン』
  • 『Xperia1』+『Nintendo Switch』&『デジカメ』
といった感じでスマホ+Wi-Fi機器2台の計3台を破損、水没、盗難から補償してくれます。また、補償となるスマホなどはいつでも変更可能です。機種変して新しいスマホになっても継続して補償してくれます。

公式サイトをチェック 修理費用全額保証【モバイル保険】

shunP

保険に入っておけばバンパーケースでも心置きなく使えるね!

バンパーケースを使う際はネット保険も併せて検討してみては如何でしょうか?それでは今回はこの辺で。

以上、『Galaxy S10のバンパーケースおすすめ9選』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です