【コンタクトレンズ】初めてなら絶対ソフト!ハードがNGな2つの理由。

突然だけどshunPさん。僕コンタクトにしようかと思ってるんだくまぁ。

くまさん

shunP

えっ!?くまさんって目が悪かったの!?
ってか突然話題ふるのやめて!(笑)
あ、それはごめんくまぁ。
で、今悩んでるのはハードレンズソフトレンズかで迷ってるくまぁ。

くまさん

shunP

相変わらずノリが軽いなぁ…。
ネットで調べてみても、どちらにもメリット・デメリットがあるみたいくまぁ。
結局、最後まで読んでだけど利用者次第って書いてあって『結局どっちがいいんだくまぁ!』って思わずツッコんでしまったくまぁ。

くまさん

shunP

ツッコミをいれるなんてくまさんらしいですね~。
因みにその答えはズバリソフト一択だよ!
え!?ソフト一択くまかぁ?!

くまさん

shunP

そうなんです。
その理由については、どちらも5年以上の利用経験があるshunPがズバッと答えてあげましょう!

理由その①ハードは眼にやさしいは嘘

shunP

ハードって文字通りレンズが固いです。
なので、ゴミまつ毛なんかがちょびっとでも侵入してくるともう大変です。

涙がボロボロ出てきて、痛いのなんの目も開けられません。

室内にいるときはそんなにゴミが入ることもないのですが、外にでると危険です。

shunP

一番怖いのが風が強い日です。

ハードの天敵は風

こんな時に外にでると100%ゴミが入ってきて、涙でボロボロになります。また、自転車に乗っている時も危険です。

shunP

もう数えきれないくらい泣かされましたね。

ひどい時は止まって自転車から降りてコンタクト外して目薬を差します。こんな事が何度もありました。

もう何の罰ゲームだよって愚痴るレベルです。これを5年間、耐え続けていました。(決してドMじゃないよ)

でもネットの情報だと、お医者様的にはそれはメリットだって書いてあったくまぁ。
ソフトの場合はゴミが入ってきても気付かないで眼を傷つけてしまうからって理由くまぁ。

くまさん

shunP

そうみたいだね。でもそれ言わせてもらうけど、同じことハードでこの苦しみを味わってからでも言えるの??って感じです。
いつになく強気くまねぇ…!?

くまさん

shunP

こういう事を言ってる奴ってどうせメガネかけてて、ろくに外にも出ないし自転車なんてまず乗らないお偉いお方達なんでしょうね~。(私の勝手な妄想です)
shunPさんが荒ぶってるくまぁ…(驚)

くまさん

shunP

ソフトでもゴミが入ったら普通に気付いて目薬差すっつーの<`ヘ´>
ハードの尋常じゃない痛さの方が眼に悪いって<`ヘ´>

ハードの時は常に眼が充血

それと、ハードは常にひとみにレンズが乗っている感があります。

shunP

なんと言うか…単純に重いんです。
ソフトで言えばちょっと乾いてきたかなって感じが常にしている感じですね。常にゴロゴロしてるんです。
目薬を差しても無駄くまかぁ?

くまさん

shunP

目薬を注せば少しは軽減されるんだけど、ハードを付けていた時は常に眼が充血してたんだよね。

もちろんソフトの時はそんな事もなく、ハードにしてから充血してしまいました。

今現在はまたソフトに戻したので充血は収まりました。

ハードの酸素透過性

ハードはレンズ自体がかなり小さいです。

shunP

このおかけでハードレンズは酸素透過率が高く、酸素が眼に届きやすいので、眼にやさしいなんて言われています。

画像を見ると大きさにかなり違いがあるくまねぇ

くまさん

shunP

でも、これかなり古い情報です。1990年代の情報です。
今ではソフトコンタクトレンズの技術も向上しシリコーンハイドロゲルという素材が使われています。
しりこーんはいどろげる?

くまさん

シリコーンハイドロゲルとは

シリコーンハイドロゲルを素材としたソフトコンタクトレンズは酸素透過性が良いことが知られる。
2004年にチバビジョンが日本初のシリコーンハイドロゲル素材を使用したソフトコンタクトレンズ「O2 オプティクス」を発売した。 以後、ジョンソン・エンド・ジョンソンやボシュロム、メニコン、ロート製薬も追随した。
従来のソフトコンタクトレンズは主に「ヒドロキシエチルメタクリレート (HEMA)」という素材が使われていた。 これは、素材が柔らかく装用感が良いというメリットがあったが、無血管組織である角膜への酸素供給は主にレンズに含まれる涙の水分から得ていた。 このことから、従来は水分を多く含むレンズ(または薄いレンズ)が酸素を通しやすいレンズとされていたが、ガス透過型のハードコンタクトレンズと比べると酸素の透過性はなおも低く、また、水分を多く含むと乾燥し易いという欠点があった。 一般にソフトコンタクトレンズには「酸素を多く通すこと」と「乾きにくく強度があること」の2点を両立させるのは困難とされてきた。
シリコーンは水よりも酸素透過性が高いため、シリコーンハイドロゲルを素材とするソフトコンタクトレンズでは、含水率が低くとも酸素を多く通すことができる。乾燥感も小さく装用感はおおむね良好と謳われる。また、含水率が低いため、タンパク質などの汚れを吸着しにくい。
なお、シリコーン自体の酸素透過性は非常に高いが、シリコーン単独では疎水性があるため、コンタクトレンズ用には従来のHEMAとシリコーンを重合した素材を使用している。 まばたきによるレンズの動きが無いので、ハードコンタクトレンズのような涙液交換が期待できないことは従来品と同様である。ただし、レンズエッジ(レンズ先端部)の形状を工夫することで涙液交換をスムーズにできるようにした製品もある。

出典:Wikipediaより wiki-シリコーンハイドロゲル

シリコーンハイドロゲルについて説明しようと思いましたが、Wikiを乗せた方が早そうなのでひっぱってきました。

shunP

要点は色を変えてあるので面倒な人はそこだけ読めばOKです。

と言う訳で、ハードとソフトでは酸素透過性はそこまで差が無い

むしろゴロゴロして常に充血してしまうハードの方が眼に良くないのでは?と私は思います。

ハードの衛生面

shunP

ハードレンズは長期間の利用になります。
なので、日頃のお手入れは欠かせませんし、怠れば菌が繁殖する事も考えられます。
めんどくさがりな僕には菌の繁殖はちょっと心配くまぁ。

くまさん

shunP

その点ソフトなら長期間利用できるタイプでも最長1ヶ月で交換です。
また、ワンデーともなれば使い捨てなのでより衛生的だよ!

なので、菌による病気を防ぐと言う意味でもハードよりソフトの方が眼に良いのではないでしょうか。

理由その②ハードは経済的は嘘

ネットの情報だとハードはソフトに比べて経済的と言われてたくまぁ。

くまさん

shunP

はい、これについては確かにハードの方が安いです。
が、あくまで最安値での話で一般的な使い方をするのならその差は僅かです。

と言うのも、価格.comでハードの値段を調べてみたところレンズ1枚で安いブランドだと5,000円、メニコンなどの有名ブランドだと8,000円です。

shunP

ただ、両目分買わないといけないので価格は単純に2倍の10,000円~16,000円となります。

ソフトレンズの場合ワンデーや2ウィークなど種類が異なるので一概には言えないのですが、ひと月当たり2,000~5,000円かかります。

なので、高くとも16,000円出せば事足りるハードの方が安いです。

ハードは買い換えが必要

shunP

しかし、ハードレンズは落として割れてしまったり、紛失することも十分考えられます。
また、同じレンズを1年も使えば細かい傷がたくさん付き、そこから汚れや菌が繁殖してしまう恐れがあります。

なので、レンズは1年で交換するのが推奨されています

shunP

因みに、メニコンの定額制ハードレンズを使用していた時は、レンズの交換は無料で半年毎の検診に行くたびに、細かい傷がついているという理由で交換されていました。

使っていたレンズはメニコンの中でも高性能のメニコンティニューです。

それでも半年交換なので、やはり1年で交換はするべきですね。

メニコン公式サイトより転載

shunP

因みにこのメニコンティニューですが、最長30日間着けっぱなしOKのとんでもない高性能なレンズです。
30日間つけっぱでOKなのくまぁ!?それはすごいくまぁ!

くまさん

shunP

誰でもそう思いますよね!でも、実際使ってみた感じ、そんな事が出来るのはよっぽど鈍感?な方でしょうね。
私の場合は常にゴロゴロするのが気になって着けっぱなしなんて絶対無理!って思ってました。

挑戦してみたい方は是非試してみてください。多分無理です(笑)

割ってしまうリスク

shunP

おっと、話題が逸れましたね。話を戻しましょう。

ハードレンズを使っていた時なんですが、年一程度の頻度でレンズを取り出すとき潰して割ってしまうことがありました。

注意すればいい事だけど、毎日使うモノだから、ついうっかりは必ず起きそうくまねぇ。

くまさん

shunP

なので破損、紛失などもろもろ考えて半年で1回交換したと考えれば、1年でおよそ20,000円~32,000円のレンズ代が発生します。
う~ん。そう考えればハードも結構高くつきそうくまぁ。

くまさん

メニコンは定額制

メニコンの2ウィークの場合は月額2,100円です。1年にすると2,100円/月×12ヶ月=25,200円/年となります。

つまり、場合によってはソフトレンズの方が安くなります。

shunP

因みに、マンスリー(1ヶ月交換タイプ)の値段は1,800円/月×12ヶ月=21,600円/年です。

メニコン公式サイトより転載

今ではワンデーが最安!?

shunP

shunPは今現在、ワンデーをネット購入して利用しています。ひと月当たり2,000円くらいです。

上記の料金表だとメルスプランのワンデーは5,000円/月なのでそれにくらべると半額以下です。

ワンデーの場合はネット購入の方が良さそうくまねぇ~。
ん?でもこれメルスプランのマンスリーの方が安いくまよ!?

くまさん

shunP

くまさんは相変わらず鋭いですね~。
でもワンデーの方が安いのは間違いないんだ!
どういうことくまぁ?はやく説明するくまぁ!

くまさん

shunP

そう焦らないでくまさん。ワンデーの方が安い理由は使い捨てだからです。
つまり、洗浄液を買う必要がないんだ!

2weekなどは洗浄液が必要

メニコンの料金表を見ても分かる通り、コンタクトレンズ+ケア用品がセットになったケアプラスと言うプランで月額費用が記載されています。

shunP

どのレンズでも共通で洗浄液代金として月+500円掛かります。

メニコン公式サイトより転載

shunP

と言う訳で1番安いマンスリーでも最低2,300円/月は掛かるので、今ではワンデーの方が安上がりな訳です。

一般的なイメージで言えばワンデーは高いってイメージが染みついていると思いますが、その考えも過去のモノです。

shunP

安くて衛生面も気にしなくていいワンデーは使い勝手が最高ですよ。
寝る前にパッと取って捨てるだけ。煩わしいレンズの洗浄をしなくていいのが何よりのメリットです。
う~ん。確かにそうくまねぇ。
お手入れもなくてどのレンズよりも安いんだから選ばない理由がないくまぁ!

くまさん

shunP

ワンデーが気になる方はこちらの記事で8つの激安ワンデーレンズをレビューしているので是非チェックしてみて下さいね。
ワンデー(1day)コンタクトを徹底比較!おすすめレンズランキングTOP8。

まとめ

shunP

さてくまさん。ハードが如何にオススメできないか分かって頂けたでしょうか?
とっても良く分かったくまぁ!ありがとうくまぁ!

くまさん

shunP

これからコンタクトを利用しようって方は絶対にソフトレンズ(特にワンデー)がオススメですよ!

また、今もなお過去の産物であるハードコンタクトレンズを着用しているそこのあなた。絶対にソフトレンズに変えた方が良いですよ!

shunP

なんであんな痛いモノを5年も着けていたのか今となれば後悔しかありませんからね。

また、充血が気になる方も一度ソフトレンズを試してみてはどうでしょうか?

きっと充血は落ち着くはずです。

ハードレンズ唯一のメリット

因みに、ハードレンズをとことんコテンパンに叩き通しましたが一つだけハードレンズにもメリットがあります。それは乱視の矯正力です。

極度の乱視はソフトでは矯正しきれないと言われています。

shunP

乱視矯正用のソフトレンズもありますが、そちらでもダメな場合はハードにするしか方法はないみたい。
その時は我慢してハードを使ってくださいね。

乱視用ソフトレンズならメニコン

因みに、乱視用のソフトレンズを使うならメニコンのメルスプランが特にオススメです。

shunP

メニコンのメルスプランなら月額費用が通常のレンズと同じだからです。
ネットなどで乱視用を探すと結構高いので、注意してくださいね。

おまけ:shunPのコンタクト歴

最後におまけとしてshunPのコンタクト歴でも語っておきます。興味のある方だけ読んでください。

誰もそんなの興味ないくまぁ。

くまさん

shunP

うるさい!

初めてコンタクトにしたときはソフトレンズを選びました。選んだ理由は部活をしていたので、落として無くす心配があったからです。

それから、5年ほど使いハードレンズに切り替えました。切り替えた理由はソフトより眼に良くて、手入れもソフトよりは楽だと聞いたからです。(実際はそんなことなかった?)

コストに関しても元々メニコンのメルスプラン(定額制)のマンスリーだったこともあり、多少髙くはなりましたが、健康と手入れを考えたらハードでも良いかなって感じでした。

ハードを初めて入れた時は異物感MAXでホントにこんなの毎日入れられるのかよ?と疑問でした。ですが、3日もすれば慣れましたね(笑)

人間の慣れって怖いですね(^_^;)

そして5~6年は使っていたのですが、遂に我慢の限界を迎えました。

shunP

…ハードクソ痛いんじゃああああああぁぁぁぁ!

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です