【iPhoneSE2】マニアがオススメするオシャレ&かっこいいバンパー12選。

shunP

まず補足情報としてサイズについて少しだけ紹介しておきます。

iPhone7/8/SE2のサイズ比較

78SE2
高さ[mm]138.3138.4138.4
幅[mm]67.167.367.3
厚さ[mm]7.17.37.3

iPhoneSE2はiPhone8をベースに作られています。なので、サイズはiPhone8と全く同じとなります。また、iPhone7との比較でもその差は0.1~0.2㎜です。

iPhone7/8用のバンパーがそのまま使えるくまね。

くまさん

と言う訳で早速iPhoneSE2のバンパーについて紹介していきます!

一度は使ってみたい!高級系バンパー

shunP

まずはちょっとお値段高めなバンパーだよ。

Deff(ディーフ):アルミバンパー 参考価格:¥8,148

Deff(ディーフ)のバンパーは高級仕様で品質も一度は使ってほしい!最高級クラスのバンパーです。

手になじむ独特のデザインが特徴的でバンパーを初めて使ってみたいって方には特にオススメのバンパーです!

iPhoneの美しいデザインに最高にマッチするバンパーなので、その美しさに酔いしれること間違いなし!

ワンポイント
  • 滑らかな曲線が美しいデザイン。
  • 工具なしで取り付け可能。
  • カラーはブラックシルバーグレーゴールドピンクゴールド

Gild Design(ギルドデザイン):ソリッドバンパー 参考価格:¥9,720

ギルドデザインもディーフと肩を並べる高品質なバンパーとして有名です。

ディーフとの大きな違いはフレームが大胆にくり抜かれた形状をしていることです。ここら辺で好みが分かれると思います。

また、重さに関してはこちらのバンパーの方が軽く、耐衝撃性についても問題なくiPhoneを守ってくれます。

ワンポイント
  • 持ちやすいように何度も試作を繰り返し完成されたバンパー。
  • ボルトの緩み防止にゴム製Oリングを付属。
  • カラーはブラックポリッシュブラックシルバーグレーゴールドレッドブルー

Gild Design(ギルドデザイン):ソリッド 参考価格:¥8,228

こちらはソリッドバンパーのタイプ違いとなります。背面を丸まるガードしてくれるので、落下による耐久性が更に向上されます。

ただ、欠点としてQi対応のワイヤレス充電機器が使用できなくなることが挙げられます。

shunP

ワイヤレス充電を使う方は注意してください!
ワンポイント
  • 背面にアルミプレートでカバーされているタイプ。
  • Apple Payは利用出来るが、ワイヤレス充電は不可。
  • カラーはブラックポリッシュブラックシルバーグレーゴールド、レッドブルー

SWORD(ソード):アルミバンパー T7 参考価格:¥7,980

SWORDのバンパーも細かいところまで手が込んでいて高品質です。

アルミバンパー特有の電波干渉にもフレーム上部をくり抜くことで対策してあり安心ですね。

カメラとの干渉はもちろん対策されており、デザインもスタイリッシュで好印象なバンパーです。

ワンポイント
  • SWORDの上位モデルバンパー。
  • フレームの面取りが滑らかで、特別仕様のゴールドボタン。
  • カラーはレッドブルー

手ごろな値段で高品質!コスパ重視系バンパー

shunP

次は、値段と質のバランスがとれたバンパーです!

SWORD(ソード):アルミバンパー PRO+2 参考価格:¥3,980

ぶっちゃけると先ほど紹介した上位モデルT7と比べてもそんなに違いがない気がします。

面取りのデザインが多少異なるのと、ボタンがシルバーなところくらいでしょうか。

デザインにこだわりが無いのであればこちらのPRO+2がオススメですね。

ワンポイント
  • SWORD定番のバンパー。
  • 程よく角ばったデザインが丁度いいホールド感。
  • カラーはブラックシルバーゴールド</span class=”futo”>レッド

ESR:アルミバンパー 参考価格:¥1,499

シンプルなデザインが特徴的でiPhoneのデザインをそのまま楽しみたい方にオススメのバンパーです。

工具不要でいつでも脱着でき、装着後のサイズもiPhoneが一回り大きくなる程度なので持ちにくさなども全く気になりません。

値段もそれ程高くなく、品質も申し分ないのでコスパは最強に良いと思います。

shunP

shunPもこれの11Pro用を使用してるよ!
ワンポイント
  • アルミとソフトTPUの二重構造のフレーム。
  • シンプルデザインなのでiPhoneのデザインを損なわない。
  • カラーはグレーシルバー

デザイン重視!カッコイイ系バンパー

shunP

次は、ちょこっと人目を引くデザインのバンパーです!

LUPHIE:アルミバンパー 参考価格:¥1,880

一見するとDeffのバンパーと間違えてしまいそうなバンパーです。デザインがホント似てますよね。

shunPもiPhone7の時に愛用していました。『ブラック+レッド』のデザインがカッコイイなと思い購入しました!

バンパー形状も持ちやすさを考えられており、使い勝手は良かったです。ただ、品質面はアマゾンレビューを見る限りではあまり良くない印象です。

shunP

shunP的には全然問題なく使えてましたし、値段的にもそんな高くないので文句はありませんでした。
ワンポイント
  • 角ばったデザイン&シャープエッジが特徴的なデザイン。
  • バンパー中央部のくぼみがホールド感をUP!
  • カラーはグレーゴールドローズゴールドブラック+レッドブラック+パープル

Smart-Life:アルミバンパー 参考価格:¥1,880

かなり思い切ったデザインのバンパーです。珍しい見た目が好みの方にはオススメです。

しかしながらその奇抜きばつゆえにガード性能に不安が残ります。

本体の四隅から落下すれば良いかもしれませんが、真横から落下した場合ノーガードです。

また、ディスプレイ用のガラスフィルムを貼った際には引っ掛かりが気になるのでは?と思います。

ワンポイント
  • 最も裸に近いバンパー。
  • バンパー特有の電波妨害もこれなら安心。
  • カラーはブラックシルバーレッド

電波干渉が気にならない!PC素材系バンパー

shunP

次は、PC素材(プラスチック)のバンパーです!

エレコム:ハイブリッドバンパー 参考価格:¥1,400

PC素材のバンパーはやっぱり電波干渉が一切ないので安心して使用できますね。

クリアバンパーを選べば本当にシンプルなので何もつけていないかの様な感じがしますね。

ただ、使い込んでいる内に黄ばんでくるのがPC素材の欠点です。

長期間の使用も出来なくはないですが、定期的に取り替える事も視野に入れておいてください。

ワンポイント
  • ポリカとTPUの二層構造。
  • 四隅に凸型のリブがあるのでカメラ干渉なし。
  • カラーはブラッククリア

エレコム:衝撃吸収バンパー 参考価格:¥2,980

かなりガッチリしたデザインが特徴的なバンパーです。その見た目の通り耐衝撃性はピカイチなんだとか!

ストラップを付けることで更に持ちやすさが向上し抜群のパフォーマンス発揮します。

ワンポイント
  • 強靱なPCフレームを柔軟なTPUで包み込みiPhoneを保護。
  • 凸型に設計されたベゼルが液晶画面の傷やダメージを防ぐ。
  • サイドグリップに深い凹凸を設け、手から滑り落ちにくい設計
  • カラーはレッドのみ。

落としても安心!背面プレート付きバンパー

shunP

最後は背面プレート付きバンパーだ!

オカ工房:アルミバンパーケース 参考価格:¥2,000

パッと見だと普通にバンパーだけに見えませんか?加工の質も良いと評判です。

ただ、ライトニングケーブルの差し込み口が小さく変換コネクタなどの頭の大きいモノが使用できない様なので注意してください。

shunP

赤いラインが目を引くデザインがカッコイイね!
ワンポイント
  • アルミバンパーとポリカの組み合わせ。
  • 装着したままワイヤレス充電もOK。
  • カラーはレッドシルバー

レイ・アウト:アルミバンパーケース 参考価格:¥1,591

見た目はシンプルなデザインのバンパーです。レイ・アウトは品質も抜群に良いので安心してOKです。

背面プレートはドット仕様で細かいところまで考えて作られているのも好印象ですね。

背面プレートを外して使用可能ですが、それだとこのバンパーを買う意味がないのでは?とちょっと思いました(苦笑)

shunP

カラーが6色あるのも魅力的!
ワンポイント
  • 背面パネルを外してバンパーだけでも使用可能。
  • マイクロドットが端末とパネルが貼り付いて発生する粘着痕を軽減。
  • カラーはレッドシルバー

まとめ

気になるバンパーをクリック

如何でしたでしょうか?気になるバンパーは見つかりましたか?

アマゾンなんかで検索すると似たようなバンパーが多く表示てわかりずらいと思います。(サイズ違いが重複して表示される)

この記事を参考にして是非バンパーを使ってみてください。とても使いやすくてオススメです。

バンパーは前面&背面ガラスと併用しよう

iPhoneSE2は背面がガラス製です。なので、バンパーだけで保護するのはちょっと危険です。

アップルケアに加入していた場合は3千円程度で交換できますが、未加入だと3万円以上かかります。

落としたら一発で割れてしまうから対策は必須くまね!

くまさん

参考にどうぞ

【iPhone11Pro】前面&背面ガラス+バンパーの組合せが超Good!

バンパーケースを使いたい!でも落とした時が心配…。

スマホなんてものは「絶対に落とさないぞ!」っと気をつけていたところで必ず落としてしまうものです。

常に持ち歩くモノですからね。落としてしまうのは必然でしょう。

ではバンパーケースを使う場合は壊れるのを覚悟して使わないといけないのでしょうか?

最近ではスマホ・タブレットにもネット保険がある

shunP

落としてしまうのは防げないけど、それに備えることはできるよね。

最近ではスマホにも保険がありますよね。モバイル保険と言うネット保険だと、利用料金は月額700円で最大10万円まで補償してくれます。

またこの保険ですが最大の特徴はスマホにプラスしてWi-Fiに接続できる機器であれば2台まで登録可能なんです。

モバイル保険のイメージ
  • 『iPhoneXS』+『iPad』&『Apple Watch』
  • 『GalaxyS10』+『FireHD10』&『Bluetoothイヤホン』
  • 『Xperia1』+『Nintendo Switch』&『デジカメ』
といった感じでスマホ+Wi-Fi機器2台の計3台を破損、水没、盗難から補償してくれます。また、補償となるスマホなどはいつでも変更可能です。機種変して新しいスマホになっても継続して補償してくれます。

公式サイトをチェック 修理費用全額保証【モバイル保険】

shunP

保険に入っておけばバンパーケースでも心置きなく使えるね!

バンパーケースを使う際はネット保険も併せて検討してみては如何でしょうか?

それでは今回はこの辺で。以上、『iPhoneSE2のバンパーまとめ』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です