[iPhone XS/Max/XR]バンパーマニアが選ぶおすすめケースまとめ12選

iPhoneXSのおすすめバンパーケース

今回は『XS/XS Max/XR』の3機種に対応しているバンパーケースをピックアップしてみました。

shunP

バンパーマニアのshunPが独断と偏見で選んだケース!是非参考にしてくださいね。

ここがポイント!

「純粋なバンパータイプ」「背面に保護プレートが付いたタイプ」の二種類にタイプ分けして紹介します。

純粋なバンパーケース(背面保護なし)

shunP

まずは「背面保護のない純粋なバンパー」です。

REAL EDGEのバンパーケース

REAL EDGEのバンパーケース

いや~これはバンパーマニアにはたまらない一品ですね。

通常バンパーケースって素材がアルミなのですが、こちらのバンパーはなんとジュラルミン製となります。

ジュラルミンとは
細かい話をすると難しいので簡単なイメージを説明すると、普通のアルミにCu(銅)やMg(マグネシウム)を程よく添加することにより強度を高めたアルミニウム合金をジュラルミン(A2017)と呼びます。

インゴットからの削り出し

REAL EDGEのバンパーケース
REAL EDGEのバンパーケース

一つずつ丁寧にインゴットから削り出して作っているのでかなりの高級品ですね!

最近のiPhoneは高額なのでケースは手ごろな価格なもので済ませたいところですがもし予算に余裕があるなら検討してみてはいかがでしょうか?

カラー
  • ガンメタ
  • シルバー
  • マットブラック
注意
2021/9現在、XS用は販売終了しています。

alumania(アルマニア)のバンパーケース

alumania(アルマニア)のバンパーケース

shunP

このバンパーの一番の特徴は重さが24.7gでとても軽いことです!

加工が丁寧できれい

alumania(アルマニア)のバンパーケース

ボタン回りもきれいにくり抜かれており、バンパーを装着したままでもSIMが取り換えられるみたいですよ。

充電ケーブルも問題なく使用OK

alumania(アルマニア)のバンパーケース

たまに充電ケーブルの差込口が小さくて刺さらないモノがありますが、こちらはその心配は無用です。

カメラの保護リングもある(別売り)

alumania(アルマニア)のバンパーケース

バンパーだけでは保護できないカメラもこちらでカバーできます。

装着はネジでしっかり固定

alumania(アルマニア)のバンパーケース
バンパーの装着にはネジを使います。

外出先での取り外しができなくなりますが、しっかりとバンパーを固定できます。

ストラップも装着可能

alumania(アルマニア)のバンパーケース

お気に入りのアクセサリーもちゃんと取り付ける事が出来ます。

付属のアタッチメントを利用すれば紐が切れてしまう心配もありませんね。

カラー
  • マットブラック
  • カッティングブラック
  • ガンメタル
  • マシニングシルバー

Deff(ディーフ)のバンパーケース

Deff(ディーフ)のバンパーケース

バンパーと言えばDeff(ディーフ)!

shunPがバンパーに興味を持ったキッカケとなったのはDeffのバンパーに惹かれたのが始まりです。

バンパーのゴツくてかっこいいデザイン性をシンプルに仕上げているのが素晴らしいですよね!

値段はそこそこしますが初めてバンパーを買ってみようかなぁと考えている方には一番オススメしたい王道のバンパーです。

shunP

Deffのバンパーは買っても絶対に後悔しないバンパーだと思います。

カメラの出っ張りにもしっかり対応

Deff(ディーフ)のバンパーケース

バンパーがiPhone本体より少し高くなるように設計されているので、直接置いても傷が付かないようになっています。

またDeffが販売している専用の(前面、背面)ガラスフィルムはぴったりとバンパーに収まるようになっています。

いつでも着脱可能

Deff(ディーフ)のバンパーケース

このバンパーは装着にネジを使用しません。なのでいつでもどこでも取り外すことができます。

shunP

ストラップホールもちゃんと用意されていますよ。

カメラの出っ張りにもしっかり対応

Deff(ディーフ)のバンパーケース

カラー
  • シルバー
  • ブラック
  • レッド
  • ブルー

SWORD(ソード)のバンパーケース

SWORD(ソード)のバンパーケース

SWORDのバンパーはDeffよりは値段が手ごろですしオシャレなバンパーが多いです。

shunP

Deff同様に初めてのバンパーにオススメしたいブランドですね。

着脱はネジ不要で簡単

SWORD(ソード)のバンパーケース

SWORDのバンパーもネジが不要な着脱方式となります。

LUPHIE(ルゥーエィ)のバンパーケース

LUPHIE(ルゥーエィ)のバンパーケース

LUPHIEのバンパーはゴツめのデザインで値段が安いです。

shunP

「バンパーをとりあえず試してみたい!」って方にオススメできるバンパーですね。

ボタンには金属パーツ付き

LUPHIE(ルゥーエィ)のバンパーケース

電源ボタンや音量ボタンには金属パーツが付属されているので、この値段にしてはしっかりしたバンパーですよ。

着脱方式はネジタイプ

LUPHIE(ルゥーエィ)のバンパーケース

着脱にはネジを使用します。ただ、意外と直ぐに緩んでくる様なのでそこは値段なりな感じですね。

しっかりと締めこんでおきましょう(^^;

カラー
  • グレー×シルバー
  • ゴールド×シルバー
  • ブラック×パープル
  • ブラック×レッド
  • ブルー
  • ローズゴールド×シルバー

ESRのバンパーケース

ESRのバンパーケース

ESRはLUPHIEと似た価格帯のバンパーです。

ただ、LUPHIEよりはシンプルで落ち着いたシルエットのバンパーですね。

shunP

「出来るだけiPhoneのデザインを壊したくないなぁ」とお考えの方はこちらバンパーで決まりです!

バンパーはカメラより若干高い設計

ESRのバンパーケース

バンパーの四隅が少しだけ高くなっているので、背面をベタ置きでもカメラの干渉は心配無用です。

内側シリコン+外側アルミ

ESRのバンパーケース

バンパーとiPhone本体が接触する間にはシリコンが入っています。

これによってバンパーを装着する事による本体への擦り傷などを防いでくれます。

XS用はこちら

カラー
  • シルバー
  • グレー

XR用はこちら

カラー
  • シルバー
  • グレー
  • ブルー

ELECOM(エレコム)のバンパーケース

ELECOM(エレコム)のバンパーケース

バンパーケースと言えばアルミのイメージが強いですよね。

ですが、樹脂製(プラスチック)のバンパーが良いなぁと思っている方もいると思います。

shunP

そんな方にはこのエレコムのバンパーがオススメです。

TPU+ポリカーボネート

ELECOM(エレコム)のバンパーケース

素材は二層構造となっており、TPUとポリカーボネートが使われています。

ただ、TPUは長い間使用していると黄色く黄ばんでくるので要注意ですよ。

四隅にはエアクッション

ELECOM(エレコム)のバンパーケース

iPhoneは角から落ちる事が多いです。そんなときにエアクッションが衝撃を吸収してくれることでしょう。

カラー
  • クリア
  • ブラック

背面保護プレート付きバンパーケース

shunP

ここからは「背面に保護プレートが付いたタイプのバンパー」を紹介していきます。

shunPのオススメはこのタイプ!

iPhone7までは背面がアルミ素材だったのですが、8やXはワイヤレス充電に対応したことにより背面がガラスとなりました。

その為バンパーだけでは正直保護もクソもありません(笑)

注意
背面のガラスが割れても修理に高額な費用がかかるので要注意です。

AppleCare+ に未加入の場合

AppleCare+の保証内容
Apple公式より引用

AppleCare+ に加入してる場合

AppleCare+の保証内容
Apple公式より引用

shunP

たとえApplecare+に加入していたとしても一万円以上もの費用が掛かります…。

なのでバンパーケースを使用する際は前面ガラスフィルムだけでなく背面ガラスフィルムも絶対に貼ってください!

背面ガラスフィルムをどうせ使うなら

バンパーと一体型になったモノが良いんじゃね?

と言うことで今回はこちらのタイプの紹介していくと言う訳です。

YOUNGEのバンパーケース

YOUNGEのバンパーケース

構造はこんな感じです

LUPHIE(ルゥーエィ)のバンパーケース

上下のみがアルミでその他はPC素材(プラスチック)となります。また、背面プレートは強化ガラスとなっています。

これで落としても本体のガラスが割れる事はないでしょう。

カラー
  • ブラック+ブラック
  • ブラック+シルバー
  • ブラック+レッド
  • ブラック+パープル

GAZE(ゲイズ)のバンパーケース

GAZE(ゲイズ)のバンパーケース

お値段が少し高くなりますが国内正規品代理店品なのでモノは良いと思います。

shunP

デザインもシンプルな感じが好印象です!

背面プレートは挟み込んで取付ける

GAZE(ゲイズ)のバンパーケース

バンパーの装着にはネジを使用して取り付ける様です。

またその際に背面プレートをバンパーで挟み込んで取り付ける仕様です。

XS用はこちら

カラー
  • ゴールド
  • シルバー
  • ローズゴールド
  • ブラック
  • ブラック+レッド

XR用はこちら

Uovonのバンパーケース

Uovonのバンパーケース

こちらのバンパーは背面プレートがガラスではなくPC素材(プラスチック)なので色が付いています。

shunP

ガラスだと透明でしたが色が付くことでiPhoneの印象がガラッと変わって見えますね!

装着方法はスライド式

Uovonのバンパーケース

背面プレートをセットして上からバンパーをスッとスライドさせて装着する仕様です。

また、最後にはネジを使用して固定します。

カラー
  • ゴールド
  • ブラック
  • レッド
  • ブルー

Nelson-JPのバンパーケース

Nelson-JPのバンパーケース

こちらのは四隅がちょっぴり印象的なモダンさを生かしたデザインのバンパーです。

shunP

背面プレートはガラス製。装着もネジを使用して留めるタイプです。
カラー
  • ゴールド
  • シルバー
  • ブラック
  • レッド
注意
2021/9現在、販売しています。

マグネット装着タイプも!(XS/XS Max/XR)

Nelson-JPのバンパーケース
Nelson-JPのバンパーケース

そして最近になって登場したマグネット装着のバンパーがこちらです。

shunP自身もマグネットタイプは使ったことがないのでちょっと気になってます(笑)

ただ、磁石ってiPhone自体に悪影響がないのか心配になりますよね。

使っている内に磁力が弱くならない?のかも気になります。

shunP

気になる方は是非試してみてください!

カラー
  • クリア+ブラック
  • クリア+レッド
  • シルバー
  • ブラック
  • レッド

uovonのバンパーケース

uovonのバンパーケース
uovonのバンパーケース

そして今回の最後に紹介するバンパーです。こちらもマグネット式のバンパーとなります。

先ほどの『Nelson- JP』のバンパーとかなり似てますが、こちらの方が若干シンプルなデザインです。

shunP

iPhoneのデザインをそのまま活かしたいならこちらの方をオススメします。

カラー
  • クリア+シルバー
  • クリア+ブラック
  • クリア+レッド

まとめ

今回ご紹介した12のバンパーで気になるモノはありましたか?

純粋なバンパータイプのモノを検討されているのであれば、必ず背面ガラスフィルムも用意してくださいね。

バンパーケースはガラスフィルムとセット

背面ガラスだけでなく前面のガラスフィルムもセット揃えると、バンパーってけっこう予算オーバーしちゃうんですよね(^^;

なのでshunPがオススメしているのが、背面プレート付きバンパーです。

背面プレートがあるからとは言え見た目的には普通のバンパータイプとさほど変わらないと思います。

shunP

ご自分の「予算」「こだわり」とよく相談してお気に入りのバンパーを選んでみて下さいね。

以上、『iPhone XS/XS Max/XR おすすめバンパー12選』でした。

XとXSはサイズが同じ

XSの方はこちらの記事も是非参考にしてください。サイズ、ボタン位置はXと同じです。

あわせて読みたい

iPhoneX/XSのバンパーケース バンパーマニアが厳選!超かっこいいiPhoneX用バンパー8選

XRと11はサイズが同じ

XRの方はこちらの記事を参考にしてください。サイズ、ボタン位置は11と同じです。

あわせて読みたい

iPhone11シリーズのおすすめバンパー 【iPhone11/11Pro】マニアが注目するおすすめバンパーまとめ8選

バンパーケースを使いたい!でも落とした時が心配…。

スマホなんてものは「絶対に落とさないぞ!」っと気をつけていたところで必ず落としてしまうものです。

常に持ち歩くモノですからね。落としてしまうのは必然でしょう。

ではバンパーケースを使う場合は壊れるのを覚悟して使わないといけないのでしょうか?

最近ではスマホ・タブレットにもネット保険がある

shunP

落としてしまうのは防げないけど、それに備えることはできるよね。

最近ではスマホにも保険がありますよね。モバイル保険と言うネット保険だと、月額700円で最大10万円まで補償してくれます。

またこの保険ですが最大の特徴はスマホにプラスしてWi-Fiに接続できる機器であれば2台まで登録可能なんです。

モバイル保険のイメージ
  • 『iPhone12』+『iPad』&『Apple Watch』
  • 『GalaxyS20』+『FireHD10』&『Bluetoothイヤホン』
  • 『Xperia5 II』+『Nintendo Switch』&『デジカメ』
といった感じでスマホ+Wi-Fi機器2台の計3台を破損、水没、盗難から補償してくれます。また、補償となるスマホなどはいつでも変更可能です。機種変して新しいスマホになっても継続して補償してくれます。

shunP

保険に入っておけばバンパーケースでも心置きなく使えるね!

バンパーを使うならこちらもチェック!

あわせて読みたい

iPhone疑似裸族化計画 【iPhoneX/XS】前面&背面ガラスフィルム+バンパーで裸族を目指せ! ギルドデザインのバンパー 【iPhone12】念願だったギルドデザインのバンパーを遂に購入!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です