【Logicool G300Sr レビュー】有線だけど圧倒的コスパに大満足!

Logicool(ロジクール)G300Sr

  • 無線マウスは電池切れが気になる…。
  • ボタンは多い方が良いけど高いのは嫌だ…。
  • PC作業、ゲームどちらも使えると良いな…。

shunP

この様に悩んでいるなら「ロジクールG300Sr」一択です!

この記事では!

ロジクールG300を7年も愛用しているshunPがG300Srのおすすめポイントを解説していきます。

愛用しているG300

MEMO
G300はG300Srの旧モデルです。

G300Sr

G300Srのスペックと形状、内容品の紹介

ロジクールG300Sr

G300Srのスペック
  • 重さ:82g(コードは含まない)
  • サイズ:72mm×115mm×37mm(横×縦×高さ)
  • 接続方式:有線
  • DPI(感度):200-2,500dpi
  • レポートレート:1ms
  • 設定できるボタン数:9
  • ボタン耐久性:1,000万回

shunP

こちらが今回レビューする「ロジクールG300Sr」です。
パッケージにはG300Sと表記されてるくま?

くまさん

shunP

どうやらパッケージはG300Sの使い回しみたい。

パッケージの底面にG300Srと記載がある

ロジクールG300Sr

パッケージにG300Sと書かれているので

「注文した物と違うのが届いた」

と勘違いしてしまう方が多いみたいです。

実際にはパッケージの底面に記載されている「G300Sr」が正しい型番になります。

MEMO
G300SとG300Srの違いはロゴが変わっただけで、スペックに違いはありません。

パッケージに入っていた物

G300Srのパッケージに入っていた物

中身はマウス本体と保証書などが入っていただけでした。

取説が入っていないのでロジクール公式HPなどネットで調べる他なさそうですね。

マウス形状は左右対称で左利きでも問題なし

G300Srの形状

左右どちらの手でも使用できるのがG300Srの特徴です。

形状だけでなくボタン配置も左右対称なので、

き手に縛られることなく自由に使えるマウスと言えます。

大きさや使い心地はどお?

G300Srの大きさと使い心地

手の小さいshunPにはピッタリとフィットしました。

ボタンは人差し指と中指で押す感じになりますね。

shunP

特に押しにくい事もなく快適に操作できます。

マウス重量(実測値)について

コード含む

G300Srのマウス重量

コード除く

G300Srのマウス重量

マウスの重さは公表値では82g(コード除く)でしたが、

実測では92gでした。測り方の誤差と考えておきましょう。

G300とG300Srの違いは?比較してみた

愛用しているG300

こちらは長年愛用しているG300です。

かなり使い倒しているので、親指が当たる部分のスリ減りが半端ないです。

形状は一緒でデザインが変わっている

G300とG300Srの比較

最大トラッキング速度
  • G300:160IPS
  • G300Sr:150IPS

スペックに関しても大きな違いはなく、

最大トラッキング速度が変わった程度です。

PC作業レベルではその違いを体感することはないですね。

裏側のデザイン

G300とG300Srの比較

マウスの裏側は色が変わっていました。

マウス自体ひっくり返すことは中々ないのでどーでも良い?ですね^^;

G300Sとなってるけど?

G300とG300Srの比較

記事の冒頭ぼうとうでも説明した通り

G300SとG300Srの違いはロゴデザインが変わっただけです。

MEMO
中身(スペック)は同じなので気にしないで使ってOK!

設定できるボタン数は9つ?注意すべきポイント

G300Srに設定できるボタン数

G300Srには9つのキー、コマンドが設定できます。

一見すると多くのボタンを搭載しているように感じますが…。

shunP

実際使ってみると5つ程度しか設定できないんだな。
ん?どういうことくま?

くまさん

現実的に設定できるのは5つ程度?

  • 左右クリックで2つ
  • プロファイルの切り替えで1つ
  • ホイールの押込みで1つ
合計4つは実質設定できない!?

左右クリックは通常利用するので設定できないし、

プロファイルの切り替えで更にひとつ減ります。

また、3Dソフトなどでは視点移動にホイールの押込みを使います。

使用するソフトによりますが、こちらも設定できないことが多いです。

となれば実質設定できるボタン数はかなり限られてしまいます。

shunP

確実に設定できるボタン数は5つくらいと思っておくと良いかも!まぁプロファイルを切り替えれば「5×3=15」も設定できるけどね!
さっきからプロファイルって言葉が出てくるけど一体何くま?

くまさん

G300Srは3つのプロファイルを登録できて使い分けが可能!

G300Srは3つのプロファイルを登録できる

プロファイルとは
簡単に言えばマウス自体に「ボタン設定を保存」できる機能です。G300Srでは3つの設定を保存して使い分ける事ができます。

shunP

今どの設定を使っているかはLEDの色で確認できるよ。
ただ良い感じに光ってるだけじゃなかったくまね!

くまさん

shunP

ボタンひとつで簡単に切り替え可能だから、使用頻度の低いキーなんかを詰め込んどくと便利だよ!

G300Srの設定は専用ソフトをインストールして行う

Logitech Gaming Software

shunP

それじゃあG300Srにキーやコマンドを設定する方法を解説していくよ!

「Logitech Gaming Software」のDL方法

Logitech Gaming SoftwareのDL方法

公式のDLページを開いたらPCのOSに合わせたソフトを選択しましょう。

Logitech Gaming SoftwareのDL方法

「Windows10▼」をクリックすると一覧が表示されます。

Windowsの場合は7,8,10の3つから選択できます。

Logitech Gaming SoftwareのDL方法

shunP

あとは「今すぐダウンロード」をクリックすればOKだ!

【注意】MacはOSバージョン10.15までしか使えない

Logitech Gaming SoftwareのMac版

注意
macOSの場合は10.15までしかサポートされていません。最新OSにアップグレードしている方はご注意ください。

【設定方法の解説】G300Srへ機能を割り当てよう!

Logitech Gaming Softwareでの設定方法

shunP

shunPはMac環境だけどOSが対応してなかったので、Windows版で解説していくよ!

使い方①キー、コマンドを割り当てる方法

STEP.1
マウスを接続する
G300Srにキー、コマンドを割り当てる方法
ホーム画面の状態からマウスを接続すると自動で画面が切り替わります。

設定できる箇所がピカピカ光るのでクリックしましょう。

STEP.2
任意のボタンをクリック
G300Srにキー、コマンドを割り当てる方法
設定画面が開くので設定したいボタンをクリックします。
STEP.3
キー、コマンドを設定する
G300Srにキー、コマンドを割り当てる方法
コマンド一覧が表示されるので設定したいコマンドを選びましょう。

設定したいコマンドがない場合は自分で設定することも出来ます。

STEP.4
「OK」をクリックして設定完了です。

使い方②プロファイルを設定する方法

G300Srのプロファイルを設定する方法

設定画面の左下部分にカラフルな円があります。

色が3つに分かれているのでいずれかクリックすればプロファイル毎の設定できます。

MEMO
プロファイルの色は7色(+Off)から設定できます

使い方③感度(DPI)を設定する方法

G300SrのDPIを設定する方法

DPIに関しても設定画面から直ぐに設定できます。

レポートレートも4段階から設定できるので用途に合わせて設定OK!

レポートレートとは
マウスが動いた量などの操作情報を1秒間に送信する回数です。1,000Hzなら1秒間に1,000回、PC等のデバイスへ情報を送信します。

G300Srはゲームにも最適!フォートナイトで使ってみた!

shunP

いつもはPADでプレイしているけど、初めてキーマウでプレイしてみたよ!

フォートナイト(PS4)でG300Srを使用する際の設定方法

フォートナイト(PS4)でG300Srの設定方法

プレイする前にマウスの設定を行いましょう。(PS4側のマウス設定は割愛します)

フォートナイトのゲーム設定からキーボード設定を開きます。

shunPのイメージでは

設定したいコマンド欄でマウスのボタンを押せば設定できると思っていました

が、マウスに設定したキー設定がコマンドに反映されてしまいました。(まぁ当たり前)

shunP

ちょっとややこしいですね。なので単純にデフォルトの設定をそのままG300Srに割り当てたら上手くできました。
例えば武器スロットの場合
  • 武器スロット1:1
  • 武器スロット2:2
  • 武器スロット3:3
  • 武器スロット4:4
  • 武器スロット5:V
となっていますよね。なので設定したいマウスに「1」キーを割り当てます。

フォートナイト(PS4)でG300Srの設定方法

shunP

もしくは絶対に使わないであろう「;」や「/」キーなどをマウスに割り当て設定してもOKだ!

G300Sr最大のデメリットは指を一瞬離すことになる

G300SrをFPSで使用する際のデメリット

フォートナイトをプレイしていて思ったのが

サイドボタンに設定した武器や建築ピースを設定しても

建築や攻撃する際に一瞬左右クリックから指が離れてしまいます。

一瞬の切り替えが勝敗に大きく左右するFPSではこの無駄な動作は命取りですね。

shunP

そこまでガチ勢じゃないshunPにはまぁ許容範囲内だけど、デメリットであることは確かだね。
なるほどくまねぇ。FPSには向いてないくまかぁ。

くまさん

shunP

FPSでも使用するなら親指付近にサイドボタンがあるタイプ「G604」とかがオススメだね〜。

FPSするなら「ロジクールG604」の方がおすすめ!

ゲーミングにはロジクールG604がおすすめ

お値段がちょっと高いけど、「G604」はゲーミングにも最適な優れものです。

圧倒的なボタン数でG300Srより快適な操作が可能ですよ。

shunP

レビューは別記事をみてね!

あわせて読みたい

G604レビュー 【Logicool G604 購入レビュー】設定方法&使い心地を詳しく解説!

まとめ

G300Srは9つのボタンを搭載しているマウスです。ただし使用環境によっては設定できるボタン数は5〜6つになります。

shunP

G300Srではボタン数が足りないと感じたらG604も検討してみてね。
くまの使い方ならG300Srでも十分そうだったくま!

くまさん

shunP

G300Srは耐久性もかなり高いからコスパも最強なマウスだね!

G300Srは安くて超優秀なマウスです

安いマウスならいくらでも売っていますが、

ここまで自由にボタンをカスタマイズできて耐久性も申し分ないマウス

は他にないですね。定価は3,300円(税込)ですが、アマゾンなどネットショップでは少し安く買えますよ。

PC作業が多い方は是非試してみては如何でしょうか!?

それでは今回はこの辺で。

以上、「ロジクールG300Srの購入レビュー」でした!

G300Sr

G604

あわせて読みたい

G604レビュー 【Logicool G604 購入レビュー】設定方法&使い心地を詳しく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です